質問

きな粉餅やごま餅は、餅を焼いて粉を付けるより
茹でて付けた方がいいでしょうか?

また、茹でたほうがいいお餅の種類は、
きな粉餅やごま餅以外にもありますか?

よろしくお願い致します。

通報する

回答 (6件)

餅はご存知のとおりそのままではくっついたり乾いたりする性質があります。
それを防ぐために餅の表面には片栗粉がまぶしてあります。

茹でるということは、その片栗粉が取れますので、その代わりにきな粉が付けられると
考えていて抱ければ分かりやすいと思います。

焼くということは、餅についた片栗粉ごと焼くので、餅にきな粉はつきません。

以上のことからきな粉餅とゴマ餅などは、餅を茹でのが一般的な考えです。

しかしながら、もうひとつの方法として、焼いた餅を一回湯通しして、周りの片栗粉
を落とせば茹でた餅に近い状態になります。

あとは好みの問題です。雑煮に入れる餅は焼きますか?茹でますか?
焼くと言う方は焼いた後に湯通しするのが、香ばしさも少し感じられおいしいと思います。

この回答へのお礼

ありがとうございました。

私も、NO1様と同じ、一度焼いてから、お湯に浸します。
焼くことで、型くずれを防ぎ、さらに香ばしく成るからです。

一番好きな食べ方は、豆腐餅です。
クルミをあたり鉢で摩り下ろし、豆腐を入れて更にあたります。
塩で味を整え、醤油を一刺し(香り付け)入れて、柔らかい熱々の餅を絡めて食べます。
餅の熱いのと、豆腐の冷たいのが、なんとも言えず美味しいです。
クルミが無い時は、ピーナッツでも美味しいです。
普通は、短冊餅を2個しか食べませんが、豆腐餅にすると、5個くらい平気で食べてしまいます。
食べ過ぎてしまうので、年に2~3回で我慢しております。

この回答へのお礼

ありがとうございました。

参考に
http://www.nhk.or.jp/gatten/archives/P20091216.h …

この回答へのお礼

ありがとうございました。

きな粉餅やごま餅は、茹でた餅がいいです。

茹でた餅に納豆をまぶすのは、美味しくて
飽きがこなくていいです。

餅を1個や2個茹でるのは面倒なので、
器に入れた餅にかぶるくらいの水を入れて
電子レンジで加熱するのが早いです。

この回答へのお礼

茹でるようにします。ありがとうございました。

きな粉等は水気のあるものに付着しやすいので
ゆでた方がいいと思います^^

ゆでた方がいいお餅の種類
・あんこ
・砂糖醤油

は絶品ですよ~^^

この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

こんにちは。

きなこ餅を作る時は、焼いた後さっとお湯にくぐらせてからきなこをまぶしています。
ごま餅は申し訳ありません、作った事がないのでわからないです。

お餅は茹でると溶けてしまいそうで、一から茹でる事はあまりしないです。
お雑煮やお善哉に入れる時も、先に焼いてから入れています。

参考になりますかどうか・・・

この回答へのお礼

焼いてお湯につけるのですね。ありがとうございます。参考になりました。

このQ&Aは役に立ちましたか?2 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピへのコメントで10人に1人に500円分のギフト券プレゼント!(先着2000名様)

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」で指定のオーダー3件にコメントした方先着2000名様の10人に1人にギフト券をプレゼント!
フジテレビ出身のフリーアナウンサー長谷川豊氏の質問にも回答受付中!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集

料理レシピ検索
入力例) おでん -  栗ごはん -  かぼちゃプリン
主食: パスタ -  パン -   -  うどん -  そば
野菜: 白菜 -  大根 -  にんじん
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ10月23日
ヘルシーレシピ お悩み別に取りたい栄養分と食品をご紹介。おいしく栄養が取れるヘルシーなレシピも大集合。カラダの中からキレイ!な食生活を目指しましょう。
季節野菜レシピ10月23日
季節野菜レシピ野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか。旬の野菜から色々な料理が作れて毎日でも飽きずに食べられるレシピです。
旬の魚レシピ10月23日
旬の魚レシピ食べごろのお魚や貝類を200%楽しみましょう。旬の魚貝を使って、バリエーション豊かなメニューにトライ!