虫の出てくる、読むのがつらくなるような気持ち悪い小説(漫画)を教えてください。

新堂冬樹の
吐きたいほど愛してる(半蔵の黒子)
のようなものがいいです。


お願いします。

A 回答 (5件)

小林めぐみ「大地を渡る声を聞け」


あかほりさとる「MAZE爆熱時空」
新井素子「おしまいの日」
あかほりさとるの方は、
NGナイトラムネ&40か爆裂ハンターだったかも知れません。

漫画では「コープスパーティーブラッドカバード娘」
「地獄先生ぬーべー」
    • good
    • 0

 漫画。



 「レベルE」(冨樫義博)の最終話。


 私はヌルイ作風を好むので、お気に召していただけるか微妙です。
    • good
    • 1

・江戸川乱歩『虫』


・綾辻行人『眼球奇譚』収録の1本(タイトルは忘れましたが、ゲテモノ食いの話があります)

どちらも良作だと思いますが、黒子と比べるとパンチに欠けるかもしれません。
グロい小説ってだけならけっこうありそうですけど、虫しばりだと候補は少なそうですね。
    • good
    • 0

式貴士の『カンタン刑』光文社文庫、2008年。



式貴士の別名義間羊太郎の『ミステリ百科事典』文春文庫で〈虫〉を引くとこんなのも。

マヌエル・コムロフの『蟻』。ブラジルのとある地方の猛毒蟻を退治すれば広大な耕地に使えるというので、蟻の駆除に成功したら政府から報償金が出る。蟻は社会生活を営むのだから、何か死に至る伝染病を蟻社会に流行らせられたらと考えつくのだが……。

ポーストの『大暗号』。たしか『暗号ミステリ傑作集』か『世界傑作小説集』いずれも創元推理文庫に収録。

アントニー・ウインの『キプロスの蜂』。『世界傑作小説集』に収録。

大下宇陀児の『親友』。親友に殺意を抱き続けた男の殺人方法が試しても試してもうまくいかず親友は死なない、というユーモラスな短編。その殺人方法の一つに蠅が部分的に使われる。光文社文庫のユーモアミステリアンソロジーに収録されていたように思います。
    • good
    • 0

多重人格探偵サイコ(マンガ)1巻2巻はグロい



アナザ・ヘヴン(小説、ハードボイル)はあまりグロくないかも
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ