質問

「年末調整の還付金額」=「住宅借入金等特別控除の額」ですか??

平成22年分 給与所得の源泉徴収票に記載されている内容で分からない部分があります。
○源泉徴収税額→ 0円
○住宅借入金等特別控除の額→ 61500円
○(摘要)住宅借入金等特別控除可能額→ 77900円

上記のように記載されていて、年末調整での還付金は54210円(1月~12月受取り給与賞与分の所得税額の合計と一致しています)でした。
私が思っていたのは、「年末調整の還付金額」=「住宅借入金等特別控除の額」になると思っていたのですが、違っていました。
どのように解釈すればよかったのでしょうか?よろしくお願いします。

通報する

回答 (2件)

1~12月の天引きされていた所得税の合計 54,120円・・・1)


住宅借入金特別控除前の年税額     61,500円・・・2)

住宅借入金特別控除可能額       77,900円・・・3)

源泉徴収税額=2)-3)=-16,400(マイナスなので)→0円・・・4)

還付額=1)-4)=54,120円

なお、3)-2)=16,400円は所得税から控除しきれていない額を示しています(住民税から控除できる見込みがあります)。  所得税から控除された額は61,500円です。

この回答へのお礼

ありがとうございます。
数字と計算式でよく分かりました。勉強になりました!

「年末調整の還付金額」=「住宅借入金等特別控除の額」と「所得税額の合計」のいずれか小さい方

住宅借入金等特別控で還付される額は、所得税の合計額が上限です

61500円 > 54210円ですから、54210円が還付されました

・所得税が、住宅借入金等特別控除の額より多い場合、住宅借入金等特別控除の額の還付が受けられます

・所得税が、住宅借入金等特別控除の額より少ないの場合、所得税全額の還付が受けられます

この回答へのお礼

ありがとうございます。
分かりやすく教えていただき納得できました!

このQ&Aは役に立ちましたか?13 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ