(1)「年明け早々に小沢一郎氏は強制起訴される」との報道がもっぱらですが、最高裁は小沢一郎氏サイドの特別抗告を本日2010/12/27現在で既に棄却・却下でもしているのですか。
 (2)小沢一郎氏の強制起訴について「一般に言われている事とは」検察が二度も無罪を言い渡した事柄について指定弁護士が「有罪」または「執行猶予付きの有罪」の勝訴に持ち込めるのか、という事です。何か、検察審査会に訴え出た時点では自民党の世の中だったけど、民主党の世の中に切り替わったので「飽くまで民意を尊重しながら、うやむやにしたい」司法警察当局の意向が見え隠れして「単なる出来レースに終わってしまうのではないか」私は心配していますが、<<無罪を誘導する出来レースとなるのか否か>>について、法律に関する専門的に知り得るところを御教え下さい。

A 回答 (2件)

疑う前に調べるぐらいしようよ。


11月に却下されたとまで情報出してるのに。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/101125/tr …
 民主党の小沢一郎元代表(68)の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件に絡み、東京第5検察審査会の起訴議決を受けた小沢氏が、議決の効力停止などを求めた特別抗告について、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は25日、棄却する決定をした。小沢氏の求めを退ける判断が確定した。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「本当だ」実は私共は2007年秋より永遠と3年4ケ月(飽くまで現時点)もの間、「小沢一郎氏逮捕による慶應義塾大学の公安事件化」を恐れる凶悪犯から執拗なネット犯罪被害(2009/10月半ばに警察とブロバイダ側が犯人を逃がすまで500件、殺人予告は英語の形で一件・暗号の形で400件以上、古代天皇・末裔氏姓の防衛省キャリア官僚の甥の出身大学名まで犯人は調べ上げていた)+昨年司直のメス3/3~6.70回は続く発信元不明他の威嚇・脅迫電話の被害に遭い続けており警察と弁護士会は犯人の味方であり「昨年2/14から永遠と告訴状作成の弁護士他を探すだけの日々を送っており」ニュースを毎日見ていませんでした。一応、新聞は毎日見ていたつもりですが「最も大切な事柄を」見落としていましたね。御親切に、どうも有難うございました。

お礼日時:2010/12/29 08:38

(1)11月下旬に最高裁が却下しています。



(2)>検察が二度も無罪を言い渡した事柄について

言い渡したのは無罪ではなく不起訴です。

まず、
「検察は99.9%有罪に出来る証拠が無ければ起訴しない」
という前提があります。

つまり、検察が不起訴にしたという事実は
「99.9%の有罪を出せる証拠が無い」というだけに過ぎません。

そして、検察審議会が「これは有罪だろう」と判断したわけですから、
「一般人から見て、それなりの証拠」があることは間違いないわけです。


まあ小沢氏は最強弁護士軍団で挑むでしょうし、どうなるかはわかりません。


ただ、出来レースに出来るのなら特別抗告などするわけがないですよね。
そんなことが出来るのなら民主党政権のうちにさっさと裁判して無罪を貰っておけば堂々と世間にアピール出来るんですから。

有罪になる可能性があるからこそ小沢氏側は裁判をさせまいとなりふり構わず必死になってるんですよ。

この回答への補足

(2)については誠に説得性ある優秀な回答で有難うございます。ただ(1)については東京地裁が却下した「抗告」の間違いではないのですか、最高裁は本当に既に特別抗告を棄却・却下していますか。

補足日時:2010/12/27 22:39
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ