時事問題とは言えないのですが、むかし気になったので質問します。なんで今日本は北朝鮮と国交正常化しようとしているのでしょうか?する理由が見あたらないと思うのですが。
誰かお答えをよろしくお願いします。

A 回答 (10件)

私には日本が本気で国交正常化しようと考えているとは思えません。


北朝鮮側も日本と国交正常化しようなどの意識はないに等しいと思います。
北朝鮮はこんな近くの日本は相手にせずアメリカとの交渉に力を入れ始めました。
北朝鮮としてはアメリカと国交を結べばアメリカの下にいる日本とも国交を結べると考えているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

「なぜ今か」って部分については、北朝鮮側の変化がきっかけでしょう。



武力の行使や圧力による外交が(直接的には)出来ない日本としては、話し合い+経済力による外交に多くを頼らざるを得ないのですが、これまでは、北朝鮮側が話し合いを拒否してきたため、有効な外交が行えずにいました。

北朝鮮が積極外交策を打ち出し、日本がそれに応えたということは、国防上の問題や、その他、北朝鮮がらみの様々な問題を解決する糸口を見出したということであり、評価できることだと思います。
    • good
    • 0

北朝鮮との国交正常化を唱える前に日本政府は、他にやる事が山積している筈(財政赤字・赤字国債・教育改革・経済対策・失業問題・税制改革・行政改革・金融問題等)。


アホのヤクザ(きな臭い関係が多い人物で以前から噂が多いのも事実)の代表みたいな森首相(自民)及び自己の金銭欲に駆られた自由民主党(連立を組んだ党も同様)政治屋連中には、もともと政治的手敏さは無い故、北朝鮮相手に交渉など出来る筈が無い。変に言動をせず、何もしない方が未だ益し!要は、政治屋が歴史的自己の名を残そうとするスタンドプレイにしかない!中国と国交を正常化(結局は、民から徴収した税金から膨大な経済資金援助)した金欲者でもあり犯罪者でもある「田中角栄」、戦後平和条約に沖縄を分離容認(結果は、米軍基地温存と税金から米軍に資金援助)した偽善者で売国奴「吉田 茂」、その延長線上で生まれた日米安保条約に「不核三原則」と言う奇麗事を作り裏工作(実際は核有り)をした「岸 信介」と「佐藤 栄作」兄弟等いずれも自民党政治屋ばかり。こんな歴史的背景に有る政治団体にいる政治屋達が、交渉するなど世界の政治は甘くない。日本のやり方は、全て金銭が絡んだ手法を使っており、交渉力や政策案等は微塵も無いのが事実。

今回の北朝鮮国交正常化案も、先に行われた当事者同士による南北首脳会談から、北側の軟化により、フット沸いた期待感のみで、確固たる信念、政策、理念等有るわけが無い。お題目は日朝国交正常化は、何時も「世界平和に寄与する」、「アジア平和に寄与する」等と言明するが、世界各国が日本に何ら期待もしていないし、重視していない。いずれにしても、将来も自民党が存続し、日朝国交正常化の調印をするとなると、必ず金銭絡みで解決しようとする筈。無脳者団体には、政策論法では到底無理であるが、冗談だが、税金を使わず自民党など含めた政治屋と官僚の給与だけやれば良い(夢又夢だが・・)。

要は、政治屋のマスターベーションとスタンドプレー!
動くな!森!金銭欲に駆られた連中ども! 
    • good
    • 0

戦略的外交と考えてみて下さい。

まず、国交を正常化し、北朝鮮国民に自国の状況を認識させる。正常国交を行うのは日本でなくともいいのです。(一応)民主国家が相手であるならば。そして北朝鮮の国民に他国の情報を流し込み、いかに自国が異常な国であるかを認識させる下地を作ると考えられないでしょうか。当然、政府当局は情報操作を行うでしょうし、にわかに人民が他国の現実を認識するとは思えません。が、その下地ができあがったとき、狂信国家をささえる国民はある程度減少するのでは?極東地域の資本主義国家の大半は、軍事力では北朝鮮を恐れる理由はありません。怖いのは、狂信的な民兵によるテロ・ゲリラ活動であると、私個人は考えます。国民がついてこなくなった、あるいはその恐れのある独裁国家は脆いものです。あの、「イメルダ夫人」の亭主が失脚したのはなぜだったでしょう?
 ただ、今の外務省の戦略を感じることのできない無節操な対外援助体質が心配ですけど。
    • good
    • 0

どうもojaruさんは国交イコール自国の利益と考えているように思えますが、国家は商売屋ではありません。


もちろん外交に於いて自国の利益を考えるのは当然ですがそれのみで外交を行うことは出来ません。
外交カードとよく言われますが自国の安全やその他多数の状況をふまえて現在の国交が行われています。
そのカードの一つに他の方が仰ってるように(その比喩が正しいかどうか分かりませんが)相手国が極限にまで追いつめられて「ガキや酔っぱらい」のように
暴走しないことというのも含まれています。

ちなみに私個人の意見ですが「外交ぼけ」と言う前に
国民の「政治音痴」「平和ぼけ」を認識することが必要だと思います。
私の知る範囲では日本は「国際平和」を提唱しそれを実現する努力をしています。そのために目先だけだと
軟化した外交のように思えるかもしれません。
    • good
    • 0

現実的には「ピストル」を持っているだけで(もしくはそう思わせるだけで)影響力が増します。

たとえばロシアなんて自分で原潜の始末もつけられないのにいまだ5大国の一つです。ライフルを持ったよぼよぼ老人のようなものですか。

北朝鮮との違いは、まだ理性があるところでしょうか。そりゃ管理はいいかげんですが、とりあえず「どちらが先に撃ってもヤバイ事になる」という認識はあります。核抑止力です。

それに対して北朝鮮はガキか酔っ払いが鉄砲のような物を隠し持っているような状態といえるでしょう。冷静に考えれば、日本か韓国に致命傷を与える事ができても自称保安官アメリカの圧倒的な力の前に勝てるはずはありません。しかし、それでも撃ってくるかもしれないという不安があります。

アメリカは「鉄砲をこちらに渡した方がよっぽど特だぞー」なだめすかして、それを取り上げようという作戦でしょう。たしかにこれも一つの手ですよね。ただ、それにかかる費用は日本や韓国が出せといわれてるわけですが。

北朝鮮のやり方って、なんだかベルサイユ条約後のナチスドイツのやり方に似てる気がします。それなりの条件も無しで支援するにはちょっと怖いです。

逆に言うと、防弾チョッキ(TMD?)があればもっと強いこと言えるのでしょう。完成まで程遠いようですが。
    • good
    • 0

「国際社会」てのは西部劇に出てくるような西部の田舎町程度の秩序しかない状態なのではないかな、と思います。



自称保安官のような人物はいても、その自称保安官も含めて客観的なルールに基づいて行動する人物はいない。力のある人間がとりあえず発言力がある。ここそこで小さい争いは絶えない。

一般兵器を刃物でたとえると、核兵器はピストルや大砲といった所でしょうか。その上で西部との違いは、刃物による喧嘩はよくあるが、さすがに飛び道具はやばいよ、と自粛の雰囲気があるくらいか。

日本としてはピストルも大砲も持っている自称保安官の一人アメリカとつるんでいるため、酔っ払いとは言えナイフしか持たない程度の国であれば、いくら隣に住んでいようとも別段仲良くする必要もないでしょう。昔大喧嘩して武器の取得を放棄した(本当は刃物も放棄したはずなんだけど)日本とはいえ、今では立派な日本刀(自衛隊)を持っています。

ただし相手がピストルを持っているかもしれないとすると状況が変わってきます。ギャグマンガよろしく「ま、仲良くやりましょう!」とてを差し伸べるしかないでしょう。つるんでる他の仲間もそうしろとせっついてくるし。

このように喩えてみると、日本の外交の先見性のなさが良くわかります。相手との付き合い方はもっと他にもありそうなのに、自称保安官一人にべったりで隣近所との付き合いはあんまり良くないし。あ、集団自衛もやっちゃいけなかったっけ。

バカ正直でも不誠実でもやっていけない、難しい社会ではありますが、渡っていけるのでしょうか、日本は。

最後に
将来のビジョンとしては武器の放棄は正しいと思うのです。ただ周りが西部劇のような状況ではあまり現実的ではないです。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
わかりやすく喩えて書いていただいたのに私の理解力不足でよくわかってないかもしれませんが、「ピストル」を持ってる相手には媚び諂わざるを得ないという事でしょうか?でも私も「武器の放棄」が現実社会にそぐわない点では同じ見解です。

補足日時:2000/09/03 02:29
    • good
    • 0

 他人と仲良くするのに理由がいるんですか?(笑)


 北朝鮮と仲良くしようとしているのは別に国家ではないんです。世論なんですよ。
 別に日本政府は北朝鮮と仲良くする理由なんかありません。でも、「このまま喧嘩を続けます」なんて国民に対して国が言ったら政府の支持率はどうなります? また、そんなことを日本が堂々と言っていると北朝鮮が知ったら、北朝鮮軍の矛先はどこに向かうと思いますか?
 一応、口先だけでもいいから「近い将来仲良くします」と言っておかなきゃいけないんです。
 口先だけである証拠に、会談なんか、てんで口喧嘩でしょう?

この回答への補足

回答ありがとうございました。
他人と仲良くするのには理由があると思います。外交として取り扱うなら日本の国益のためだけに行うのが普通ではないのでしょうか?

補足日時:2000/09/03 02:25
    • good
    • 0

韓国と国交を樹立するときに朝鮮半島における唯一の国家と表記したこと


北朝鮮といった反民主主義国家の脅威が消えることによって韓国、日本内にある米軍に対して疑問が生じる。
上記によって米国の基幹産業でもある軍需産業が衰退し、米国の景気が下降することによって日本国内の経済に悪影響をもたらす可能性が在る為。
先の対戦の謝罪および補償を求めている点に関して、謝罪をすると中国等に謝罪をしていないので、北朝鮮一国のみに謝罪をすることができない。
最後に日本の政治家は昔より外交音痴であるから。
以上、無機質な文章で申し訳在りません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
「外交音痴」には賛同できます。

補足日時:2000/09/03 02:21
    • good
    • 0

極東有事、いや日本周域有事などに関しての問題等色々なことがあると思います。


国交があれば情報などを得る方法が増えますし会談の席を設け安くもなります。なるべくコミュニケーションを増やして緊張緩和につとめたいというのがあるのではないでしょうか?
。国交をメリット。デメリットで考えていると分かりにくいかもしれません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
国交というのは自国の国益を第一にして考えると思うのですが・・。緊張緩和につとめたいというだけで国交回復すべきなんでしょうか?

補足日時:2000/09/03 00:02
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ