今、高校に通っているのですがなにかオススメの本はないでしょうか??
なるべく読みやすくて感心させられたり、感動したり、いろいろと考えさせられる本が良いです。
よろしくお願いします!!

A 回答 (16件中1~10件)

初めまして!高校生ですか?笑いとかはどうですか?


文庫本なのですが、角川書店の電撃文庫と言う種類が私的にオススメだと思います。
特に、高橋弥七郎さん『灼眼のシャナ』時雨沢恵一『キノの旅』『アリソン』壁井ユカコ『キーリ』上遠野浩平『ブギーポップシリーズ』等がオススメです。
『灼眼のシャナ』は、日常と非日常のお話です。
主人公・坂井悠二はある日、日常から非日常に引きずり込まれるというお話です。説明しても解らないと思いますんで買ってみてください。高校生なら読めます!
『キノの旅』『アリソン』は、結構いけますよ?『アリソン』は軍事小説ですね。感動(?)しますよ(タブン)
『キーリ』はヒトより並はずれの霊感を持つ孤児の少女キーリと不死人ハーヴェイ、小型ラジオの憑依霊・兵長の3人(?)の、物語?デス
中学の私が読めますから読めますよ?

参考URL:http://www.mediaworks.co.jp/users_s/d_hp/
    • good
    • 0

宮部みゆきさんの「模倣犯」とかオススメです!!


長編ミステリーなんですけど、引き込まれてしまってスグ読めちゃいます!

アレックス・シアラーの「青空の向こう」もオススメ
何と言っても読みやすく、そんなに長くもないです。
感動しますよ。

参考になれば嬉しいです。
    • good
    • 0

こんばんは。


やはり、私の1番のお勧めは
司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」です。
長編小説ですが、半端でなくのめりこまれるんじゃないか
と思います。とにかく竜馬はかっこよすぎます。
その他の登場人物も個性的で味のある魅力的です。
竜馬の言葉「夢に向かって倒れるなら幸せ」という
言葉に竜馬の生き様が凝縮されているのでは
ないでしょうか?

もう1つはベタですけど、村上春樹さんの
「ノルウェイの森」です(もう読まれましたか?)。
春樹さんの小説全体に共通してますが、
このドライ感、好きです。

両2冊は私の生き方のスタイルを変える2冊でも
ありました。良ければ読んでみてくださいね。
    • good
    • 0

舞城王太郎 「世界は密使でできている」 がお薦めです。


物凄いスピード感で読み手をぐいぐいと引っ張って行ってくれます。改行が少ない、というきらいはありますが読んでいるうちに全く気にならなくなってしまいます。
一応(?)推理小説なのですが、謎解きを目的としたものではありません。多分。探偵ルンババと友紀男の12から19歳までの青春ストーリイだと私は思っています。
厚さも薄くて連作短編なので読みやすいし、何より本当にノリがイイので楽しいです。ぜひ読んで笑って下さい。

あと同じ作者で 「阿修羅ガール」 もお薦めです。
女子高生アイコの奮闘ストーリイ。少し変わったラブストーリイ?
私も高校生なのですが、これを読んで共感する所が多々ありました。yuu542さんは女子でしょうか?それならなおの事お薦めです。是非是非!!
    • good
    • 0

こんばんは。


西尾維新さんの「戯言シリーズ」をおすすめします。
「クビキリサイクル」「クビシメロマンチスト」「クビツリハイスクール」「サイコロジカル(上下)」「ヒトクイマジカル」がでています。
この作家さんはストーリーを追って斜め読みをしているとダメというか面白さ半減な作品ばかりで、ついつい一字一句読んでしまいます。
特にこのシリーズは言い回しが秀逸で、キャラクター的には負けているのに、まさに戯言使いの主人公が主人公たりえていると思います。
ただ、強引なところもあるのでちょっとクセはあるかもです。
    • good
    • 0

♯9です。


タイトルを訂正します。
誤「アンダーグラウウンド」⇒正「アンダーグラウンド」

申し訳ありません。m(__)m
    • good
    • 0

やっぱりDeep Love~アユの物語~yoshi作が一番感動して考えさせられるんではないかと思う。

現代の高校生にあってるし。
    • good
    • 0

「アンダーグラウウンド」・村上春樹


地下鉄サリン事件に遭遇した電車の乗客の方達へのインタビュー・ノンフィクションです。
かなりヘビーな内容ですが、高校生でも読める文章になってます。講談社から出ています。
ハードカバー、文庫本両方ありますので本屋さんで探してみてください。
1995年3月20日の事件が、普通の人達の人生をどのように変えてしまったのか?お奨めします。
    • good
    • 0

おはようございます。


歴史物に興味はおありですか?
隆慶一郎氏の『一夢庵風流記』は,戦国地代を自由に生きた前田慶次郎という実在の人物の史実に創造を加えた作品です。一昨年,国営放送の主人公となった前田利家の甥にあたります。豊臣秀吉も唸らせた「傾奇者」はとても魅力的ですよ。
同氏の『影武者徳川家康』も,家康が関ヶ原の合戦時に死んでいたという説を前提としており,とても面白いです。
病気でなくなったため,作家生活は数年でしかなかった同氏の作品は数は少ないですが,一冊読むと次々と読みたくなる作品ですので,ぜひ読んでみて下さい。
    • good
    • 0

私が高校生の時に読んで最も感動したのが、


パール・バックの「大地」
です。

あとは、定番の武者小路実篤ものは、高校生までに読んでおくとよいと思います。「愛と死」「友情」

3冊とも、大変な感動作で、ほんとにいろいろ考えさせられます。是非是非高校生のうちにお読みになる事をお勧めします。大地は長編なので、そういう意味ではちょっと読みづらいかもしれませんが、トライしてみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ