曽野綾子さんの本だったと思うのですが、或る男が神様に「貴方は何時も私と一緒に居てくれる、と言ったのに、あの私が苦しかった時に私の足跡は一人分しかなかったではないか?」と問い詰めると、神様は「あの時は私が貴方をおんぶしていたのだよ」と答えた、という話が載っている本は何というタイトルだったでしょうか、覚えている方、教えてください。

A 回答 (2件)

こんにちは。

  

曽野綾子さんの『老いの才覚』に出ていたくだりです。

ブラジルの詩人アデマール・デ・バロス「神われらと共に」からの引用だったと記憶しています。

http://members2.jcom.home.ne.jp/mikao-world/n13. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速に有難うございました。
私は曽野綾子さんの大のファンなのですが、この本をどこかに紛失してしまい、
新しく買い直そうかと思っているのです。

お礼日時:2012/07/09 15:05

2010年に刊行されたエッセイ集「老いの才覚」に記載されていたはずです。



アデマール・デ・バロスの詩、「神われらと共に(浜辺の足跡)」からの引用ですね。

KKベストセラーズ ON LINE
http://www.kk-bestsellers.com/cgi-bin/detail.cgi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお教え有難うございました。

お礼日時:2012/07/09 15:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ