先日、耳鼻科で娘(小3)の耳垢が耳掃除で押されて鼓膜に張り付き炎症を起こしていると診断されました
先生から自分で耳垢掃除をするなと注意されました
1週間に一度綿棒で掃除してやっていたのですが
週1で自宅から遠い耳鼻科に通うのも(これから先ずっと)大変なので『あめ耳』の上手な耳垢のとり方を教えていただきたいと思います 娘は週2回スイミングに通って耳鼻科には年に1度定期健診に通っています

A 回答 (4件)

柔らかい耳垢ってたまると自然と出てくるというのを知っていますか?


知らない人が見ると「耳だれがでてる。医者にいったほうがいいよ」とか言われてしまうこともあるほどです。
人の体というのは良くできていて耳の構造状からかあめ耳の耳垢はたまると外へ外へと出てきます。

風呂上りにでも綿棒で出口付近だけ軽くふきとってやればよいのです。
固まっている時はオリーブ油を綿棒に軽く沁みこませて。

押し込まないようにする為に出来るだけ綿球の小さいベビー用の綿棒を使うようにすると上手く拭き取れます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

とても参考になりました 有難うございました

お礼日時:2003/08/30 10:13

残らず取りきるように取ろうとするのは止めましょう。


少しくらいは残っていても構わないのです。
夏のこの時期は、普段に比べて耳垢も貯まりやすいと思いますが、週一の耳掃除は多過ぎることはありませんか?
耳掃除の回数を減らし、耳鼻科と程ほどにお付合いする。
お掃除の回数を減らしてみて、耳鼻科の医師に貯まり具合を尋ねてみる、そして様子を伺うようにする。

余り神経質になってもいけません。お大事に。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

とても参考になりました 有難うございました

お礼日時:2003/08/30 10:13

よく聞くのは、綿棒で耳掃除をすると「耳垢を奥に押し込んでしまうのでよろしくない」という話です。

あめ耳だと綿棒で取りたくなるのも理解できますが、避けるべきですね。
個人的には普通の竹の耳掻きを使って掃除していますが、ハンズで売っているゴム製の耳掻きが子供の耳には優しく、あめ耳の取りやすいと思いますよ。

※でも、炎症が治るまでは医者に行くべきです。子供のためですから。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

とても参考になりました 有難うございました
ゴム製の耳掻き早速試してみたいと思います

お礼日時:2003/08/30 10:14

炎症を起こしている間は触らないようにしましょう

    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても参考になりました 有難うございました

お礼日時:2003/08/30 10:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 目の前で激しく咳をする人がいた時、マスクをするのは失礼になるのか?

    冬場の会社でこんな悩みに直面したことはないだろうか。目の前の席の人が激しく咳をしている。前の席に座る自分は風邪をうつされそうである。こんな時、防衛手段としてマスクをすることは、相手にとって失礼になるの...

  • え、初夏なのに花粉症!?「イネ科花粉」の特徴と対策とは

    5月になり、花粉飛散のピークは過ぎたにも関わらず、くしゃみや鼻水に悩まされているというあなた。実はアレルギー症状の原因となる花粉は一年中飛散していることを知っているだろうか? 「おしトピ by 教えて!goo...

  • キウイアレルギーって知っている?

    キウイの旬は春だということを、皆さんはご存知だろうか。年中で食べられるイメージがあるが、国産キウイは冬から春にかけて収穫される。まさにこの時期のキウイは格別に美味しいと言っていい。だが、春は花粉の季節...

  • 花粉症に効果的な食べ物、逆効果な食べ物を教えて!

    寒かった冬も過ぎ、いよいよ春本番。となると、気になるのは花粉症!目のかゆみや鼻のムズムズ、手放せないティッシュペーパー……毎年このような症状に悩まされる人も多いと思うが、身近な食べ物などで花粉症を改善・...

  • 2015年春、おすすめの花粉対策グッズは?

    いよいよ、全国的にスギ花粉の飛散数ピークが到来!花粉症の人にとっては憂鬱なシーズンの幕開けだが、対策はどうしているのだろうか。「おしトピ by 教えて!goo」でこんな質問をしてみた。 「花粉飛散量が平年の1...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ