質問

乾燥機の鉄板と断熱材の効果は、どのように算出すればいいのですか?

乾燥機にグラスウールと外壁に鉄板を使用した乾燥機があります。
熱効率を良くして、内部温度を上げ、熱源の省エネを考えています。

そこで、グラスウールの厚みを増やして熱効率をよくしたいのですが
その効果の算出は、熱貫流率を計算して、推測すればよいのでしょうか?

それとも、自然対流の放熱と、放射熱を算出して放散熱を合計して、
グラスウールの厚みを決めなければならないのでしょうか?

現在の表面温度は解っているのですが、グラスウールの厚みを
増やした場合の表面温度はわかりません。

よろしくおねがいします。

通報する

回答 (1件)

質問者さんの炉で,(断熱材を経て外壁から放散される熱)が熱損失の大きな割合を占めるなら,断熱材(グラスウール)を厚くすると省エネになります。断熱材を介して熱が流れる経路の熱貫流率から,熱損失を評価することになります。外壁からの熱放射や自然対流は,断熱材でさえぎられた熱流の末端の話ですから,誤差のうちです。

問題は,質問者さんの炉で,
「断熱材を経て外壁から放散される熱が,熱損失の大きな割合を占めている」のかどうかです。もし,別の経路で熱が漏れているなら,そちらを抑えないと対策になりません。
伝熱計算をして
(断熱材を通して外部へ漏れる熱流[W])÷(炉を加熱する熱流[W])
が6~8割以上(??)なら「断熱材が薄すぎ!」という結論になります。
もし,この値が1よりかなり小さいなら,どこか別の経路で熱が漏れているのです。その経路を突き詰めねばなりません。
(もし1より大きいなら,どこかに計算間違いがあるのでしょう)

この回答へのお礼

どうもお礼のご返事が遅れて申し訳ございませんでした。
ご説明、良く理解できました。

ありがとうございます。
助かりました。
また、ご指導の程、宜しくお願い致します。

このQ&Aは役に立ちましたか?0 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。


新しく質問する

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集