最近アンダースローの投手が少なくなりました。そんな中、今年はライオンズに牧田投手という今後が楽しみな投手が出てきて心を躍らせています。ところで以前にはアンダースローの名投手が数多く輩出されました。皆さんにとってのアンダースローの名投手をベスト20でもベスト10でもベスト5でもベスト3でも構いませんので教えて下さい。特に読売・阪神・日本ハム・近鉄については記憶がないのでご存知でしたら是非教えて下さい。

A 回答 (5件)

阪神なら、上田 次朗という先発ローテーション投手がアンダースローだったと思います。


江夏と同時期なので江夏の影に隠れてしまったかもしれませんが、
かなりいい成績を残していたこともあったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。阪神の上田次郎投手思い出しました。確かにアンダースローの名投手でした。

お礼日時:2011/10/24 00:43

ベストは、No.1の方と同じ、阪急の山田久志。



それから、読売のアンダースローは渡辺秀武、阪神は小林繁、日ハムは高橋直樹がいますけで、小林、高橋についてはアンダー気味のサイドスローのような気もします。(小林は当初は、完全なサイドで晩年やや腕が下がっていますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。山田投手は本当に凄いサブマリンでした。小林投手と高橋投手はやはりサイドスローかなと思います。渡辺投手も私の感覚では完全な下手投げというと?です。

お礼日時:2011/10/24 00:46

阪急の足立、山田


南海の杉浦(どちらかというとサイドスローかもしれませんが)、皆川
大洋の秋山
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。杉浦投手はあの時代のパを代表するそして秋山投手はセを代表するアンダースローだと思います。ご指摘通り皆川投手は私もサイドスローだと思っています。山田投手、足立投手は日本シリーズでの活躍が印象に残っています。特に足立投手は巨人に強かったですね。

お礼日時:2011/10/23 23:11

こんばんは。



吉本 さんま

じゃなくて、読売、阪神の小林でしょう。
空白の1日が、印象的です。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。確かに小林投手は素晴らしい投手だと思うのですが、私が受けていた印象はサイドスローの投手という感じです。すみません。

お礼日時:2011/10/23 23:06

山田久志投手ですかね?



阪急の選手でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私は山田投手の投球フォームが大好きでした。

お礼日時:2011/10/23 23:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 露天風呂の日にちなみリサーチ!おすすめの混浴露天風呂

    6月26日は、露天風呂の日である。岡山の湯原(ゆばら)温泉が「6・26(ロ、テン、ブ、ロ)」の語呂にかけて、昭和62年に制定したものだ。毎年この日になると、天与の恵と温泉利用者に感謝するイベントが開催されている...

  • 新生ターザンは超絶イケメン! 北欧出身のアレクサンダー・スカルスガルドが来日

    7月30日から2D/3D全国ロードショー公開されるアクション・エンターテインメント大作『ターザン:REBORN』。その本編映像の一部を紹介する特別フッテージ上映イベントが、都内で開催された。イベントには、同作のPRの...

  • ふかふかの食パンに座りたい人に朗報

    ヴィレッジヴァンガードオンラインで、ふかふかの食パンに座りたい人の夢を叶える「食パン座椅子」、目玉焼きに包まれたい人に向けた「めだまやきブランケット」の取り扱いがスタートした。 「食パン座椅子」は全4...

  • ゲップが出る理由とゲップから分かる病気

    人前で思わずゲップが出てしまい、気まずい思いをしたことはないだろうか。一般的に人前ですると失礼とされており、我慢しているという人もいることだろう。しかしゲップは、ただの空気のかたまりではなく、身体から...

  • 事故物件に住みたい!探し方は?

    自殺、他殺、事故死……。このような経歴のある物件は「事故物件」と呼ばれている。事故物件に住んでしまうと、死人の霊の仕業で不気味な出来事が起こるとか起こらないとか……。何も起こらないとしても、以前その物件で...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ