マスコミの報道を見るに、
女性の犯罪は男性のそれに比べてかなり少ないという感じがします。
これはなぜでしょうか。
できれば科学的に説明してもらえないでしょうか。
もちろん、科学的でなくてもかまいません。

A 回答 (5件)

女性の場合、体力的な問題もありますが


精神的にも男性より攻撃性が少ないという特性があります。
また攻撃性の向け先も非直接的な手段が多く
暴力よりも陰口・間接的な虐めに向き表面化しにくいという特性があります。

また生活に困窮しても最終的に頼る先(親・友達・異性等)があり
男性よりも他者に助けを求めることに抵抗が少ないという特性のため
犯罪に走りにくいというのもあります。
    • good
    • 0

Hiramatuさんのご意見に賛同します。


女性の場合、報道されない軽微な犯罪が多いのだとおもいます。(例えば万引き等の窃盗犯)
また、報道されても男性との共犯だったりして目立たないだけではないでしょうか。(例えば覚せい剤事犯や売春取締法違反)
    • good
    • 0

科学的ではありませんが、女性は報道されるほどの派手な犯罪を犯す手段が男性よりも少ないのではないかと思います。

つまり、性差による体格差があるので、同性に対して暴力的な攻撃が出来ても、男性に対して暴力的な攻撃を成功させることが難しいのではないかと思います。
人を簡単に殺せる毒薬が簡単に手にはいるなどという状況があれば、この差は狭まるのではないかと思います。
ちなみに、中世ヨーロッパでは女性による毒殺が流行したそうです。
    • good
    • 0

 最初に、完全に科学的に立証されている訳では無いという事を断っておきます。

(手元に資料が無く、2~3年前のうる覚えの知識で、どこまで踏み込んだ報告であったか記憶が曖昧なのです。)
 遺伝病の中に染色体異常による疾患があります。ヒトの染色体23対46本のうち、極稀にこの染色体の数が、1本過剰(モノソミー症候群)であったり、足りなかったり(トリソミー症候群)する疾患があります。(モノソミーの代表例がターナー症候群で、トリソミー症候群の代表例がダウン症候群です。)
 これらの症候群の中で、染色体の中でも性染色体(1対2本)の数に異常がある疾患があります。
 一般に、性染色体は、男性はXYで女性はXXである事が知られていますが、この数に異常が見られ、XXXとなっている女性(超女性と呼んだと思います)、XYYとなっている男性(勉強不足でなんと呼んだか覚えておりません。仮に超男性と呼びます)が世に存在します。そして、その超男性は、悪質な犯罪を犯す傾向にあるとアメリカの方で報告があったように覚えています。一方、超女性は、外見状の特徴はあるのですが、そのような犯罪と結びつくようなデータなどなく、逆に結びつけようとする方に無理があります。
 ここからは僕の憶測として捉えて下さい。
 客観的に見て、肉体的に男女に相違のある部分、そして、XYYという染色体を持って生まれてきた為に、悪質な犯罪者になり得る素質をもっているというデータ、この事からYという染色体が動物としての攻撃性を帯びているとは考えられないでしょうか?
 強引ではありますが、犯罪を犯す動機を防衛的なものと攻撃的なものとに分けた場合、特に突発的な攻撃性を示す犯罪は男性に多いと思いません?自分の利益やエゴ、権利を守る為の犯罪(防衛的犯罪)は、半々にいかないまでも女性も犯しています。でも、むかつくとかキレてとか、ほとんど本能で行動してしまっている犯罪は男性が大半だと思います。長くなってしまいましたが、僕には、Yという染色体がなんらかの影響を与えているように思えてなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼


専門的なご指摘ありがとうございます。
科学的な説明にはやはり説得力がありますね。
ところで、男の方が子供の時のイタズラも多いですよね。
(というかほとんど男ですが)
前頭葉が未発達か、欲望が強すぎるのかどっちかでしょうね。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お答えします。


それは、犯罪をする理由にあると思います。
なぜ犯罪にあたる行為をするのか?
犯罪にはいろいろな種類・規模があり、一概には言えない
ことを了承していただいたうえで、
 私の結論はつぎのとおり、
 歴史的にみて、男の役割は、家族を養い、守る必要があった→体格は、女性にくらべ、強靭となり、闘争本能も身についた。⇒その遺伝子プログラムが現在にいたり、犯罪にあたる行為をしてしまいやすい・・・。
 別の言い方をすれば、種を残すという根本的な欲求を満たすため、男のほうが犯罪にあたる行為をしやすい遺伝子プログラム・性質になっている・・・とでも言えようか。
 これ以上細かく書くと、最後には、犯罪とは?なんていう学問にも入ってしまいそうなので、このへんでやめときます。
 しかし、これからの長い歴史のなかで、女性と男性の割合が逆転するということも充分ありうると思います。
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ