初めて黄砂を知ったのは1974、5年頃です。
太陽をすかして見た時、無数の砂粒が飛んでいるのが見えた記憶があります。
最近の黄砂では砂粒は見えません。粒が小さくなっているのでしょうか?

A 回答 (1件)

大きな黄砂の粒は低くしか上昇しませんし、近距離しか飛びません。


遠く離れるに従って、粒径は小さくなり、
北京での粒径は5~20μm、日本では4μm程度と言われています。
黄砂の量が変化したかどうかについては、論議があるところですし、
日本の土壌から黄砂由来部分を取り出して調べた報告もあります。
しかし、黄砂を拡散させるメカニズム自体には、大きな違いが無いので、
粒径が、最近、目に見えて小さくなった というようなことはないと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2011/02/27 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 家庭で出る廃油、どう処理すればいい?

    家庭で揚げ物などをした後に、どうしても出てしまう廃油ですが、どのように処分していますか?教えて!gooには廃油の処理方法について質問が寄せられました。 「家庭で出る廃油の処理方法」 相談者は、揚げ物をし...

  • 台風の名前は誰がつけているの?

     秋も本格的になってくると、そろそろ台風シーズン。 アメリカのハリケーンにはよく、アトリーナとか、ジェーンとか、女性名がついているけど、あれってどうやってつけてるの? 「台風の名前はどうやってつける...

  • たまランチ:第82話「グルメ」

    外ランチを愛してやまない元気な女子社員・たまちゃん(26)。オシャレなお店より「安くておいしい」お店が大好き! そんな女子力低めなたまちゃんの、色気より食い気な日々をつづります。

  • エルフ田さん:第105話「先手必勝」

    エルフ(ファンタジーとかに出てくる長寿の種族)の「エルフ田」と、ただの人間である女子社員2人による日常ギャグ。エルフならではのズレたツッコミでバシバシ人間界の話題を斬っていきます。

  • 大根で縁結び!?スローな空気が漂うこだわりのカフェに行ってきた

    暑かった夏が終わり、季節は秋冬へ移り変わろうとしている。秋冬と言えば食べ物がおいしい季節。さんまや寒ブリといった魚類、マツタケやシイタケといったきのこ類など、注目したい食材がたくさんある。その中でも、...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ