いつもお世話になっています。
父の死をきっかけに般若心経と出会い,意味はよく分からないながらも,懸命に暗記し,やっと空で唱えることができるようになりました。自分のために覚えたんですが,父のためにも唱えてあげようかと思ったところ,過去の回答の中に,「霊は般若心経を嫌う」というのが散見され,もしそうなら父も嫌がるのではと心配です。どう思いますか?

A 回答 (4件)

私も般若心経を空で唱えています。


般若心経は亡くなった方の魂を安らがせ、また残された方々の心に安らぎを与えるものだと思います。
宗教とかそういうのではなく、なくなった方への慈しみの思いが言葉として流れ出るような、そう思って唱えております。
>「霊は般若心経を嫌う」
これは、お寺の方に伺ったのですが、「霊をなだめる」そうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 皆様,ありがとうございます。よく見ると,般若心経の中に答えが書いてあるようですね。「是大神呪,是大明呪,・・・能除一切苦 真実不虚故 ・・・(=これは最高の呪文であり,一切の苦しみを取り除いてくれる。決して嘘偽りではない)」
 このようなありがたいお経が霊に嫌われるはずはないと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/11/29 17:03

そんなことは絶対にありません。



怪しげな呪い師のような人ではなく、まともなお坊さんのお話をお聞きになられることをお勧めします。
まともな宗教家は、決して「おどろおどろしい」話はしないものです。
とりあえず、↓の本をお読みになってみてはいかがでしょうか。
松原泰道師の「般若心経入門」(祥伝社)です。般若心経がどういうお経であるかが、解りやすく書かれています。
他にも般若心経についての解説書はたくさん出ています。

心を込めて般若心経をお唱えして下さい。必ずお父様のお心に通じるものと私は信じます。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/html/9976533381. …
    • good
    • 0

般若心経に連想されるものは西遊記であります。


中国で実在の高僧、三蔵法師が修行に向かう途中に出会った修行僧に教えられた悪霊除けの経と解説してある本もあるので霊が般若心経を嫌うという誤解と思います。
日本の仏教界で異宗派間でも合読できる経は般若心経と観音経(法華経の一部)と言われて最も唱える機会の多いものです。
仏教界では中心的な存在の経文です、亡父のためにも貴方自身のためにも心の余裕があるとき何時何処でも唱えて心の安らぎを得ることです。
    • good
    • 0

お葬式でも、三回忌・七回忌といった仏事でも、般若心経を聞いたことがある気がします。


「霊は般若心経を嫌う」ということはないと思います。

過去の回答というのは、ひょっとしたら、「悪霊は般若心経を嫌う」という趣旨ではないですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ