法律や条約の名称には正式名称がやたら長いものが見受けられます。
それらの正式名称が長い共通の理由がもしあるとしたら教えてください。
逆に言うと短いとどのような不都合が生じるのでしょうか?

A 回答 (4件)

「なんで長いか」についてはしたのか田方がおっしゃられてる通りなのですが、「カタカナ(外来語など)が含まれてはいけない」ということはありません。



例をあげればいわゆる「ストーカー規制法」は
         ↓
「ストーカー行為等の規制等に関する法律」
となっております。

要するに「それによってはっきりそのものを定義できること」が条件となっているようです。

(って言うかストーカー行為ってストーキングって言った方がよい気がするのは私だけ?)

この回答への補足

みなさん、丁寧に説明してくださりありがとうございました。
ちゃんとした理由があると分かって、
疑問が解消しました。

補足日時:2001/05/10 19:37
    • good
    • 0

参考URLにご質問に関連のある、「名前の長い法律」という記事が有ります。


(「名は体を表す」と言う言葉があるが、法律においては、通称はともかく、正式名称としては、その法律の内容を正確に表したものにすべきだ、という考えは、もっともなものであると思う。)と書かれています。

ある程度は、やむを得ないと思います。

参考URL:http://ha2.seikyou.ne.jp/home/kusu/n980216.htm
    • good
    • 0

法律とかはある一定の範囲を示すことや言葉の定義が必要なために,簡単に略してしまうと,なにをどのように規制,または,拘束しないか国民がわからなくなりますので,長く表示になってしまうと思います.先の回答の例でもでも「グリ-ン**」といっておられますが,単にグリ-ンだけではなにのグリ-ンか、色の規制か.木の規制かいろいろあって判断つきませんね.その法律ができてからは「グリ-ン購入法」ではわかりますね.また他に似た法律もありうるでしょうから,単に略することもできないと思います。

 
    • good
    • 0

仕事上少し耳に挟んだもので…。



国が定める法律などの正式名称には、
「カタカナ(外来語など)が含まれてはいけない」
と聞いたことがあります。

どんな取り決め(例えば、○○法××条)で、
そうなっているかは分かりませんが…。
ちょっとかじったものではこんなのがありました。

・国等による環境物品等の調達の推進に関する法律
  ↓
・グリーン購入法
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ