ホームセンターに売っるような1300度くらいのトーチバーナーで
ロウ付けした時の強度は
同じ物をアーク溶接したものに比べてどの程度の
強度を得られますか?
 例えばステンレスのLアングルで組んである台の
腐食している脚の部分をグラインダーで切って
新しいLアングルを継ぎ足すような場合などですが。

A 回答 (4件)

アーク溶接には劣ります。


どの程度の強度かは、使うロウ棒のパッケージに書いてあると思いますので、それを見てください。

しかし、ロウ付けは溶接のような線接合ではなく、
面接合にする場合が多いと思います。
その場合、接着強度の弱さを面積で補えますから、
やり方によっては溶接の同程度の強度が出せます。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
ロウ棒と施工方法がうまくいったとして、
エアコンの室外機を支える程度の強度はありますでしょうか?

お礼日時:2004/02/10 20:43

強度については#1さんのおっしゃるとおりですが、ステンレスを溶接する場合は普通のアーク溶接では溶接できません。



「Tig溶接」という方法で無いとダメです。
溶接機がTigに対応していても、専用のトーチ、アルゴンガスなどの準備が必要です。
    • good
    • 5

ろうづけは素人には無理です。


プロでも、差がかなり出ます。
ステンレスの脚を切って、そこにボルトで締めた方が、強度は得られます。
ステン用のドリルなら素人でも電ドルで明くでしょう。
で、ステンのボルトナットで2本(M5程度)で300kgは耐えられます。(静荷重の場合。振動が大きいようでしたら、M6)
    • good
    • 8

ホームセンターで売っている程度の バーナーで 広い部分をろう付けするのは ほとんど不可能です。

炎を当てている時は 結構 ロウが流れます(いわゆるぬれたと言うそうです)が、ある程度の面を強熱しないと うまく流れません。
また ステンが腐食するんですから ロウも 腐食は当然すると思われます。緑青を吹いて 余計に 小汚くなりますよ。
    • good
    • 14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ