陸上男子400メートル予選で、両足義足、というか、どう見ても、これは足なんかではなく、軽量カーボン制の強化バネとでもいうべき代物ですが、南アフリカの選手、準決勝に進出?びっくりしてしまいました。
こんな人がどうしてオリンピックに参加できるのですか?
こんなもの、認めてしまったら、何でも有りの、サイボーグ五輪になってしまうでしょう?
科学技術の研究・進歩・発展…により、生まれながらの人間の足より、科学的且つ人工的に、明らかに有利に、製作できてしまうでしょう、足を。
靴を履くことも、しなくて済みますし、裸足ではないので、痛みも感ずること、当然ないでしょう。
ドーピング検査が厳しさを増していますが、それ以前の問題というか、風邪薬を飲んだが故に、ドーピングにひっかかり、失格したという選手、これじゃ納得できないでしょう、多分。
メダル獲得で莫大な報奨金と人生保証が約束され、そのことを国家政策として行う、例えば、北朝鮮や中国…、これらの国々、運動能力の長けた子供たちを選出し、この子供たちの両足を切断した上で、この強化カーボン制の"義足"なるものを装着して、特殊猛訓練を重ねて、オリンピックに送り込む、これ可能になってしまうでしょう。
何故こんなことを認めるのですか?認めたのですか?
この南アフリカの、オスカー・ピストリウスという選手、この人個人には、何の責任も罪もありはしませんが、パラリンピックへの参加で、いいでしょう。
こんなこと、認めてしまう、許される、どう考えても、おかしいでしょう、と思うのですが、何故こんなことになってしまったのですか?
事情、経緯、等々、情報お持ちの方、是非とも教えてください。
将来のオリンピックの姿が心配です。

A 回答 (5件)

私はそうは思いません。


足のある人が、何らかの強化装置なる物を装着ならば、問題だと思いますが、いくら質が向上しているとはいえ、やはり本来、自分自身の足ではない器具装着は、健常者より不利だと思います。
どんな素材であれ、義足とゆうのが、普通に歩くのさえ、かなりの訓練が必要。
それを、速く走る行為とゆうのは、一年・二年でできるような事ではないし、ましてや「オリンピック」で、健常者と同等に競えるのは、彼の才能と努力あっての事だと思いますが?それに、おかしな分析をしているのもありますが、常識的にまだ、器具装着で、その機能のおかげで、有利に走れるとゆう所にまで、技術は先進していません。
技術が、そのレヴェルまで達している場合、参加はできないでしょう。
わが身体じゃない物を、使いこなす事の難しさを理解するのは、余程、想像力が無いと…。義足は大変な負担がかかります。
何十年後かは「パラリンピック」の選手が、(ウサイン・ボルト)の記録を抜くのでしょうか?
そおなると、ドーピングをやって、メダルをとり七・八年後に死ぬか、メダルはとらず長生きするか?
選手に訊くと、ほぼ全員、メダルをとり死ぬ方を選ぶそうです。
ですから、義足で速くなれるなら「オリンピック」選手は、みんな、わざと足を、タタッ切る選手が溢れて「オリンピック」も「パラリンピック」もなくなりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですから、この南アフリカのオスカー・ピストリウスという一個人のことで、質問したのではないのです。
教えてほしい質問内容を、今一度よく読んでいただければ、解ると思いますのですが。
これを認めてしまったら、こうなってしまう可能性も予想されるのに、何故こんなことを認めてしまったのか?その理由はどこにあるのか?
その前に、これ、義足ですか?偽足では?膝から下のあれを見た人の相当多くは、直感的に、違和感を感じたと思います、正直。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/08 19:05

でも義足って時点で健常者より劣ってますよね



義足で走る事がいかに大変なことか…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
走る為に科学して造られた"義足"で、普段の生活で使用している義足ではありません。
義足ではなく、"義足"ですので、速く走るのは大変ではなく、逆に大変速く走れる、要するに偽足です。
人の足に限りなく近づけたリアルな普段の生活用義足を装着し、靴を履いての参加ではありませんので。

お礼日時:2012/08/05 16:47

彼はパラリンピックにも出て金メダルとってますね 前回



でも義足でも健常者以上に早く走れると主張 紆余曲折を経てオリンピックの出場が認められました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「義足でも」ではなく、「"義足"だから」こそ、健常者以上に早く走れる、のが実態でしょう、と思いますが。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/05 09:22

そうですね,バネが強力になって武器になりますね。

自分の足で戦ってる他の選手に不公平かも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この南アフリカの選手が準決勝に進出したその同日、同じ男子400メートルにエントリーしていたコロンビアの選手がドーピング事前検査で資格停止処分となり、予選への出場すらできなかったそうです。
テストステロンの陽性反応がでたとの理由らしいですが、この義足と称する軽量カーボンファイバー装置の方が、よっぽどテストステロンより、人工的に有利性をもたらし、明らかに公正さを欠くと思いますが。
これ、どうなっているのでしょうか。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/05 09:19

私も疑問でした!


パラリンピックなら納得出来ますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このカーボンファイバー製装置を装着すると、生身の人の足より負荷エネルギーが軽減され、省エネ走行が可能、との分析結果もあるそうです。
どこの、誰が、どのような理由で、出場を認めたのでしょうか。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/05 09:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • メダルをかむのはなぜ?おいしいの?

    連日連夜メディアをにぎわせているロンドンオリンピック。栄光のメダルを獲得した選手は大写しで満面の笑み。そしてメダルをかじるポーズ。私たちがかじりつくのはテレビになりますが、ところで、なぜメダルをかむの...

  • 既婚者なのに恋をしてしまった時の対処法

    最近、世間を賑わしている「不倫」。だが、パートナー以外の異性に心を奪われてしまった人たちも、最初はやり場のない恋心とどう折り合いをつけるべきか悩んでいたのかもしれない。「教えて!goo」に「既婚者だけど...

  • 孤独死を防ぐために、一人一人が今できること

    先日、「教えて!goo」で「孤独死って怖いですか?」という記事を配信した。ここではさまざまな意見が交わされたが、出来ることなら最期を迎えるまで、誰かとともに過ごしたいと願うのはごく自然な感情なのではない...

  • せきらら女子会:第83話「ご近所トラブル?」

    恋愛、結婚、お金、夜の営み...いろんなことに対して、赤裸々にトークする女の子達のお話。考え方の違う4人が、今日も居酒屋に集まります。

  • ゲーム業界ダンナ観察日記:第70話「空想企画は楽しい」

    ダンナ様のねむねむ。奥様のとぽすけ。ごく普通のふたりは、ごく普通の結婚をし、だらだらと夫婦生活を送っていました。でもただひとつ違っていたのは、ダンナ様はゲーム会社勤務だったのです。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ