リンナイ給湯器'RUF-2006SAW'ですが、なにもしない状態でもかなりの量の水が浴槽に入ってきます。

注湯電磁弁'HEV-103A'内のパッキン?(プラスチックとゴム)のプラスチック部分に亀裂がありこれが原因だと思われます。

リンナイに連絡したのですが、「修理に14000円位必要、部品のみの販売はしていません」との回答

ねじ4本で簡単に交換できるので、部品のみを購入し自分で交換したいのですが

どなたか、注湯電磁弁だけを販売して下さる会社をご紹介して頂けないでしょうか?

(できれば消耗品であるパッキンだけを購入できればよいのですが...)

たぶん電磁弁だけの値段だと4000円位ではないでしょうか?

よろしくお願いします。

追伸

応急処置として、この電磁弁入口に13用水栓パッキンを入れ止水しました

これにより自動湯はり機能のみ使用不可になっている様です。

A 回答 (4件)

どうも調べてもリンナイ製見たいですね



 聞けそうな所は下記、・・・後はOEM出荷先他のガス給湯器メーカで部品で売ってないか確認する位ですね。但し自分で型番とかは調べて下さい。知り合いにガス修理会社などあれば内緒で取り寄せしてもらう・・・

http://www.time-eng.co.jp/products/example.html

この回答への補足

製造会社がわかりました、SAGInoMIYAという所で連絡してみました
が特殊な契約なので販売できないとの事でした。
その後も連絡していますが、パロマ事件以後どこも修理はしておらず
メーカーに依頼しているそうです。

補足日時:2012/03/28 19:04
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nekonynan様

わざわざ調べて下さったんですね、恐れ入ります
今度、連絡し結果報告します、ありがとうございました^^

お礼日時:2012/03/27 18:52

メーカーに修理を依頼すると、見に来るだけで交通費 確か¥5、000請求され修理代金も高いです。


お住まいの周辺に給湯器の取り付け修理業者が居ると思います。
電話帳等に沢山掲示されています。

私はこのこの様な業者に依頼しています。
無料で見に来てくれ安いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

私も電話帳で調べ5件ほど連絡してみましたが、部品だけと伝えると
すべて断られました><

お礼日時:2012/03/27 18:21

ねじ4本で簡単に交換できるので




ならば、取り出して部品に書いてある型番など調べる。直接部品メーカへ聞けば販売代理店を教えてくれます。偶に有るのが、リンナイ専用部品で売れないのでリンナイへと言われた時は、どうせ汎用品なので同じような形状の型番聞いて自己責任で入れておけば良い。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

型番は「HEV-103A」と書かれていました、入力電圧はDC90V
これで検索したのですがヒットしなかったので質問させて頂きました
部品メーカーというのが分からないですよね~

お礼日時:2012/03/27 11:28

私も同社の湯沸かし器で簡単に修理できそうな箇所(電池を入れる部分)が故障しましたので、当初は部品の取り寄せで自力修理を試みたのですが、残念ながら部品のみ売ってくれる業者が無く、訪問修理を受ける事にしました。



その際に、リンナイと地元所管のガス会社での訪問修理代金を調べたところ、1000円程度の差額があり、ガス会社で修理する方が安かったので、そちらで頼む事にしました。

メーカーやガス会社としては、儲けだけでなく、万一の事も考えて、専門家の修理を促すのだと解釈しております。

仮に、一旦は自力修理で上手くいったとしても、不具合が起きて修理不能になれば、結局出費が嵩む可能性もあるでしょう。

そういった意味も含めまして、業者に修理を頼んだほうが無難ではないかと思う次第です。

先程も書きました様に、メーカーよりも所管ガス会社での修理が安くなる可能性もありますので、一度最寄りの担当店(か、ガス会社の修理担当)に問い合わせてみては如何でしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

もうすこし捜してみます^^

ちなみに「自動湯はり」はガス料金が高くなる?様で
ほとんど使用したことがないそうです。

お礼日時:2012/03/27 11:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ