上記の書岩波文庫版見開きに、
「呈 黄○女士 蘆花生」なる蘆花の毛筆自署の写真があります。
質問:
1.黄○女士 の○はどんな文字か。
2.その人物は誰か、蘆花との関係は。
ご存知の方、ご教示下さればありがたく存じます。

注:手元に当該書籍無く、写真も付けられません。
  また2.についても該書解説に記述のある可能性も捨てきれませんが、
  近隣図書館に当該書の蔵書なきため、確認できずにおります。

A 回答 (1件)

1.○=花→黄花女史



参考URL
◇『自然と人生/徳冨蘆花著/岩波文庫(岩波書店)/昭和14.11刷』
<6/144>口繪の三
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130565/6

2.黄花女史=徳冨愛子、蘆花の妻。

参考URL
◇「kotobank>徳冨愛子」[デジタル版日本人名大辞典+Plusの解説]
http://kotobank.jp/word/%E5%BE%B3%E5%86%A8%E6%84 …
徳冨愛子(1874-1947)明治-昭和時代前期の作家。
明治7年7月18日生まれ。(明治)27年徳冨蘆花(1868-1927)と結婚。
蘭芳、黄花の筆名で随筆などをかく。本名は藍。

◇『自然と人生/徳冨蘆花著/岩波文庫(岩波書店)/昭和14.11刷』
「自然と人生」岩波文庫版について
(258頁10~11行目)<138/144>三、口繪○口繪の三、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130565/138
「呈 黄花女史 蘆花生」は夫人へ贈りし前記初版本開卷第一頁の
白紙に認められしもの。

以上 少しでもヒントになれば幸いです^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をいただきありがとうございます。

この手のことは、普段は自分で調べるのですが、昨日出先で外国人学生に尋ねられ、少々急ぎの事情もあった故、この場を借用した次第。
この回答をいただいて、件の学生に早速知らせましたところ、喜んでおりました。
裏付けとなるURLの添付は取り分け感謝です。ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/19 12:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ