退屈している人に差し入れする本をさがしています。
ジャンルは問いませんが、条件は文庫本であること。(重くても新書サイズまで)

時代小説なら剣豪がでてくるものよりも、市井の人が主人公の話。
現代ものなら、あまりスーパーマンな人やエキセントリックな人が主要登場人物でないものの方が合うみたいです。
他には明治から昭和にかけての人物評伝やエッセイ、習俗や歴史、民俗学、芸術などの分野の新書もよく読んでいました。

一日中本を読んでいるので、買っても買ってもなかなか追いつきません。
ネタ切れになってきたので、みなさまよろしくお願いします。

おもしろかったと言っていたのは、ざっと思い出すだけでも
高田郁、宮部みゆき、藤堂志津子、田辺聖子、宇江佐真理全般
氷室冴子「クララ白書」
ジーン・ウェブスター「あしながおじさん」
辛永清「安閑園の食卓」
ピーター・トレメイン「修道女フィデルマ」シリーズ
有川浩「図書館戦争」シリーズ
河原敏明「昭和天皇の妹君」
ドロシー・ギルマン「ミセス・ポリファックス」シリーズ
斎藤由香「猛女とよばれた淑女」
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「ダークホルムの闇の君」

以下は数冊読んで、続きは買わなくてもいい、と言っていたものです。
ジェフリー・ディーヴァー「ボーン・コレクター」
和田はつ子「料理人季蔵捕物控」シリーズ
ダイアン・デヴィッドソン「クッキング・ママ」シリーズ
東川篤哉「謎解きはディナーのあとで」
藤沢周平、司馬遼太郎、森見登美彦、東野圭吾全般

A 回答 (8件)

京極夏彦の京極堂シリーズはどうですか?



とにかく長く、読むのにも気合いのいる小説です。
文庫版なら数冊に分かれているので持ち運びもしやすいかと…。

図書館戦争が好きなら初期作の自衛隊3部作もオススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
有川浩の文庫は全部読んでしまったんです。
植物図鑑とか県庁おもてなし課とかが、早く文庫化されるといいんですが。

お礼日時:2012/02/10 16:06

あしながおじさんが面白いなら、赤毛のアン はいかがでしょう。

第1巻は有名な孤児のアンがマニラに引きとられるところ、アンの青春以降、巻ごとに人生が進み、アンが恋愛して、就職、結婚、出産を経て、アンの子供たちが出征して帰還するまでの半生を描いた作品です。

ローマ人の物語 大作ですが、歴史物が好きなら合うかも。
SFが挙がっていないので、
ハインライン の 夏への扉
田中芳樹 の 銀河英雄伝説
アイザック・アジモフ の ファウンデーション(銀河帝国の興亡) と 宇宙の小石
あたりはいかがでしょう。
いずれも、スーパーマンのようなヒーローが出るのではなく、いかにもいそうな人たちが作り出すエピソードの作品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アンブックスは好きなのですが、村岡花子訳の初版を読んでいる人なので、最近の完訳のものを持って行くのもいいかもしれませんね。
SFは読んでいるのを見たことがないかもしれません。
一度すすめてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/10 15:19

高橋克彦『広目屋完四郎』シリーズ


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4087473880.h …

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062761696.h …

今野敏『隠蔽捜査』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101321531.h …

池波正太郎『鬼平犯科帳』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

広目屋完四郎シリーズはこの間さしいれました。
おもしろかったようです。
妖怪アパートと今野敏は読んだことがあるか、聞いてみようとおもいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/10 14:49

レベッカ


大地
アラバマ物語
チボー家の人々
楡家の人々
ジャン・クリストフ
風と共に去りぬ
南総里見八犬伝
源氏物語
平家物語
オデッサ・ファイル
西遊妖猿伝(まんが)
ゴルゴ13シリーズ(まんが)
あしたのジョー(まんが)
アタックNO1(まんが)
パイド・パイパー
日本沈没
馬の首風雲録
新明解国語辞典第四版
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北杜夫さんは好きなようです。
かつての文学少女なので、古典も一通り読んでいるようですが、最近は訳もいろいろでているので、あらためてすすめてみるのもいいかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/10 14:41

>時代小説なら剣豪がでてくるものよりも、市井の人が主人公の話。


激しく同意です!

ライトノベル系でも、「特別な人」ではない人がメインの話もありますので、入れてみました。
・「ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ」(青木祐子・集英社コバルト文庫)
・「神様が用意してくれた場所シリーズ」(矢崎在美・ソフトバンククリエイティブGA文庫)
・「ぶたぶたシリーズ」(矢崎在美)
・「七人の敵がいる」(加納朋子・集英社)
・越谷オサムさんの作品
・「凍りのくじら」(辻村深月・講談社文庫)
・「黄金の王白銀の王」(沢村凛・角川文庫)
・「天山の巫女ソニン」(菅野雪虫・講談社ノベルス)
・「花競べ  向嶋なずな屋繁盛記」(朝井まかて・講談社文庫)
・「御書物同心日記」全3巻(出久根達郎・講談社文庫)
・「リンバロストの少女」(ジーン・ポーター)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

黄金の王白銀の王とか、御書物同心とか、リンバロストとか、私も好きです。
花競べとかもおもしろそうですね。
すすめてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/10 14:20

吉村昭著『羆嵐』『漂流』『ニコライ遭難』『海の祭礼』。

新田次郎著『怒る富士』。絲山明子著『沖で待つ』。『パークライフ』。丸山健二著『夏の流れ』。山田詠美著『風味絶佳』。なかにし礼著『長崎ぶらぶら節』。菊池寛著『入れ札』。佐藤雅美著『大君の通貨』。鈴木輝一郎著『国書偽造』。ジュンパ・ラヒリ著『停電の夜に』。山本周五郎著『赤ひげ診療譚』。池井戸潤著『空飛ぶタイヤ』。杉本苑子著『滝沢馬琴』。綱淵謙錠著『極』。棟方志功著『板極道』。武田百合子著『富士日記』。熊谷達也著『邂逅の森』。小林照幸著『完本 毒蛇』。飯塚訓著『墜落遺体』。鳴海風著『美しき魔方陣』。プイグ著『蜘蛛女のキス』。松田権六著『漆の話』。吉野裕子著『蛇』。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あまりすすめたことのないものがあがってうれしいです。
やはり同時代を生きた人の作品は読みやすいようなので、杉本苑子とか武田百合子とかいいかもしれません。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/10 14:14

最近読んだもので面白かったのは



「オリンピックの身代金」奥田英朗
東京オリンピック開催前夜の東京を舞台にした、一種のノスタルジー小説としても楽しめるサスペンスものです。

「モダンタイムス」伊坂幸太郎
主人公はかぎりなく恐妻家に近い愛妻家のSEです。
登場人物のセリフも地の文もいちいち気が利いていて読ませます。


小説以外では、ナンシー関がお薦めです。
特に面白いのは「信仰の現場」「記憶スケッチアカデミー」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ナンシー関は私も読んだことがありませんでした。
おもしろそうなので買ってみようと思います。

お礼日時:2012/02/10 14:08

村上 春樹と、村上 龍 と 山川 健一 は 何故ないのですか、それぞれ、面白いですよ。



ウイリアム、アイリッシュ もしくは、 ウィールリッチアイリッシュ 同じ作家です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
村上春樹は個人的にもうひとつなので、まったく考えにいれていませんでした。
何冊か人気のあるものを買おうと思います。

お礼日時:2012/02/10 14:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ