中川昌三さんのステージを見て、フルートを習いたくなりました。でも触ったことすらありません。10万円位までで、お薦めのものはありますか?
キーシステムのカバード(Eメカ付)とかリングについても教えてください。
また、大阪でフルートを教えていただけるところをご存知でしたら合わせてお願い致します。

A 回答 (8件)

ムラマツフルートがオススメですが


かなり高くて30万くらいです

10万となるとYAMAHAの安いのとか
になっちゃいます

長くつずけるなら
お金は惜しまない方が
いいと思います。

あとは、自分が吹きやすいと思ったものを
買ったらいいと思います


リングキーは、プロの人が
多く使っています。

でも初心者は、リングキーじゃない方が
いいと思います

それか、キーをふさぐものを買うか・・・


フルートを習うなら、
YAMAHAかムラマツかです。

習いたいだけなら、
フルートを貸してももらえますよ

よく考えて買ってくださいね*
    • good
    • 0

レッスンできる所はちょっとわからないんですが、何度かフルートを購入したことがあるので参考程度に書かせていただきます。



私は中学1年生で吹奏楽部に入るときに、ヤマハの一番安い6万円ちょい程度のものを買いました(団体で割引があったので実際は8万円だったと思います)6年近く使っていて何不自由なかったですが、材質が洋銀という名前の合金なので所々少し錆ができてしまいました(手入れが悪かったのかも?)ので長~くは使えないんだと思います。あと、もし金属アレルギーですと汗をかいたときに痒くなったりするかもです。

今では総銀製のちょっと高価なものに買い替えましたが、長く使える、音がやわらくてきれい、高い音が少しでやすい(かな?)という点が違うように感じましたが、音を奏でるという点ではほとんど差がないと思います。

私の先生に聞いたのですがカバードキーかリングキーかについては様々で、どっちがいいというのはないようです。私はリングキーのものをずっと使っていて指がフィットしているのでリングが好きですが・・。

Eメカニズムは高いミの音を出やすくするためのものですが、慣れればなくても大丈夫なので高いお金をかけるほどではないと思います。機械部分がちょっとゴテゴテするのが嫌かなという理由で私はつけませんでした。

ヤマハのはカバードのEメカ付きでも8万円程度なのですごくいいと思います。全国にお店があるのでメンテナンスも楽ですし。
合金という材質が気になるなら、頭部管だけ銀製で本体は銀メッキのものが20万弱だと思うので、それを中古で安くゲットできれば一番いいんじゃないかなと思います。

あと私が買ったお店なのですが、新品で10万円位のものはないのですが、すべてハンドメイドで物が良い、フルート専門のムラマツ楽器というのがあります。プロにも愛されていて世界のムラマツと言われているらしいです(笑)それでも値段はヤマハなどと変わらないので、ここの中古は人気があると思います。大阪にもあるのでURLを載せておきます。

参考URL:http://www.muramatsuflute.com/
    • good
    • 0

頭部管のみの交換は可能です。

国産メーカーも後付の頭部管を用意しています。何故かというと、頭部管はフルートの吹奏感や音色に最も影響のある重要なパーツです。唇を乗せて息を当てる穴があるのですが、その部分の形や材質によって楽器の性格ががらりと変わるのです。クラッシック奏者とジャズ奏者の楽器の違いはメーカーというよりも、頭部管の違いにあると言えます。(フルートのみならず、木管楽器の場合はクラッシック向きの楽器とかジャズ向きの楽器という色分けは無いに等しいです。何が違うかというと、頭部管やマウスピースという口に当てるパーツの形や奏法が違うのです。)
ただし、後付の頭部管は高価ですから「安価な楽器で頭部管だけ換えて…」という考えは意味がありません。
蛇足ですが、「楽器としての性能を考えると安価な楽器は意味が無い。だが需要があるので商売と割り切って作っている」と、ある製作者(他の楽器ですが)が発言していました。参考までに。
あと、リングキーの件ですが、指が当たるキーに穴が開いていて初心者にはその穴をしっかりふさぐことがなかなか難しいのですが、慣れるまでの間カバーキーと同じように吹けるように、その穴を埋めるゴムが付属していたり、別売りされています。そして慣れてきたら1個ずつでもゴムを外していくという方法がありますので、カバーかリングかにはこだわらない方が良いです。
    • good
    • 0

申し訳ありません、私も自分の前の回答に補足させて


いただきます。
価格に関して、「各メーカーのパンフレット等を検討して、
下から3,4番目のものを選ぶ」と書いたのは、その
メーカー内での安い方から…という意味です。
各メーカーを比較するのは、そのメーカーが、
特に高級なメーカーなのか、安価なメーカーなのか…の
判別のためです。

そして、momimomiサマと私の見解が正反対のため、
ryohkanサマも御困りになるのでは…と思いましたので、
その点でも少々。
ryohkanサマが、個人の趣味で楽しむことだけを目的に
なさっていらっしゃるなら、momimomiサマのおっしゃる
通り、最初からそこそこの楽器を買って、ずっと大切に
なさるほうが良いかもしれません。
ただ、きっかけが中川昌三さんということでしたので、
もし続けていたら、「もっとJazz寄りの音の出せる楽器の
ほうが良かったな」などと、いずれ楽器に対する欲が出る
であろうことを考慮して、前回のアドヴァイスをさせて
いただきました。
実際、私もクラシックで数年やってから、Jazz系に憧れ、
楽器を変えたいと思いましたので。

もし、出来ることなら、Jazzプレイヤーが好んで使用する
タイプの楽器を最初から購入すれば、問題はないのでしょうが、
そういうものは得てして、入門者には扱いにくい楽器が
多いのではと思います。さらに、そのメーカーなりを直接
教えて差し上げられればよいのでしょうが、残念ながら、
私は金管が専門で、フルートは趣味で手を出した程度
ですので、遠慮させていただきます。

それから、購入なさいましたら、momimomiサマのおっしゃる
メンテナンスは、きちんとなさって下さい。
使用者が、細かい部品まで分解しても結構平気な金管(案外、
平気なんですよ)と違って、木管はプロに任せないと
さわれない部分が多いので。

それでは、ryohkanサマがフルートと仲良しになれることを
お祈りいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ジャズが好きなのですが、ひいてみたいのはフォーレのシシリアーヌなんです。でもギターと違って、まず、音が出るかな!?っていうのが不安だったんです。人のものを試す(口をつける!!)のもなかなか出来ませんからね。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

前回の答えに補足します。


他の楽器に比較して、フルートを一度始められた方は結構長続きするようです。理由ははっきりしませんが、他の楽器に比べて、収納に困らない、持ち運びがしやすい、音量が小さく練習がしやすい、曲が(楽譜が)沢山ある、そもそもフルートを選ぶ人はまじめな人が多い?、等の理由が考えられます。それはさておき、ryohkanさんのように初めは手頃な楽器で始められて、すぐに物足りなくなって買い換えるお客さんが実に多いのです。まさに「なんとかの銭失い」です。
あと、楽器はメンテナンスが絶対に欠かせません。上達しないのは楽器のせいだということに気づかない人が実に多く、あきらめてしまったり、やめてしまう人が多いのは残念なことです。どうか購入するときは、売りっぱなしの店ではなく、技術者の常駐する店を選ばれて定期的に点検に出すことをお勧めします。
また、早く上手になりたいのなら個人レッスン、楽しくやりたいのならグループレッスンだと思っていてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。フルートメーカーのHPを見ていて不思議だったのが、頭部管が銀メッキか銀製かで、グレードが違うことです。頭部管だけ交換するとかは出来るのですか?外国のメーカーで頭部管のみ製造しているメーカーがあったようなので……

お礼日時:-0001/11/30 00:00

木管楽器は専門ではないので、個人的なオススメですが。



「触ったことがない」とおっしゃるのは「フルートを」では
なく、「他の木管楽器も」でしょうか?
他の楽器の経験があるかたでフルートも……というのであれば、
最初からそこそこの楽器をオススメするのですが、
まるで未経験であれば、あまり高い楽器を買う必要はないと
思います。
そういう意味であれば、各メーカーのパンフレット等を
検討して、下から3,4番目のものを選ぶのが妥当では?
だいたい、中、高校生のクラブ活動に使われる備品が
その程度ですので、初心者の練習用にはなんとか使える
ことでしょう。

そして、ある程度の練習曲をこなせるようになってから
自分の好みにあった音や使い心地の楽器を選びなおすほうが
良いと思います。レベルに合わせる意味もありますが、
その頃になれば、楽器に対して自然と欲が出るからです
(中川昌三さんというとJazz系のプレイヤーと記憶して
ますが、そういう演奏をしたいのであれば、いずれとても
高価なフルートを欲しくなることでしょう)。

楽器に関しては、「初心者が演奏しやすいのはカバード」等
言われますが、入門レベルでは楽器の性能をフルに引き出す
プレイは考えないで良いと思います。
ただし、これだけはオススメしたくないのは、中古品です。
入門者が中古品から始めるのは、オススメ出来ません。

スクールは、楽器メーカー(YAMAHA等)のスクールで
入門クラス程度までは大丈夫。
たいてい、グループレッスンなので、適度なライバル意識と
緊張感のなかでレッスン出来ます。
他の人に楽器の使用感を聞いて、情報を収集することも
出来るかも(スクールで買わされたのじゃ、みんな同じ
ですが)。
音階が吹けて、かんたんなメロディが吹けるようになったら、
逆にスクールはオススメしません。趣味で吹くなら、それで
なんとかなるし、適度にやりたければ御近所のアマチュア楽団に
在籍する等するほうが勉強になりますし、もっと上を目指すなら
ちゃんとした個人レッスンを受けて下さい。

参考URL:http://www.yamaha-mf.or.jp/es/pms/opms_01.html
    • good
    • 0

フルートの値段の違いはその材質の違いだと思って間違いではありません。

つまり、一見銀色で同じに見える楽器もニッケルメッキだったり銀メッキだったり、銀だったりプラチナだったり、はたまた金だったりします。そして材質によって音や吹き心地が全然違うのです。
はっきり言って、10万円台の楽器は初心者にお勧めできません。初心者=安い楽器ということではないのです。初心者だからこそ、そこそこいいものを選んでください。そのほうが上達しやすく、飽きもこないと思います。
個人的には25万円位の一部銀製(総銀製もあり)の楽器が良いと思います。メーカーは国産でOKですが、購入はできるだけいろいろなメーカーを取り扱っているお店を選んでください。
キーシステムですが、リングキーのほうが音の抜けが良いとか特殊奏法が可能だという特徴がありますが、カバードよりもリングのほうが優れているということではなく、奏者の好みの問題です。Eメカというのは最高音域のE(ミ)の音を出しやすくするためのシステムです。
大阪にお住まいということであれば、プロのオケや吹奏楽団もありますので、先生や教室も多いと思います。タウンページや楽器店で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.miyazawa.com/ http://www.muramatsuflute.com/
    • good
    • 0

ずいぶんと楽器をさわっていないので、忘れて


しまったので、参考になるサイトを紹介します。

参考URLは、キーシステムなどフルートの構造や
歴史について書かれているサイトです。見た限り
非常によく書かれていますので、参考までに見て
下さい。

また、リンクがはれないのが残念ですが、フルート
協会なるものがありますので、そこのURLを下に
書いておきます。

フルートについての情報やフェスティバル、国際
交流などもありますので、登録してみるのもいい
かも知れません。
URL:
http://www.bekkoame.ne.jp/~keisei/flute-j/

と、忘れてしまっていたので、これにて失礼します。
ではでは☆

参考URL:http://w3.kushiro-ct.ac.jp/elctro/~ym/flute/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しっかり勉強します^_^;

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ