THE TRASHMENの"Surfin' Bird"という曲のbird's the wordと言う箇所なんですが、
http://www.oldielyrics.com/lyrics/the_trashmen/s …

the wordということは、どういうことなんでしょうか?「鳥とは、その言葉だ。」「鳥とは、神の言葉だ。」、、。 よく分かりません。 教えてください。

A 回答 (4件)

bird が実のところ何なのかという疑問もありますが、とりあえずこの歌詞の意味のありそうなところだけを抜き出すと



everybody's heard about the bird
bird's the word
Surfin' Bird

1行目と3行目は “皆あの(有名な)バードのことは聞いたことがあるね、サーフィンバード” ということだろうと思います。歌詞の中では the bird ないしは Surfin' Bird は何か知られている存在ということになっているみたいです。

そして2行目ですが、#2の方の指摘する Mum's the word のことも意識しているかもしれませんが、「バードが合言葉」という感じではないかと推測します。(サーフィン)バードが有名な存在ということになっているので皆が「バード」を口にする、合言葉と言っても「山と言えば川」というような本来の意味ではなく皆がよく言っている言葉ということです。
the の特殊な用法に「その状況で必要な」とか「うってつけの」「~こそが」というのがあり、「バードこそが皆が言うべき(皆が言っているから君も言うべき)言葉」、「バードこそこの状況で必要な(言うべき)言葉」、説明するととてもややこしくなりますが、こういうことではないかと思います。

This is the place for young people. ここは若者にうってつけの場所だ。
The tobacco is IGM. タバコと言えばIGM。
Les Paul is the guitar. レスポールこそがギター。

宣伝文句的な意味合いを持つことがよくあります。Mum's the word にしても「沈黙がこの状況で必要な言葉/沈黙こそが今はうってつけ」ということで、mum はミイラや母とは関係なく、口を閉じている状態の擬態語・擬音語であり「ん~(XXX)が今言うべき言葉→言うな」ということのようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 詳しいご解説のお陰でやっと理解できました。

お礼日時:2011/11/17 16:53

「birdが、唯一無二の/極めつけの言葉」→「birdこそがキーワード」→「鳥、鳥、鳥っきゃないね」です。

ちなみに「bird's」と「word」が韻を踏んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/17 16:50

第2次世界大戦中に流行った英語のフレーズに Mum's the word. というのがあって、意味は 「内緒だよ」 だそうです。

その Mum's the word. に引っかけた文句ではないか、という気がしました。
mum が bird に置き換えられていますから、当然意味するところは違うでしょうが、Mum's the word. というポピュラーな言い回しの型を取ることで、いわば駄洒落になっているわけです。
歌詞の中に Papa が出てくるわけですが、これも Mum との関連性を想像させます。
なぜ bird なのかまでは分りませんが、曲がサーフィン音楽を連想させるところからすると、波乗りのリズムと鳥の羽ばたきとを重ね合わせているのかもしれないとは想像しました。

参考URL:http://www.phrases.org.uk/bulletin_board/17/mess …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごかいとうありがとうございます。

お礼日時:2011/11/17 16:50

Well, everybody knows that the bird is the word



birdが言葉だっていうことはだれでもしってるよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/17 16:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ