お願いします!続き
 Then the priests recited prayers to purify Kumar and the other boys who were sitting quietly in a row next to the fire altar.The boys dropped butter and small animal and human figurines made of wheat flour into the sacred fire.The priests sprinkled purified water over the heads of each boy,and then carefully draped the sacred cotton thread over their left shoulders,around their bodies,and under their right arms.This sacred thread was a symbol of the boys' second birth as Brahmin students.(Kshatriya and Vaishya boys could also receive the sacred thread,but they had to wait until they were older.)
 After receiving the sacred thread,Kumar and his friends moved into the house of a learned priest who tutored them for several yearr.A student's life was very hard.Students collected firewood for fire sacrifices and everyday cooking,helped build fire altars,and learned to make the sacred fire.Most of the time,they memorized the Vedas,carefully pronouncing each sound exactly right to call the deities to sacrifices.
 Many young boys were not as lucky as Kumar,or even as lucky as the Shudras,the peasants.The Vedic peoples did not have nice things to say about the Dasa,a group of people who spoke a different language that did not sound at all like Sanskrit.
 The Dasa had probably lived in the region for hundreds of years.Their ancestors in the Indus Valley were the Harappans who had named the rivers and mountains,and had built the cities that now lay abandoned.Although at first the Rig Vedic culture seemed to sweep over the northern plains,many eaqlier traditions of the Harappans lived on and reemerged in later times.

A 回答 (1件)

それから、拝火壇の隣に列を作って静かに座っていたクマールや他の少年たちを清めるために、聖職者は祈りを唱えました。

少年たちは、バターと小麦粉でできた小動物と人間の小立像を神聖な火の中に落としました。聖職者は清められた水を各々の少年の頭に振りかけ、それから、注意深く神聖な木綿糸を彼らの左肩越しから、彼らの胴体の周囲、そして、彼らの右腕の下へと巻きつけました。この神聖な糸は、バラモン学生としての男子の2回目の出生の象徴でした。(クシャトリヤとバイシャの少年もまた神聖な糸を授かることができましたが、もっと大きくなるまで、彼らは待たなければなりませんでした。)
神聖な糸を授かった後、クマールと彼の友人たちは、数年間彼らを教える学識のある聖職者の家へ引っ越しました。学生の生活は、非常に苛酷でした。学生は火の捧げものと日常的な料理のために薪を集め、拝火壇造りを手伝い、神聖な火を起こすことを学びました。ほとんどの時間、彼らはベーダを暗誦し、捧げものに神をお呼びするのに正にふさわしい様に慎重に各々の音を発音しました。
多くの幼い男の子は、クマールほど幸運ではありませんでしたし、シュードラ(農民)ほどにさえ幸運ではありませんでした。ベーダ語を使う民族は、まったくサンスクリット語のように聞こえない異なる言語を話した一団の人々であるダーサについて語るのにふさわしいものを持っていませんでした。
ダーサは、おそらく何百年もの間その地域に住んでいた様です。インダス渓谷の彼らの先祖は、川や山を名付け、今は打ち捨てられている都市を建設したハラッパの人々でした。最初、リグベーダの文化が北部の平野を席巻するように思われましたが、ハラッパの人々の多くの初期の伝統は生き続けて後世になって再び現れました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2012/05/29 18:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ