海外在住です。
2年程前にたまたま細野不二彦さんの「ギャラリーフェイク」を中古で入手しました。スピリッツ掲載時も途中までは読んでいましたが、改めて全巻通して読んでみたら大変面白く、細野さんの作品を他にも読んでみたいと思っています。日本から「電波の城」または「ダブル・フェイス」のどちらかを、まずは5冊くらい新刊で取り寄せようと思っているのですが、ネットでいろいろ評価を調べてはいるものの、どちらも面白そうでどちらにしようか悩み中です。(日本の本を入手するのは容易ではないため、たくさんは購入出来ないので・・・)
細野さん作品をたくさん読まれている方の声を参考にしたいと思います。
もし上記の2作品以外でもおすすめがあれば教えて下さい。
(ちなみに私は40代主婦、浦沢直樹さんの作品もファンです。←参考まで)

A 回答 (3件)

個人的に気に入った物をあげます。

特にスポーツ関連でも抵抗なければ、
「太郎」と「愛しのバットマン」を勧めます。あくまでも個人的ですが、
「電波の城」は水が合わなかったです。だから、その二択であれば、
「ダブルフェイス」を勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スポーツものも描いてるんですね。全く知りませんでした。本当に幅の広い作家さんですね。
しかしこちらから取り寄せ可能な通販サイト(会社から指定されていますので)には「太郎」と「愛しのバットマン」が見当たりませんでしたので、今回は「ダブルフェイス」を注文しようかと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/05 11:02

挙げられた2つの作品なら、私は電波の城がおもしろいと思います。



Androidのタブレットかスマートフォンは持っています?
海外からアクセスできるかは分からないのですが、細野さんの作品は、古い物は、一部、ガラパゴスストアなど電子書籍としても売っているので、海外からなら、その方が入手しやすいかもしれません。電子書籍ショップは他にもあるので、探されてみては?

http://galapagosstore.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!ネットで作品の評価を調べる事まではしたのですが、電子書籍は購入した事がないものですっかり忘れていました。しかし気に入ったコミックを本棚にコレクションし何度も読み返すのが趣味なので、やはり「本そのもの」が欲しいんですよね。(置き場所を考えると厳選もしたいと言う訳です・・・)
教えていただいたガラパゴスには両作品は無かったのですが、他の試し読み出来るサイトで細野作品をいろいろ読む事が出来そうです。ありがとうございます。

お礼日時:2012/10/05 11:02

あくまでも個人的な意見ということを前提でお読み頂けると幸甚です。



この作者は多種類のジャンルの作品を手がけておりますが、
非常に当たりハズレの多い作家さんです。
作品選びを慎重になさる姿勢は(状況のせいではありますが)大切だと思います。

自分が読んでみて面白かったと思った作品は、
「東京探偵団」ですね。
37314さんが挙げておられるギャラリーフェイク、ダブル・フェイス、電波の城は
どれも面白いと思います。

ただ、この作家さんはスロースターター気味なところもありますので、
電波の城などは面白さの核心に迫るまで巻数を必要とするかも知れません。
(私がこう感じただけであって、他の方は違うように感じるかも知れません)
手始めに数巻手に入れようと思うのならダブル・フェイスの方が面白く感じると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど細野さんの作品はそうなんですね!(ハズレもやはりありますか・・・)詳しい情報ありがとうございました。試し読みサイトで両作品を読みましたが「ダブルフェイス」に興味を持ちましたので、今回はこちらを注文しようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/05 11:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ