はじめまして
失礼な質問で恐縮なのですが、女性の方に質問です

もし、自分の趣味に合ったファッション雑誌に嫌いな芸能人が載っていたら
皆さんはどうされますか?
私は女性芸能人・女性タレントで
ベッキー、スザンヌ、misono、北川景子が苦手です(敬称略)
外見よりキャラクター性がちょっと、という感じです
(北川景子さんは嫌いな人に似てる、なんて理由ですが)
しかし購入する雑誌にはことごとく上記の方が出ています

顔も見るぐらい嫌で……
けど雑誌の掲載情報は気になる……

A 回答 (5件)

もちろん買いません。


私は綾瀬はるかが超がつくほど嫌いです。TV出るとチャンネル変えます
    • good
    • 0

もちろん、買いませんね。



え゛ー、、、洗脳されて毎月買いたくなるほどの情報を発信している雑誌、、、って
特別ないですからぁ。

上戸彩さんが 嫌い!というか、うんざりしてますね、私は。
ソフトバンクの洗脳にも似た しつこい長期CMのせいで。。。
ドラマやっても彼女出ると視聴率悪いってさんざん書かれてましたが、一方ではCM女王で人気なんて、真実、わかんないものですね。とにかくうんざりです。
出演、プロデュースも上品にやらないと、しつこくて嫌われたり飽きられちゃうのに。

北川景子さんについては 特になんとも。若き日の吉永さゆりさん系のお顔だな、、、
それでタモリさん、気になってるのかな???と感じたことがあります。
こないだの嵐と共演のお嬢様ドラマは、彼女は見たかったけど、椎名桔平があまりにアホクサっくさ演技すぎて、しつこく出てくるので、見るのやめちゃいました。
    • good
    • 0

嫌いの度合いが“顔も見たくないほど”なら、


私だったら買いませんね。

私も北川景子、大がつくほど嫌いです。
視界に入れたくもありません
    • good
    • 0

嫌いな人が載っていると、


買ってもとっておきたいと思わないでしょうね。
情報が欲しいだけなら、図書館に行けば最新号が置いてあるので
そこで読んですませます。
    • good
    • 0

回答者が女性では無いのですが・・・



古来、日本には「清濁合わせ飲む」と言う諺があります。

自分に都合のいいコト(情報)ばかりが入って来るワケじゃないのです。

不要な情報も一つの情報として受け入れるくらいの器量の良さが「いにしえ」から有るのですよ。

嫌なもの・好きなものを同時に取り込みながら「自分の好きなもの」を糧に出来ればよろしいかと思います。

雑多な情報の中から「有益な情報」を自分で拾うことを『審美眼(しんびがん)』と言います。

嫌なモノが有っても御自分の『審美眼』を磨かれては如何ですか?

好きなものばかりを拾っているのは『贔屓目(ひいきめ)』です。

それだと視野が狭くなってしまいますから、ここはひとつ広い視野で色々な情報を見て『自分に有益なモノ』を拾い集めて下さい。

雑誌を購入する金額が・・・と言うコトでしょうか?

雑誌は美容院やネイルサロン、ヒーリングサロンでも閲覧できるハズです。

そこから如何に自分の為の情報を得るかです。

それこそ『審美眼』を磨くってコトです。

※あまり参考にならず済みません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 最近の女性誌の付録がすごいのはなぜ?

    ここ数年、女性ファッション誌の付録が注目されています。以前はそれほどクオリティの高くないものが多かったのですが、最近ではブランド各社やメーカーとのコラボレートにより、そのアイテムの種類は増え、クオリテ...

  • 牛丼まで割り勘の彼と暮らせる!?

    付き合っている彼氏や彼女のお金の使い方を見ていて、相手の金銭感覚が理解できず結婚を躊躇してしまうという話をたまに聞くが、その真っ只中で悩んでいる女性が「教えて!goo」に「牛丼さえ割り勘の彼氏」といった...

  • 【ヨーグルトとハチミツで作る】篠原涼子特製 生姜焼き

    ご飯がすすむおかずの定番、生姜焼き。家庭によって、またお店によって、様々なレシピがある中、女優の篠原涼子さんの作る特製生姜焼きのレシピが非常に興味深い。テレビで披露されたことのあるこの作り方は、なんと...

  • ウエディングドレスはなぜ白なのか?

    挙式予定の花嫁にとって、結婚式の準備は大変なものだ。特に新婦にとってのドレス選びは選択と迷いの連続。そのドレスであるが、白無垢も含め、色は総じて「白」である。だが、なぜウエディングドレスをはじめとする...

  • ゲーム業界ダンナ観察日記:第59話「増えろ脂肪」

    ダンナ様のねむねむ。奥様のとぽすけ。ごく普通のふたりは、ごく普通の結婚をし、だらだらと夫婦生活を送っていました。でもただひとつ違っていたのは、ダンナ様はゲーム会社勤務だったのです。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ