今月から新しい職場でお勤めをすることになりました。
一方で、父(59歳・今年年末に60歳)は1月に失業してしまいました。
(現在新しい正社員の職を探しています)
母(56歳)は無職で、これまでは父の配偶者・扶養家族になっておりました。

父と母を私の扶養に入れ、健康保険、税金控除を申請したいのですが、
その場合、いくつか気になることがあります。

(1)父が正社員で仮に就職できた場合、母を配偶者という形で入れた場合、
健康保険、年金にのみ適用し、税控除の面では私の扶養家族になるということは可能でしょうか?
父の収入はおそらく年収300万前後になると思うので、私の扶養に入れたほうが節税できると
思うのですが、いかがでしょうか?

(2)上の質問について、父が就職しても、収入が少ない場合、母を私の扶養に入れ続けていた場合、
母の年金受給資格はどうなるのでしょうか?

アドバイスをお願いいたします。

A 回答 (2件)

>(1)父が正社員で仮に就職できた場合、母を配偶者という形で入れた場合、


健康保険、年金にのみ適用し、税控除の面では私の扶養家族になるということは可能でしょうか?
可能です。
税金上の扶養と健康保険の扶養は別物です。

>父の収入はおそらく年収300万前後になると思うので、私の扶養に入れたほうが節税できると思うのですが、いかがでしょうか?
貴方の年収がわからないのでわかりません。
貴方の年収が430万円を越えるなら貴方が扶養にしたほうが得でしょう。
そうでなければ、どっちでも同じです。

>(2)上の質問について、父が就職しても、収入が少ない場合、母を私の扶養に入れ続けていた場合、
母の年金受給資格はどうなるのでしょうか?
どうもなりません。
    • good
    • 0

>扶養に入れ、健康保険、税金控除を…



それぞれ別物で相互に連動しているわけではありません。
分けて考えないといけません。

>税控除の面では私の扶養家族になるということは…

税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
今年の大晦日の現況により、23年分が決まります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

>父の収入はおそらく年収300万前後になると思うので…

今年の大晦日現在で、300万もあれば控除対象扶養者にはなり得ません。
もし、再就職できずに 1月の給与だけで終わった (終わりそうになった) ら、今年の年末調整または来年の確定申告で控除対象扶養者として申告すれば良いです。

>母を私の扶養に入れ続けていた場合、母の年金受給資格は…

誰かの控除対象扶養者または控除対象配偶者になったからと言って、年金受給資格に影響を及ぼすことはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい解説ありがとうございます。
年末まで状況を見て決めればよさそうですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/03 15:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 大学の研究で判明!クレジットカードが向かないのは●●な人

    手持ちの現金がない時でもサッと支払いができるクレジットカード。利用することでポイントも貯まるため、日々の買い物をクレジットカードで済ませている人もいるだろう。いろいろと便利である一方で、気づかないうち...

  • お金持ちと貧乏、どっちが性格悪い?

    よく「お金持ちは意地汚い、ケチだ!」と言われがちですが、本当にお金持ちには悪人が多く、貧乏には善人が多いのだろうか「教えて!goo」の中にズバリ「お金持ちは、貧乏人よりも、性格悪いんですか?」という質問...

  • 前年より実はアップしていた!日本人の最新平均年収

    過去に「教えて!gooウォッチ」で「日本人の平均年収、500万円って本当?」という記事をリリースした。現在も非常に多くのユーザーの関心を集めているようだが、そんななか、国税庁による「民間給与実態統計調査」の...

  • 3億円あったら仕事辞めますか?

    いま自分が大金を手にしたらどうするだろうか? いまの生活はそのままでパーッと使って、仕事を続けるだろうか? それとも、仕事を辞めてお金を切り崩しながら暮らすのを選ぶだろうか? そんなことを考えさせられ...

  • 専門家が指南する貯金以外の夏のボーナス活用術

    6月末から7月頭はボーナスの支給シーズンである。その一方で、「自分は年棒制だから」や「ベンチャーなのでボーナスはない」という人もいるだろう。一昔前に比べると、ボーナスがないという人も多そうであるが、実際...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ