私には“年賀状だけの付き合い”の人が結構多くいます。
お互いに退職後、卒業後、結婚だの、出産だの、子育てだの、親の介護だの、仕事だの、離婚だの・・・・
とにかく!私生活の方が忙しく、全く音信不通になってしまった友達です。
年賀状だけの付き合いも良いもの!と思いますが、もう接点もないし、何年も音信不通だから・・・

実は、2002年が喪中だったのです。
それがきっかけで、2003年の1月に届かなくなった友人もいます。
また、遅れて(私の年賀状が届いたことで、出すのを忘れたことに気がついた人)届いた友人もいます。
前年、喪中だと、次年、出すのを忘れ易いとは思いますが、年賀状だけの付き合いをやめる良い?
きっかけ!にもなり易いとも思います。
前者は少し、淋しい気持ちもしますが、皆さんは“年賀状だけの付き合いをやめる時”どうしますか?

*届いても出さない!一方的に無視!
(私、個人は非常に淋しく感じます。)
*元日に届くようには出さず、届いたら出して・・・を毎年繰り返す。
(私、個人はこの行動によって、さりげなく感じていただき、やめていく方向にもっていきたいのです。)

ちなみに元旦・3日・4日?あたりは、昨年投函した物で、5日以降が新年になってから投函したもの
だと思います。(場所・消印にもよりますが・・・)

A 回答 (3件)

あまり深く考えず、自分が付き合いを続けてもいいと思える人とは年賀状のやり取りを続ければいいし、本当に付き合いが薄くてどうでもいい(と言っては失礼ですが)と思える人とは自然消滅…でいいのでは。



私はあくまでも事務的に、前年度・前々年度の実績から、送る人とそうでない人とを割り出した上で賀状制作をしています。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

アドバイスいただき、どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/12/03 13:32

同じようなことを考えている人は多いはずです。

思い切って実行あるのみですよ。

実は私も年々減らして来たもののまだかなりの数があり、今年は思い切って次ぎの作戦を実行中です。

1.常に会っているような友人知人には廃止。Eカードに切り替える旨すでに通告済み。ほぼ100%の人が待ってましたと賛成してくれました。デジカメの力作を見て欲しいから俺は送るという人が一人いましたが・・
2.絶対に送りたい人には年末に発送。
3.それ以外には出さない。相手から届いたら年明けに送る。

これで義理賀状の大半は整理できるでしょう。初年度が無理でも二年目には成功する筈です。試してみてください。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答いただき、どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/12/03 13:33

別に年賀状の付き合いを止めたいと思っているわけではないのですが、CHOCOreikoさんと同様に、私も年末は何かと忙しいので、年明けてから、ゆっくりと時間をかけて、大きめのグリーティングカードにたっぷりを近況など書いて、届いた年賀状の返事を出しています。



でも、確かに年賀状の数は減ってきたかなぁ。というか、e-cardが増えてきましたよね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答いただき、どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/12/03 13:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 我々にとってのあの花は、実は沖縄では供花だった!?

    今年のお盆の予定は決まっているだろうか。多くの方にとって帰省の機会であると同時に、一年の数少ないお墓参りの機会でもあると思う。普段手入れをしていないお墓参りは、意外と物入りである。掃除用品やお線香、ろ...

  • これさえ抑えておけば安心!喪服選びの3つのポイント

    ブラックフォーマルと言われる礼服の中の喪服は、他の衣服と異なり、なかなか大きな買い物である。またそれを着ていく場所には、そこでしか会わないような人々も多く、喪服による第一印象は、その人のイメージに大き...

  • 葬儀だけでなくお墓も多様化!コインロッカー式納骨堂とは!?

    葬儀の小規模化、所謂「家族葬」が増加する中で、様々な葬儀の形が昨今現れている。それに関連するように葬儀後のお墓の問題も変化しつつある。お墓を継承してもそれを後世まできちんと管理できるか不安であったり、...

  • 葬儀で余った香典は誰のもの?

    冠婚葬祭は人生の一大イベント。だが、親戚一同が集まり、多額のお金がかかるだけあって、家族の思わぬ側面が見えてしまうこともある。 「教えて!goo」でも「葬儀で余ったお金」という質問があった。長年の闘病の...

  • 家族葬が普及することによって恩恵をうける人達とは?

    お金をかけない葬儀、親しい者だけで慎ましやかに執り行う葬儀が、近年増加している。また葬儀社も、そうした「小規模な葬儀」パッケージプランを多くしている。一方で葬儀とは、故人にとって一世一代のイベントであ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ