キシリトール入りのガムの一部には
甘味料としてキシリトール以外にも
L-フェニルアラニン化合物やアスパルテームといった
食品添加物が添加されているものがあります。
このようなガムは「歯には良いが身体には悪い」と思うのですがどうなのでしょうか?

A 回答 (6件)

キシリトールはいうならばお砂糖の仲間ですが、体に吸収されませんのでカロリーがありません。

人間はカロリーとして利用できないのです。また、虫歯菌がこれを体内に取り込むと、その生育や歯への接着を阻害することが知られています。L-フェニルアラニン化合物とはアスパルテームのことですが、ただのアミノ酸が二つついたものです。人間に必須ですので、大量に摂取しなければ大丈夫ですよ。フェニルケトン尿症についてついて言及されている方もいますが、フェニルアラニンが分解できな胃病気なので当然です。お医者さんからいわれるはずです。保存料に関してはある程度覚悟しないといけませんね。これはどの保存食にもつきまとう問題ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
例えごく少量の摂取であっても
消化管内での他の添加物との化学反応まで考えると
"安全である"とは言えないと思うんです。
「安全か危険か」1か0かで言うと"危険"ですよね。

保存料についてはある程度覚悟しつつも
食品表示はきちんと見て本当に必要最低限の摂取に留めたいと思います。

お礼日時:2001/05/27 06:04

前回参考URLでもふれていますが、キシリトールの働きである唾液の分泌の促進は、再石灰化し出したものを硬くする効果であって、再石灰化を促進はしません。


キシリトールガムの中には、再石灰化を促進するものをプラスしたものが出てきました。これらについては今月中ぐらいにはコメントできるぐらいのデーターが出てくるでしょうが今のところノーコメントです。
あと、ririnonoさんがふれていた、安息香酸ナトリウムは
歯槽膿漏を進行させることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>キシリトールの働きである唾液の分泌の促進は、再石灰化し出したものを硬くする効果であって、再石灰化を促進はしません。
>キシリトールガムの中には、再石灰化を促進するものをプラスしたものが出てきました

また言葉が足りなかったでしょうか(^^;
私が下記でキシリトールは再石灰化を促進すると言っているのはこの製品のことです。
今後この製品が主流になって行くと思うのでこのタイプのキシリトールしか頭にありませんでした(^^:

結果的にやはり多くの(添加物含有の)キシリトールガムは"歯に良いが身体には悪い"のではないでしょうか?

お礼日時:2001/05/18 01:00

以前、生協系で食品関連の仕事をしていた者です。



キシリトールには、カロリーがかなりある(砂糖の75%)ので、
出来るだけカロリーOFFにしようと、
アスパルテーム(砂糖の200倍の人口甘味料)等を
各社好んで使う傾向にあるようです。
数の売れないものは、大手メーカーは作りませんものね。

アスパルテームとは、アスパラギン酸とフェニルアラニンの
2つのアミノ酸とメチルアルコールを結合して出来ています。
アスパルテームは腐敗するので、
安息香酸ナトリウムという保存料(毒性が強い)を
一緒に使うことが多く、この方がよっぽど問題だと思いますが。

ジケトピペラジン(アスパルテームが水に溶けたもの)は、
胎児に影響あり、脳腫瘍も。
フェニルケトン尿症の子は脳障害になると通達も。
脳神経異常・発ガン性・ポリープ発生・目に奇形・
生殖障害・体重減少・血液異常、、、等々も言われてます。
しかし一方では「問題ないだろう」との声もあるのは確かです。

参考URLでは「食べてはいけない」食品添加物が見れます。
食品添加物については、個人個人の意見がかなり違いますので、
良し悪しについてはどれがベストかお答えがむずかしいですが、
「心配だったら出来るだけ摂取しない」に限るでしょう。
ガムに限らず、同様に「健康に良い」とうたっていて、
食品添加物は??という商品がたくさんありますよ。
今回は、素直に歯磨きを頑張った方がよいでしょう!

参考URL:http://fish.miracle.ne.jp/ois/tenka.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ガムに限らず、同様に「健康に良い」とうたっていて、
>食品添加物は??という商品がたくさんあります
まったくその通りですよね、一部の効果にだけ注目して全体としては"身体に悪い"食べ物になってしまっている…
カロリーには気を配るのに添加物には無関心な人って多いですね、何故でしょう。

やはり、キシリトール以外に危険な食品添加物を添加しているものは買わないことにします。
少しすっきりしました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/17 04:35

キシリトール自体にはフッ素と違い


再石灰加効果はありません。
誤解されてるかたが非常に多いとこです。
しいていえば、唾液を多く出させることで、
歯を硬くする作用を引き出すことはありますが、
唾液を多く出すのはなにもキシリトールでなくてもいいわけで、やはり「歯にやさしい」程度でしょう。
詳しくは下記URLで!!

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000326.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の書き方が悪かったでしょうか、
言いたかったのはキシリトールは「唾液のはたらき=唾液のもつ再石灰化作用」を促進させることで
結果として何もしないよりは"歯に良い"のではということです。
歯にやさしいのはもちろんですが、
明らかにプラスの効果があることはやはり"歯に良い"のではないでしょうか。

お礼日時:2001/05/17 04:29

私も一言。


キシリトールは他の甘味料よりは歯にやさしいですが、
「歯に良い」わけではありません。
そういう意味では、健康補助食品となっている
リOルOンOのほうがまだ近いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キシリトールは歯のエナメル質の再石灰化を増進する
(正確には唾液による再石灰化の促進)という「歯に良い」効果があると思うのですが、違いますでしょうか?

○ト○デ○トは知識不足で詳しいことはわかりません、すみませんですm(__)m

お礼日時:2001/05/16 05:52

体に悪いかどうかは、いまだに判っていません。

(専門家意見は害なしだったかな?)
ただし、消化されないため、摂取量や体質によってはお腹の調子が悪くなります。
(これが害だと言えばそうですが、一時的なものです。)
添加物・化合物を摂取しないようにするのは、日常の食生活においてはほとんど無理ですので、本当に有害なものを摂取しないようにとどめるだけで良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アスパルテームにはフェニルケトン尿症の患者や妊婦が摂取するとけいれんや知能障害(胎児に)といった明確な害があると読んだことがあります。
L-フェニルアラニンについては詳しくわかりませんが。

添加物は他の食品に含まれる別種の添加物との消化管内での化学反応などは考慮されていませんし、やはり害のあるものだと私は思っています。

キシリトールガムはどうなんでしょうか?

因みに私はアスパルテーム・ソルビトールなどの甘味料が含まれているものは食品表示を見て決して買いません。
食・グルメといったものにまったく興味がないからできることかも知れませんね(^^;
安全でまずい食べ物と・おいしいけど添加物の入っているものなら前者をとりますし。

お礼日時:2001/05/16 05:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

料理レシピ検索
入力例) BBQ -  弁当 -  作り置き
主食: パスタ -  パン -   -  うどん -  そば
野菜: 白菜 -  大根 -  にんじん
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ
ヘルシーレシピお悩み別に取りたい栄養分と食品をご紹介。おいしく栄養が取れるヘルシーなレシピも大集合。カラダの中からキレイ!な食生活を目指しましょう。
季節野菜レシピ
季節野菜レシピ野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか?旬の野菜を毎日でも飽きずに食べられるレシピです。
旬の魚レシピ
旬の魚レシピ食べごろのお魚や貝類を200%楽しみましょう。旬の魚貝を使って、バリエーション豊かなメニューにトライ!

カテゴリ