初めて黄砂を知ったのは1974、5年頃です。
太陽をすかして見た時、無数の砂粒が飛んでいるのが見えた記憶があります。
最近の黄砂では砂粒は見えません。粒が小さくなっているのでしょうか?

A 回答 (1件)

大きな黄砂の粒は低くしか上昇しませんし、近距離しか飛びません。


遠く離れるに従って、粒径は小さくなり、
北京での粒径は5~20μm、日本では4μm程度と言われています。
黄砂の量が変化したかどうかについては、論議があるところですし、
日本の土壌から黄砂由来部分を取り出して調べた報告もあります。
しかし、黄砂を拡散させるメカニズム自体には、大きな違いが無いので、
粒径が、最近、目に見えて小さくなった というようなことはないと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2011/02/27 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ