GENTOSのライトSG-355Bを自転車用として購入し、エネループ対応なのでエネループを使っているのですが、エネループ対応とはどういう意味でしょうか?
過放電させないよう電池の電圧が1個あたり0.9V程度になったら自動的にライトが消灯するのでしょうか?それとも過放電の際、電池から発生するガスが抜ける機構になっているのでしょうか?
わかる方回答お願いします。

A 回答 (3件)

こちらのサイトを見れば理解できるでしょう。

SG-305についての記事ですが SG-355でも同様だと思います。
http://monta.moe.in/wp/2010/12-07/23-59_820
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/01 11:38

エネループ電池は1本の電圧が1.2v。

(因みにニッカド電池も同様)
マンガン電池/アルカリ電池等は1.5vでエネループに比べ0.3v低いです。

この為、電圧の低い1.2vのエネループ電池を入れても
仕様通りの明るさで動作する(点灯)するという事です。
    • good
    • 0

 エネループ(充電電池)使用で法律の定める明るさ(白色又は淡黄色で、夜間、前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度を有する前照灯)を確保できているって意味だけです。

過放電防止などはありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ