6年前に中古一軒家を購入したのですが、築47年という事もあって、
今回リフォームとローンの借り換えを検討しています。

銀行への事前審査は通過したのですが、本審査の際に団信加入がNGとなってしまい
ローン契約ができませんでした。

実は、生まれつき先天性の心臓疾患を患っており、
1歳の時に根治手術にて病気自体は治りました。
その後は一切病院にかかることもなく、投薬も一切無く過ごしておりました。
(6年前の住宅ローンを組む際は、この事実を告知した上で通っています)

しかしながら3年前(2009年6月)に胸に違和感を覚え、久しぶりに
病院にかかりましたら、年齢とともに不整脈が若干出ていると診断され、
検査入院を致しました。
その結果、血圧を下げる薬を以後飲むように診断されました。

今回落ちたローンの際は、この投薬の事実を告知に書いたのですが
おそらくこれが原因で落ちたものだと思われます。
(銀行の担当者も、おそらくそうだ、と申しておりました)

また銀行の審査を受ける上で、リフォームの見積は必要ですので
同時並行でリフォームの打ち合わせも進めており、
「ローンが通らない場合は無条件解約できる」という条件付きで
話しを進めています。

もちろん団信NGの場合ローン契約できないのは納得しましたが
噂されている東南海大地震の事や、現在高めの金利で借りている
既存の住宅ローンの事などを考えるとやはりあきらめきれません。
また、年齢が30歳ですので、35年で借りるとなると、
年齢的にも今がベストだと思っています。
また、フラット35を使えば団信は任意という事も知りました。
(ただし、万一の際に残された家族の事を考えると、加入しない訳にはいきません。
銀行の団信は保証会社にひも付いて固定されているそうですが、
フラット35の場合だと自分で選択できる、という事が分かりました)


皆様にお聞きしたいのは

・保険会社が変われば、団信の判断も変わる可能性があるか?
・この状況で何か他の方法があるか?

皆様どうぞ宜しくお願い致します。

(基本情報)
地域:大阪
年齢:30歳
年収:550万
借入希望額:3,200万(内1,400万は既存ローンの返済)

A 回答 (4件)

当方がローンを借りた時の経験です。



中古住宅+土地の購入のために、住宅ローンを借りようと、銀行と打ち合わせをしました。
その時に、健康状態の問い合わせがあり、当方、通院履歴があることを申し出ました。
すると、銀行の担当者が
「団信で落ちる可能性がある。」
と言いました。

「何とかならないのか?」
「ここで借りられないなら、メインバンクを移して他を当たる」
と少々キツイ言葉を言いました。
正直に言って、どうしても購入したかったので、もしメインバンクの変更で借りられるなら、そのくらいのことはするつもりでした。

すると、支店長が現れ、次の提案が出てきました。
・まずは、医師から診断書をもらってきて欲しい。
・その診断書を提出して、仮に、団信がダメだったら、支店長が本店にかけあう。
 ただし、現在加入している生命保険を担保にしてもらう必要がある。
・それでもダメなら、支店長決済で何とかする。
 ただし、金利は、一般の住宅ローンよりも高くなる。
 (つまり、住宅ローン扱いにはならないということです。)

結果的には、診断書を提出し、団信が通ったので、住宅ローンを借りることが出来ました。

上記のように、団信が通らなくても、銀行側としては、何種類か対応策があるようです。
全部の銀行で、このように配慮してくれるかは、わかりませんが。
銀行の担当者に聞いてみてはいかがでしょうか?

あと、医師から診断書をもらうときに、
「住宅ローンを組みたいのですが、ダメでしょうか?」
と医師に正直に聞いてみました。
すると、
「できるだけ配慮して書いておきます。」
「無論、嘘は書けないので、あくまで行間での配慮ですよ。」
と言ってくれました。しかし、
「最近は、高血圧や、高脂血症などでもローンを組めない人もいるから、あなたの場合どうなるかはわかりませんよ。」
とも言われました。

医師も結構、この手の相談には慣れているようでしたので、質問者さんも、医師にも相談してみてはいかがですか?
何か良い方法を知っているかもしれません。

参考になれば。
    • good
    • 4

不動産業者です


フラット35は使えませんよ、借り換えとリフォームの併用商品はありませんし、築年数が古く融資対象物件から外れます。
お書きになられている病状ですと、保険会社に依らず団信加入はむずかしいと思います。
まず今回はあきらめて、現在の投薬治療が完治してから改めてお考えになり、その時は新築を計画されては?
どの様な建物かわからずに失礼ですが築40年を越えたリフォームに1800万かけても根本的な耐震性や地盤の問題など解消出来るか?疑問です。耐震診断をしての補強工事をしても、震度5強~6程度の地震で倒壊して圧死する可能性は少ないという事で、地震後もそのまま住めるという事を保証する訳ではありませんから。
    • good
    • 4

団信が通らないということは、仮にフラットでローンが組めたとしても


ご主人に万が一のことがあれば、ローンの支払いは止まり・・・
家は差し押さえられます

ご主人が、ローン完済時まで健康に問題なく収入の減少もないことが保障されない限り
このローンは地獄行としか言いようがないと思います

年収550万とは手取りですか?
税込みなら、このローンは論外でしょう
頭金なしで、諸費用もローンでしょうか?

>・保険会社が変われば、団信の判断も変わる可能性があるか?

ないでしょう?

>・この状況で何か他の方法があるか?

奥さん一人の収入でローンを組む
他に手は無いでしょう

フラットで団信が任意でも、保険料は自腹ですよ?
生命保険を充てる手もありますが、今からは引き受けるところは無いでしょう

単純に考えれば、ご主人の信用でローンを組むことは選択肢から外すべきだと思います
    • good
    • 2

お答えします。


>・保険会社が変われば、団信の判断も変わる可能性があるか?
可能性は無いです。諦めて下さい。

>・この状況で何か他の方法があるか?
お金を借りてリフォームなら、ご想像通り「フラット35を使う」ですね。何かあったら「家無し」
それか任意売却し、賃貸生活。

>病院にかかりましたら、年齢とともに不整脈が若干出ていると診断され、
>検査入院を致しました。
>その結果、血圧を下げる薬を以後飲むように診断されました。

体の事を考えたら「賃貸生活」がベストでは?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ