質問

11月の終わり頃から、12月にかけて旅行でパリに行きます。

はじめての海外旅行で飛行機も初めて乗ります。
パリというと去年のこの頃は雪も降ったそうでとても寒いそうなので、
いろいろと支度はしているのですが、

・もっていって良かった物
・逆にいらなかったもの
・荷造りするときのコツ

を教えてください。よろしくおねがいします。

通報する

回答 (8件)

皆さんの回答ためになりますね!
高校の修学旅行なんですか?うらやましいです。

数年前、11月中旬から1月まで滞在したことがあります。とにかく寒かったです。皆さんの言うように、カイロやマフラー、帽子があってもいいかな。
若い頃は脂っぽく、ニキビもひどかったのですが30代になった今はかなりの乾燥肌です。とにかく、フランスは冬の乾燥は激しく大変でした。聞くところによると、フランス人は泡立てて洗顔しないようです。拭き取り式の化粧おとし、洗顔はまた拭き取り専用の化粧水で済ますようです。お湯なんかでがっちり洗顔しないようにオススメします。私は今では(日本ですけど)、オイル(乳液→オイル→化粧水→クリームという方式で)が手放せないです。
髪にも洗い流さないオイルをつけることがオススメです。
乾燥対策でした。
楽しんで下さいね!

この回答へのお礼

ありがとうございます!

私も混合肌で、油っぽくもあり、乾燥もしがちですっ
参考になりました✩

楽しんできます♪

こんにちは。お返事ありがとうございます。

ホッカイロ、靴の中用が超オススメです☆
石畳で、足の裏から津々と冷えてくるんです!!
そうなると下半身はだるくなり、腰もジンジン、
足の指先はかじかんで・・・
思い出しただけでブルブル(((( ;゜Д゜))) です。笑

さて、
> 目薬とコンタクトのことなんですが、
> 液体検査の時はそのまま透明の袋に入れたんですか??
はい。透明の袋に入れます。
同じ袋に、歯磨き粉、化粧水も入れています。

透明の袋は、私はジップロックの袋を使っています。
万が一、鞄の中での入れ物から漏れた場合の防止も兼ねています。
何より安上がりです。笑


話は変わりますが、ユーロ現金について。
・紙幣は10か20を
・常に小銭を

ツアー(でいらっしゃるのかしら?)でも、いくらかの現金は必要です。
日本円からユーロに両替するとき、紙幣は、10か20のみに
してくださいね。50ユーロとかだと、お釣りが無いとか
言われて使えないことがあります。

また、パリには長らく行っていないので分からないのですが、
ドイツなどでは、トイレでチップが要る場合もあります。
以前、街中の公衆トイレに行こうとしたときのこと。
入り口がコインを入れたら開く自動改札みたいになっていて、
小銭が無いことには入れない!ということがありました。
寒いので、公衆トイレを利用することがあるかもしれませんし
小銭はあれば便利ですので、どうぞ多めに持ってくださいね。

ツアーで行くお店だとチップが要らないかもしれませんが、
あるに越したことはありません。
裏の絵柄が国によって違うので、種類を集めて帰国後眺める
とか、、も楽しみ方の一つかも♪

ちなみに私は、旅行のときは大き目の小銭入れをお財布に
しています。

この回答へのお礼

ありがとうございます!!

rurukoroさんに言われた通り、バッチリ靴用のカイロ準備しました♪

実は高校の修学旅行なので、現金しかなく、ユーロパックなので紙幣だけ・・・;
50ユーロまではいきませんでしたが、5ユーロはいくつかありました;

そうなんです、私もお財布について考えていたんですが、
大きめの小銭入れはいいですね!!
ちょっと探してみます。

来週いよいよなので楽しみです☆彡
担任の先生が治安が悪いという話を凄くしてきて、
行きたくないときもありました(笑)
たしかに警戒は切らせないつもりですが、行くからにはやっぱり楽しみたいので、
実際行った方のいろんなアドバイス本当に助かっています(〃∇〃)

また何かいいアドバイスがあったら教えていただけると嬉しいです!
ありがとうございました(-^□^-)

こんにちは。ご旅行、楽しみですね。

もっていって良かった物について、まずは服装から。

4年前の同じ時期に、お隣のドイツに行きました。
とっても寒かったです。
その時の経験を元に、服装などの回答をしたものをご参考に。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4481642.html

服装についての参考サイト
http://www.arukikata.co.jp/weather/

列車やバスの待ち時間など、少しの時間でも、かなり冷えますので
防寒対策は十分にしてください。

カイロは日本では使わないので、私はホテルの人にあげて帰ってきます。
向こうには無いみたいで、最終日に使っている状態を見せてあげないと
理解してもらえません^^ 過去2回あげてきましたが、喜んでくれました~。

その他について、他のかたと重複しますが、私の通年の必需品達です。

・ハンガー
 ・・・ひっかける部分の多い100均で買ったプラスチックの
    ハンガーを持って行っています。
・スリッパ ・・・絶対必要!!
・マスク  ・・・機内だけでなく寝る時にも使います。
・折り畳みの傘 ・・・軽くて小さい日本製のものは素晴らしい!
・レインコート
 ・・・コートの上から切れる大きめを。ポンチョでもいいかも。
    100均のものが気軽でおすすめ。
    (案外重いので捨てて帰ることもできますし)
・電源プラグ ・・・電源の形が日本と違うのです。
・地球の歩き方
 ・・・賛否両論ですが、私は愛用しています。
    歩き方に限らず、何かしらのガイドブックを1冊。
・リンスinシャンプー
 ・・・時間短縮の為に旅行の時はリンスinシャンプーを利用しています。
    お湯の出が悪い、お湯が出なくなるホテルもありますので・・・。
    ちなみに、私は硬水で髪がゴワゴワは経験したことが無いんです。
    気づいていないか、丈夫なのか??笑
・デジカメのSDカードは多めに!

荷造りのコツは、行きはスーツケースの半分はカラにして
おくことでしょうか。
お土産(自分用を含む)がどうしても増えてしまうので。
ちなみに私は、どうしても増えてしまったときには予備の
バッグを利用しています。
http://swany-shop.jp/SHOP/36525/36573/list.html
※注意
 予備バッグをスーツケースと一緒に飛行機に預ける場合は
 着替えや衣類を予備バッグに入れます。お土産など
 押しつぶされて困るものはスーツケースに入れます!

また初めての飛行機とのことですので機内で必要なものについて。
・スリッパ
 ・・・必須。スーツケースではなく機内持ち込みにしてください
・マスクと上着と目薬
 ・・・機内は乾燥している上に寒いです。
・空気を入れて膨らます枕
 ・飛行機にヘッドレストが付いている場合は不要です。
  例:http://d.hatena.ne.jp/mobell/20090324
・パスポートや旅程表、デジカメと電池類は手荷物に。
・コンタクト、歯磨きセット、観光資料も手荷物に!
 ・・・万が一のスーツケースが行方不明になった場合に
    備えて、観光資料やコンタクトレンズ、デジカメなど
    旅行中、唯一無二のものは必ず手荷物に。

その他「エコノミー症候群」についてもネットで調べてみてください。

何かあれば、ご遠慮なくコメントください。
良い旅を!

この回答へのお礼

はい楽しみです♪

とてもわかりやすい回答をありがとうございます!
貼付の回答も見ましたが、太ももは確かに盲点でした;
ユニクロの暖パンと、下にタイツで頑張ろうとしてましたが、
やっぱりホッカイロも沢山準備しときます☆

ホッカイロあげるのも良いアイデアですねっ。


それと、目薬とコンタクトのことなんですが、液体検査の時はそのまま透明の袋に入れたんですか??
私もコンタクトで乾きやすいので、よろしくお願いします。

昨年の12月初旬、フランスにいました。
パリからTGVで西側の街に出張だったのですが、12月5日(日)往路は問題なく少し寒いくらいの晴天でしたが、翌日から一転60年ぶりという大雪一週間でした。3日間ほどTGVの運転ががほぼ麻痺したりしていたので、予定を切り上げてダイアが大混乱のTGVで数時間立ったままパリに戻ったら、そこでもまた雪だったり、散々な出張になりました。
とはいえ、このような異常気象はめったにないことだったそうですので、それほど心配することはないと思います。天気予報をよく見て、念のため防寒具を用意するなどの対応で十分だと思います。

この回答へのお礼

そうだったんですか!!ちょうどその頃去年の人たちも行っていました。

わかりました!天気予報や気温なんかをよく見るようにします☆

丁寧な回答ありがとうございました。

他の人の書いていないもので 使い捨てカイロ 肌洗い用の使い慣れた薄手のタオル(ホテルのは使いづらいです) 石畳みで底冷えしますので、下半身の防寒対策 靴やタイツなど
12月になれば クリスマスのイルミネーションが飾られますので オペラ近くのデパート シャンゼリゼ通りは一見の価値はあります。そういえば、今年もコンコルド広場近くの大観覧車は設置されているのかしら・・・

この回答へのお礼

下半身が冷えるのはキツイですね(>-<)
ホッカイロやタイツなんかを準備するようにします!

大観覧車♪見れたらいいなあ☆彡

タオルも薄手のは考えてなかったです!!

見落としそうなものでしたが教えてくださってありがとうございました!

11月終わりということなので、来週あたりご出発かと思います。
出発直前に週間天気予報を見てご判断ください。

フランス語ですが、Météo France
http://france.meteofrance.com/france/meteo?PREVI …

天気のマークで想像はつくでしょう。気温は摂氏。
風速は時速。Aujourd'huiが今日、それ以降曜日+日付です。
Détailsをクリックすると、
matinは朝、après-midiは午後、soiréeは夕方、nuitは夜。

英語が良ければこっちの方が良いかも。
http://www.euronews.net/weather/europe/france/pa …

緯度が高いので、冬は日が短いです。
12月は8:20分過ぎ日の出、17:00前には日没です。
スケジュールのご参照に。
添付URLに英語の日の出日没サイトをリンクしてあります。

基本的にパリはたまに雪は降りますが、
翌日以降残るほど積もりません。
昨年末大騒ぎした大雪は異常です。

・もっていって良かった物
1.ICチップ入りVISAかMASTERのクレジットカード
(磁気のクレジットカードは受け取らない店が多い)
2.肌につけるもの全て(日本人に合うとは限らない)
3.折り畳み傘(向こうで売っている物はデカい)
4.ユーロ現金(日本で両替しないと相当目減りする)
5.パリで使える携帯電話持参なら、100V~240V対応コードとC型プラグ
(量販店で両方1000円以下で売っています。
お持ちのコードが240V対応なら、変換プラグだけでOK)

・逆にいらなかったもの
1.地球の歩き方(情報が古いかつ主観的)
2.トラベラーズチェック(使えないし換金に手数料)
3.日本のシャンプー(硬水では泡立たない)

・荷造りするときのコツ
1.せっかくパリに行くんだから、衣料品は向こうで買う!
位の気持ちで、かさばる物は最小限に。
2.機内液体持ち込み制限に注意。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/12/121219_.h …
3.利用航空会社のサイトで、チェックインの仕方、
機内サービス、無料で預けられる荷物の規定を確認してください。

お気をつけて。

この回答へのお礼

サイトも付けていただきありがとうございます!

地球の歩き方バリバリ持っていこうとしてました(苦笑)
ほかの説明もすごくわかりやすかったです☆

シャンプーのことなんですが、家で使っているシャンプーとか、旅行店のシャンプーじゃ
ダメってことでしょうか??
硬水のせいで髪がゴワゴワになると聞いたんですが、トリートメントとか持っていったほうがいいんでしょうか??

もし良ければ回答お願いします。

先週パリにおりましたが、東京より一寸寒い位でした。
でも月末にはもっと寒くなっているでしょうね。
でも雪が降る事は珍しい方と思います。

レストランの店頭には冬名物の生ガキが並び、皆さん美味しそうに食べていましたよ。

私の海外旅行でどこでも必ず忘れないのがワイヤーハンガーです。
向こうのホテルのハンガーって、クローゼットの中では固定式で干し物を干しておくにもハンガーが無いと不便。
そのまま捨てて来ちゃえますし便利です。

着るものは足りなければユ○クロもオペラ座にあるし、不自由はありません。
むしろホテルの室内のヒーターが効きすぎて、半袖Tシャツなど持って来ればよかったと、後悔する事も多いです。

あとは薬関係かな。
枕が変わると寝れないない方なら睡眠導入剤など、かかりつけで貰っておくと便利ですよ。
ホテルに着いたらとりあえず近所のスーパーでペットボトル水2lを買って部屋に置いておいています。
冬のパリは乾燥凄いですので、保湿に心がけて下さいね。

この回答へのお礼

あ、ユニクロもあるのか!!便利ですね!

半袖も一枚持っていってみます☆
乾燥・・・苦手です;頑張ります(笑)

パリに行った方ならではの回答ありがとうございました!
とてもためになりました。

11月の終わり頃から12月はじめにかけてのパリは朝晩は3℃~5℃ぐらい、日中は7℃~10℃ぐらいだと思います。だいたい気温はこのぐらいだと考えて着る物をお選びください。ただ、異常気象のせいなのか、妙に暖かかったり、とても寒かったり、予想が裏切られることもないとは言えませんので、たとえば下着で調節できるようにとか、一応考えておいてください。

衣類は気温を考えながら、シンプルで気軽に着られるもので、ことに下半身が温かいもの、また、ある程度のレストランでディナーということも考えられるなら、正装までは必要ありませんが、こざっぱりと清楚な着こなしができるもの、こんな感覚でお選びください。なお、あまりにもハイファッションのものだとかカラフル過ぎるものは、とかく地味で質素なパリでは目立ちやすく、犯罪のターゲットにされやすいと言われています。

靴はしっかりしたもので、できればある程度は防寒防水といったものをお選びになったほうがいいでしょう。ただ、12時間半ほどのフライトでは、靴を脱いでいますと足先がむくんで、いざ履こうとすると足が入らないということがよく起きます。あまり新しいままでなく、多少は履きなれたものの方がお勧めです。スニーカーなどはあまり適さず、本革のショートブーツなどはいいかもしれません。

その他、持って行って良かった物…、逆にいらなかったもの…というのも、結局はその人次第でしょう。また、旅行ガイドにもいろいろヒントになることが書かれているはずです。

風邪薬や胃腸薬、それに医師の処方が無くては手に入らない抗生物質や鎮痛剤などは持って行ったほうが安心でしょう。女性なら日ごろ使い慣れた女性用品は念のためにお持ちください。

スリッパは機内、ホテルともに便利です。薄くて二つ折りにすると小さくまとまるような旅行用といったものも市販されていますが、ある程度底に厚みがある家庭用などのほうが実用的です。

洗剤、旅行用品店には硬水でも泡立つ洗濯用洗剤が置いてあります。ヨーロッパは空気が乾燥しているせいか、下着類などはあまり汚れを感じず、無精をしていますと、ついつい長く身に着けたままにしがちです。限られた時間でしょうが、入浴の際などに手早く手洗いして干しておくと大概翌朝には乾いているはずです。

洗濯物を干すには、ホテルなら浴室の壁をよく見てください、カーテンのあたりに一見してベルのような丸いものがあるはずです、これは洗濯物を干すためのロープ(ワイヤー)のリールで、ここからロープを引き出して反対側の壁にあるはずのフックに先端を引っかけます。部屋の中には窓際に暖房用のラジエーターがあるものです、このラジエーターに直接洗濯物を乗せて干す人がいますが、実は宿泊マナーに反します。

カメラはおそらくお持ちになる予定でしょうが、小さなハサミ、筆記用具、糸と針のセット、予備のボタン、ガムテープ、セロファンテープ、絆創膏、こうした小物は必要をお感じならお持ちください。ガムテープは服のホコリ取り、所持品の整理、はてはパスポートなど貴重品を人知れず隠す際などにも便利です。

意外に忘れやすいのが、タオル、洗面用具、化粧品と化粧道具、シェーバー、メガネ、マスク、アイマスク、折りたたみ傘、その他といった日常の必需品です。ことにタオルやマスクは、濡らして用いると、機内の乾燥した空気で呼吸が不愉快になるのを防ぐことが出来ます。

パリでは時差ボケなどで夜中に目が覚めてしまうということもよく聞きます。そういう時にどうしてもインスタントコーヒーやお味噌汁を飲みたい、インスタントラーメンで小腹を癒したいなどという方は簡単なポットや調理器と変圧器を持って行けばいいわけですが、本当に必要かどうかはよくお考えください。

意外に便利なのが小さな魔法瓶です。機内でも飲み物は自由に貰えますが、通関後に売店や自動販売機からお好みの飲み物を買って魔法瓶に移しておくとか、ホテルでは、ホテルの設備次第ですが、ポイリングウォーター(熱湯)を貰うなどというときにも便利です。

往きの荷物はなるべく少なめに…、これは、帰りは誰でもお土産で荷物が増えてしまうからです。持って行って良かったはずのもの…も、人によって、結局逆にいらなかったもの…になることもよくあります、こればかりは日頃の生活や旅行を振り返ってご自身でお決めになるしかないと思います。

パリの地図やメトロの路線図などは街角のキヨスクで求められますが、必要なら日本語のものをお持ちください。

この回答へのお礼

とても丁寧な回答をありがとうございます!

ガムテープも使えるんですね✩
もう少し、靴や下半身の服装を見直してみます!!

ありがとうございました(^O^)

このQ&Aは役に立ちましたか?5 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集