質問

カテゴリが合っているか分からないのですが、質問させて頂きます。
1週間程前に、LLビーンのビーンズブーツを購入しました。
天気のいい日に試履したあと、別の日に街歩き及びハイキングをしました。
天気は小雨だったのですが、脱いでみるとなんと両足ともに浸水して、靴下が濡れていました。
ビーンズブーツは防水性が完璧と聞いていたのでショックです。
ネットでは同様のクレームは見たことがないので、たまたま私の注文品が欠陥だったのだと思います。

靴下は、親指と小指の側面(靴と当たる所)が両足ともに濡れていました。靴の形状と靴下の濡れた場所から考察して、きっと足底とゴムの部分の間にスキマがあり、浸水したのでは?と考えています。

そこで、浸水しないブーツを手に入れるためにはどうしたらベストか、教えてください。
1.本社に返品して新品との交換に応じてもらう
→アメリカから個人輸入で購入。また購入から日が浅いが何万歩も歩き使用感がある。無料で応じてくれるでしょうか。

2.修理に出す(ミスターミニット的な所)

3.自分で直す
→最悪これで直そうと思っています。なにか透明で伸縮性のあるパテを接合部にぐるりと塗り込めばどうにかなるかなと…。

どれがベストかアドバイスお願いします。1万円近くする靴がこれでは納得いかないのです…。

通報する

回答 (3件)

こんにちわ

自分は砂浜を2時間くらい流木を集めに行ったときに

靴を脱いでみたら靴下がぐっしょりと濡れていました。

ラバーでできているので、むれて、そうなったと考えられます。

しかし台風で、ブーツの上部近くまでの水位のところを少し歩いた時には

明らかに水が浸水してくる感じがしました。 実際右足がとくにはげしかったです。

まぁそんな事まで想定して作っていないのでしょうから、仕方ありませんが、


翌日ブーツの中に水を入れて検証してみたところ、やはりかかと部分のアルファベットのAみたいなところの糸の隙間からと靴ひもを結ぶ一番下の部分の糸の隙間からわき水のように漏れていました。

購入時と一度目の浸水後にミンクオイルを塗って対処していましたが、塗りきれていない箇所からのようでした。

なので、水の中を歩くなら長靴が一番ですので、ブーツが完全につからない程度の水場での仕様では問題ないと思います。

糸の部分には再度ミンクオイルを塗り、ドライヤーで温めながら完全に隙間を埋めて対策していきたいと思います。

また自分のもそうですが、左右でも漏れ方に差があったので、個体差もあると思います。

 隙間から浸水した確率はゼロではないですので、靴の中に水を入れて(ゴム部分より下に限る)みれば確認はできると思います。でも、使用状況から考えると、汗でぬれたとするNO1さんの意見が正しい方に1票。解説もno1さんのとおり。一応補足しますと・・・
 さらに汗でぬれたことを確認するなら、ゴム長靴で同じ天候の日に同じルートを試してみればよいです。足首はビーンブーツ同様縛るか、つめものをするかして、中の湿気がビーンブーツ同様程度に抜けづらくした上で、です。ビーンブーツで登れる山ですから整備され、ガレ場などない基本土のゆるやかな登山道ですよね?(危険があるようなら試せませんが)
 きっとほぼ同じ部分が濡れるだけでなく、もっとあちこち濡れると思います。(ビーンブーツは上のほうは革ですから透湿します。)足首部分を縛らなければそこからある程度は湿気は抜けますが、ゴムは完全防水ですので水蒸気が通りませんからね。

 ビーンブーツは100年以上の歴史がありますので、(現在も)防水はゴムをメインにしています。(上のほうは革ですけど)どろどろの湿地帯ですと汗よりは、どろで濡れる可能性が高い&開発当時は当然防水性能をもちながら透湿性能をもつような素材はありませんでしたから、何を優先するかを考えた設計として、下回り、かなり高い部分まではゴムを使うという選択をした靴なわけです。

 一方、登山靴は汗で濡れないようゴアテックスのような防水性能をもちながら透湿性能をもつような素材を使っているものが多いし、そうでないモデルも、泥の中ばかり歩くことは想定しないので、防水よりも透湿をメインに考えているものが多いので、高い部分までゴムでぐるっと覆うようなモデルはあまりありませんね。(それでも普通の靴よりは高い位置までゴムがありますけどね。)

 ですので、ビーンブーツって現代で使うのであれば、足場の悪い雨の日キャンプなんかがベストな使用条件だと思います。運動量少なめで、外部の水分量が多いようなケースです。街でも使えますが長時間歩くような場合はあまり向かないと思います。

それは不良ではなく、かいた汗が靴の内側で結露して水滴となり靴下を濡らしたのでしょう?

そもそもビーンブーツは、ハイキングや登山で履く事を想定して作られていません。
ビーンブーツは鴨猟などで履く靴として造られました。
沼地や湿地帯の泥濘んだ場所で履く靴ですので、登山には全くと言って適しません。
ソールの厚さも薄く、靴底のパターンも山道には適しません。

ですので、メーカーにクレームを入れても無駄です。
登山で使いたいなら、他の靴に替えて下さい。
登山用具専門店で、どの様な山に登りたいか店員に告げれば、それに対応した登山靴の候補を何点か選んでくれますので、その中から自分の足にしっくりくるサイズの登山靴を選んでください。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

この回答への補足

結露の可能性は低いと思っていました。
なぜなら、街歩き程度の汗で結露するくらいなら、猟でもびしょびしょになると思っていたからです。
しかし、気温が低かったからたくさん結露したのかも…気温5~10度の地域で履いてました。LLビーンが気温何度の猟を想定してるか知らないですけど。

本当に浸水か確かめるべく、水を張った洗面器にでも漬けてみます。

このQ&Aは役に立ちましたか?1 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

野外遊びを楽しもう!アウトドア入門

初心者でも山登りってできますか?何から準備すればいいの?アウトドアに関する知識をご紹介!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集