いとこ(40歳代)の四十九日があるのですが、出席できません。
違う日にお参りすることは、できるでしょうか?
できるならそれは四十九日の前後どちらがいいでしょうか?
またその際お供えとして何を持っていけばいいでしょうか。
お金?それともお花、果物とかでしょうか
お金ならいくら包めばいいでしょうか。お葬式は一万円包みました。
服装は喪服ですか?
すいません。常識がなくて。よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

従弟の方の満中陰(49日)法要に出席できないということですが、


まず、施主さんに出席できない理由を述べ、早めに出席できない旨を伝えましょう。
最近は簡略化されつつありますが、通常は仏事の後にお斎(とき)といって、会食みたいなものがセットされます。(本来、おときまでで仏事です)
会場や人数の予約の関係もありますので、早めに連絡してください。
また、別の日にでもお参りなさいたいお気持ちがあるわけですから、相手の都合を聞いて、御伺いなさればよいでしょう。葬儀後は何かと忙しく、相手の都合に合わせる配慮が必要です。
また、49日法要に合わせて、お納骨をなさる場合も多いですので、納骨後の場合には、ご自宅のお内仏(仏壇)お参りさせていただけばよろしいのであります。
仏事は、単に施主1人がその費用負担をするものではなく、親族が負担しあうものですから、お伺いするときには必ず「御仏前」を持参し(あなたの年齢にもよりますが所帯をお持ちでしたら1万円程度。または、親族間で調整)、また、服装を気にするよりも、お参りさせていただくための法具として念珠(数珠)を持参し、お参りさせていただきましょう。
法要に出席されるのでなければ、地味な平服の方がよろしいと思います。
合掌  @坊さん
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
かたちより気持ちが大事なんだとあらためて思いました。

お礼日時:2001/05/06 11:02

四十九日忌の法事は身内と近い親族で行いますので、正式な案内状(あるいは電話)がなければ出席不要です。

案内を受けて出席出来ないとき(及び案内はないが気持ちを表したい時)は事情説明の手紙に、5千ー1万の現金を法事用ののし袋に入れ、現金書留として、法事の当日までに届ければいいでしょう。のし袋の表書きは
ご仏前です。

相手が近くであれば法事の前後にお参りすればいいわけですが、服装は平服でかまいません。この場合、お包みだけで、お花も果物も不要です。

法事は宗教や地域によって決まった習慣があるので、出来ればご両親、ご親戚に
相談する方がよいでしょう。この種の相談は恥ずかしいことではありません。法事の全てに通じているのはお坊さんと老人だけですから。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
少し賢くなりました。

お礼日時:2001/05/06 10:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ