水理地質学に出てくる用語ですが、日本語だと何と訳せばいいのか分かりません。どなたか詳しい方教えて下さい。あと、用語の意味も教えて頂けると幸いです。
seepage verocity
soil water (root) zone
moisture content
fluid pressure
pressure head
volumetric moisture content
cone of depression
capture zone
plume
potentiometric surface
hydrauric gradient
hydraulic conductivity

A 回答 (1件)

とりあえず、わかる範囲で。


アメリカの井戸などの文献かな?

seepage verocity 地下水の「漏出速度」 seepageは「漏出」

soil water (root) zone root zone は植物の根が生えている範囲で「根圏」soil water は土層中に含まれる水

moisture content  「水分量」

fluid pressure  流体圧 このばあいは「地下水圧」でしょうか。

pressure head  被圧された地下水面の鉛直方向の位置のこと。英語そのまま使うことが多いので、日本語でなんというかすぐに思いつきません。
volumetric moisture content  
「体積水分量」
cone of depression 井戸の地下水汲上げで井戸に向かって地下水が動き、井戸に向かって下がる動水勾配が生じます。この動水勾配で作られたコーン状の地下水面の形状のこと。画像検索するとイメージできます。ちょっと日本語でどう言うのか申し訳ありませんが知りません。
capture zone  「(井戸の)集水域」河川で言うところの「流域」ですね。これも日本語でどう言うかは自信ありません。

plume 「上昇流」

potentiometric surface  「等水圧面」

hydrauric gradient  hydraulicですよね。地下水面の流動方向への傾斜のことで「動水勾配」

hydraulic conductivity 「透水係数」

できれば水文学、水理学の教科書などで確認してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうです、アメリカの水理学についてのテキストです。
調べてみてもあまり見つけられまかったので助かりました!

お礼日時:2012/02/05 13:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 梅雨の時期、思いがけず涼しい日があるのはなぜ?

    6月に入り、今年も梅雨のシーズンが近づいてきた。梅雨というと、不快な蒸し暑さをイメージしがちだが、時折おどろくほど寒い日がやってくることも。こうした安定しない天気が続くと、体調を崩してしまう人もいるだ...

  • 異常気象の2015年……気になる梅雨の傾向を専門家が解説!

    季節は初夏。しかしながら、5月としては異例の台風接近や真夏日の観測など、異常ともいえる天候に戸惑いを隠せない人も多いだろう。 筆者も「今からこんな不安定な状態では、梅雨になったら一体どうなるの……?」と不...

  • 春の嵐って何?注意すべきことは?

    本日、鹿児島県・徳之島では、50年に一度の記録的な大雨が降っている。関東にもその活発な雨雲が広がっており、今年一番の大雨の恐れがあり、「春の嵐」がやってくると予報がでた。 つい先日まで寒い日が続き、少し...

  • 記録的な大雪、そして大雨。2014年、日本の天気を振り返る!

    今年もまた各地で大雨などによる災害に見舞われた。「8月に西日本を中心に記録的な多雨・日照不足、また、7月30日から8月26日にかけては各地で大雨が発生」(気象庁)。そこで、今年の異常気象とも思える天気について...

  • 11月、日本に台風が上陸しない理由を気象予報士が解説

    今年は大型台風の被害が目立った年だったが、さらに11月に入っても台風20号が発生し、その影響が心配された。そこで今年上陸・接近した台風の印象や特徴を皆どう思っているのか、「おしトピ by 教えて!goo」で聞い...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ