質問

よろしくお願いいたします。
去年4月に主人は60歳で定年退職をしました。
定年後の職はなく、ハローワークへ行ってもなかなか仕事はありませんでした。

結果、今は年金をもらいながら、無職でうちにずっといます。
一時期、内勤でちょっとした重労働を2カ月ほどしていました。
重労働と言っても女性も同じ年配の人もいたので、そこまでの重労働では
なかったのではないかと思います。

隣の駅で朝6時から10時までの4時間働いていました。
疲れるのか、今までの管理職からまったく違った仕事についた
ことにいやだったのか、2カ月間は非常に不機嫌で、些細なことで怒ったり、
時には暴力もありました。


私は、55歳でうちで仕事をしています。もう12年続いている仕事です。

生活費は食費分が年金では足りないので、私の収入から出しています。

まだ61歳でずっと働かないでずっと家にいて、好きな小説を書いていますが、
それが、お金になるわけでもなく、とにかく家にいて、外に出るのは犬の散歩。
後は、午後は本を読みながらお昼寝です。
病気もなく健康なのに、毎日家にいて、息が詰まる思いです。

私は家で仕事をしているので、気分転換にジムへ行ったり、出かけたりしています。
が、家に帰ると、必ず主人がうちにいると思うと何だか疲れてしまいます・・・気分が。

主人ももっと、何かサークルとかジムとかに行って気分転換をすればいいのにと思う
のですが、私が言っても頑固で自分がしたいと思わないと、何もしない人です。

家にいれば、いろいろ目につき・・・というか、例えば、電球が4つあるうちの2個が
切れてしまい、うす暗くなっていても、電球を買ってとりかえようともせず。

はっきり言って私は仕事もしているし、家事もしているのに、主人はつまりは暇なのに、
電球すらつけてくれないです。

犬は主人が飼いたいと言って飼ったのにかわいがるだけで、いいとこ取りでごはんを
あげたり、お菓子をあげるのは主人で、結果、わんこは主人が1番好きです。

10年飼って獣医さんに連れて行ったのは5回くらい。
わんこが調子が悪くても獣医さんに連れていかなくて、いつも私が連れていきます。

昨日も私が仕事の後、4時頃獣医さんに連れていくからと言ったら、自分の運動のために
散歩に連れていくと。じゃ、獣医さんに連れて行ってと言ったら機嫌が悪くなり、渡した
お札をぐちゃぐちゃにして、ポケットにつっこんでいました。

6時頃帰ってきて、獣医さんへ連れて行ったのかと思ったら行かなかったと。
結局渡しが獣医さんに連れて行って、帰ってから、家の中で飼っているので、きれいに洗って、
それから、急いでお夕飯の支度。

主人は私が獣医さんへ行っている間、お風呂に入ってお夕飯を待っている。

無職で暇なのに、なんで私がここまでするのかと怒りさえ覚えます。

みなさまにご質問したいのは、定年退職をした方、または奥さま、どんな生活を
なさっていますか?

私の父は75歳まで働き、趣味も多趣味でしたし、姉の旦那さんも60歳を超えていますが、
働いて、テニスなどの趣味を持ち、お友達と飲みに行ったりしています。

うちの主人にはそれがないんです。
毎日、同じ生活の繰り返し。私は仕事で外に出ることもあります。

長文で申し訳ありませんでした。

よろしくお願いいたします。

通報する

回答 (11件中1~10件)

<生活資金対策>
リバースモーゲージという言葉をお聞きになったことはありませんか?
これには公的な貸付制度と、民間金融機関による融資があります。
通常のローンとの違いは、契約者が死亡した時点で借金を一括返済する点です。
年金だけの老後資金に不安を感じる方は、持ち家に住みながら融資を受けられるので、一つの選択肢になりうるでしょう。
ただし現在まだローンが残っているケースではどういう扱いになるのか分りません。
一度相談に行かれてみてはどうでしょうか。

都道府県の福祉協議会・・・長期生活支援資金貸付制度
民間の金融機関・・・三井住友信託銀行、スター銀行

<濡れ落ち葉対策>
ご主人は「エブリディサンデー」をどう過ごしたらいいのか当惑されているのだと思います。
またそんなご主人のどこに不満を感じるのか、あなたも的を一つに絞ってみましょう。
●自立していないために万時手の掛かるのが嫌なのか
●会話がないことが嫌なのか
●存在そのものが気に入らないのか
夫話をして解決できる問題ならば率直に協力を求めてみましょう。
これまで会社にコントロールされてきた男性は、自分の意思で時間を使うことに慣れていないということを念頭に入れて置いて下さいね。
健闘を祈ります!

あなたのご主人と同年代ですが、私はまだ働いており、経済面以外にも精神面の健康維持も兼ねる意味で働き続けたいと思っています。

周りをみますと、定年で家に引きこもってしまうと、鬱になって病院に通うようになったり、足が弱くなり自力で歩けなくなったりと、精神面や肉体的にも弊害が出て来るようですよ。

私の場合は、独り者ですが今でもきちんと朝も夜も食事を作り、昼は弁当持参です。

このような規則正しい生活が、実は心身共に健康でいられる秘訣でもあると考えています。

あなたのご主人もハローワーク、シルバーセンターへの働きかけは中断すべきではないと考えます。

私も10年程前に、設計の仕事でそれなりの収入を得ていましたが再就職で、収入激減、仕事が面白く無いと不満ばかりでしたが、10年ですっかり職場にも慣れ楽しめるようになりました。

庭に小さな畑を作り、収入激減の生活の足しにしています。

秋晴れの休日は、山に登るのも良いですよ。

勤め先も見つかっても、プライドが邪魔をすることもありますが、最初の迷いを超えれば後は楽なものです。

少しでも参考になれば良いですね。

毎日家にいて、うっとうしい・・・と言う相談かと思っていたら、
ローンが大変だから、月5万円は稼いでほしい・・・という話しだったのですね。

だっだら、旦那に主夫になってもらいましょう。
まさか料理は作れないでしょうから、買い物はじめ家計を渡してしまいましょう。
家計の大変さがわかり、稼ぐなり、節約するなり、認識が変わると思いますよ。
事務系だったら、やりやすいのではないですか。
***から飛び降りたつもりで。

私も定年になり、5年経ちました。
定年になり、妻と二人、北海道へ30日間のドライブを計画し、実行しましたが、いざ行ってみると、たくさんのキャンピングカー。
同年代の人ばかりですからすぐに打ち解けて、結局、キャンピングカーを買って、5年間毎年夏(60日ほど)は北海道で過ごしています。

その他の季節は、町内の公園の清掃です。
頼まれたわけではないので、嫌だったらやめればいいことで、気軽に続けていけます。
公園だから、年金者(国からお金をもらっているので、国家公務員と読んでいます)が三々五々寄ってきます。
仕事にならず、椅子に腰かけているだけの時もあります。

まだ、51歳の男です。自分は、高校卒業と同時に今の会社に入社し勤続30年を迎え定年退職は9年後ですかね。今年の2月に(昨年度)会社から満50歳になった全社員(特別管理職、平社員全て)がライフプラン研修なるものを受講しました。内容は、入社から50歳までの仕事の内容をグループ討議します。当然社員は営業、技術(電気、土木他)事務さまざまです。このため、営業の方はお客様と対応するためお客様を第一に考えます。しかし技術の方は100%自信のあるものを役所等に書類を提出し構造物を造ったりしますので、お客様目線になりません。(当然ですが)なので、営業と技術では赤・黒のように極端に分かれます。ただし、技術系であった方が両方に行った場合は中間になるようです。だから、貴方のご主人もこのどちらかにいた方ではありませんか。
また、この中の研修で60歳で定年を迎えるとしたらとの質問に、何らかの仕事に就きたいと言っていましたよ。自分は60歳で、定年を迎え何もしないでいようと考えていました。
 60歳で辞めてからどうするのか皆さん考えてみてくださいとの例題に回答が浮かびませんでした。
会社をやめて、、、自分は日本史が好きだったよな。織田信長、豊臣秀吉、家康、石田三成、西郷隆盛、熊本城、僕は、日本史が好きで歴史上の人物をパズルのようにつなげて記憶するのが大好きだな。こんな風に60歳までに繋げて60歳になったら旅行したい。とグループ討議で発言したところ、『大卒そう方がそういう
のって素晴らしいですね。私の先輩にもいますよ。』って応援してくれましたよ。

本題は、65歳からの年金受給についてと退職金です。
これをもらう前に、自宅のローンを早急に返済し、60歳まで500万位は貯金しておかないと無年金の65歳までの暮らしていけないことが判明したからです。(国民年金では生活できません)

貴方が、亭主の愚痴を言うのを分かります。ですが、皆さんが言われているように旦那に趣味というか散歩とかをさせるよう仕向けてみてはいかがでしょうか。私も今回の研修は有意義になったと感じています。
60歳を超えてくると色々な病気になりますし夫婦仲良くするのが1番です。
 今書いている自分も37歳で鬱を発症し現在も薬を服用しています。転勤も5か所目ですが、会社には隠して仕事をしています。
 
家内は3年前に乳がんを発症し片乳房を取りました。ともときどき喧嘩(些細)はしますが、仲良くやっていきたいと思っています。貴方も人はどうであろうと仲良くしていくのが一番だと思いますよ。
それぞれの家庭には言えない苦労を抱えている方も大勢いると思います。頑張ってください。

私は今年、60歳で会社を退職し、もう仕事はしていません。

妻は、10年前から、あなたと同じようにやりたかった仕事をはじめ
忙しく充実した毎日を送っています。
ですから、かなりうらやましい気分です。

数年前、ある婦人から、近所の退職した旦那を何人か見ると、
旦那ではなく奥さんが鬱になりかかっている、と聞いて
大笑いしたことがあります。
笑いながら、定年をまじかに控えていたので、これは
ただ事ではないぞ、と覚悟しました。

退職前から、資格を取ったり、ボランティアを漁ったりしていますが、
私も出不精で、付き合いが好きな方ではなく
本を読むのが一番の趣味です。
あなたの旦那さんと似ています。

退職してから、料理は私が分担しています。
料理は、私の趣味になりました。もう普通のレストランには
行きたくなくなるほど腕が上がってきています。
すごく頭を使うし、奥も深い。

仕事がなくなると、暇つぶしが大きな課題となりますが、
家事を担当すると、自分の精神安定に役立ちます。

会社人間は、家事の何かを自分の仕事と受け止めることができると
俄然、仕事モードで改善などの取り組みを始める可能性があります。

旦那さんは、家事はしないと決めているようですから、
何か小さなことでもやってくれれば、本当に助かった
これはあなたにはかなわない、と手を叩いてほめましょう。
怒ったふりをしてもうれしいはずです。

ゴミ出し、洗濯ものの取り入れ、買い物、毎日の家事を
いくつか担当できるようになれば、生活にリズムが出てきます。
良い循環が始まる可能性があります。

75歳までローンを抱えておられるとのこと、
あなたの仕事が順調に続くことが必須条件ですから、
何とか誉めてほめて、家事を幾つか分担してもらう動機づけ、方法を
見つけられたら、これはすごいことになります。

それだけ仕事に徹してきた人生だったのでしょう。
だからこそ、長年遊びを持てない人が持つことはそう簡単な話ではありません。
何かの仕事についたとしても、年齢的に大した仕事は貰えず、やりがいを感じられず、
何かに打ち込みたいのに打ち込めるものがないことに腹立たしく思うのです。

よくあるのがボランティアなどで、これまでの仕事を生かせることをする。
金の問題ではないんですよ。やりがいさえあれば金は二の次なんです。


旦那さんが何もしないのは、そういう習慣で生きてきたからです。
習慣はそう簡単には変えられませんよ。

旦那さんはやりがいを求めているのですから、家の中で簡単なことでいいですから
言ってやらせて「俺にもできた」というのを繰り返すしかないです。
今までだってそれをやればよかったのにやってこなかったのですから、
今からやっていくしかないですね。

回答No.2です。

ご自身にお厳しくてらっしゃるようです。

お返事の中でかなりお疲れを感じました。

時にはゆっくりして、おいしいものを食べご自身をいたわってあげてください。
私もは働きすぎていたり疲れがたまった時は相手の愚痴を言ってしまいそうですが
自分がいま本当に幸せなんだという気持ちになれば
相手が無神経であっても許してあげたくなります。

ちょっと贅沢するのは無理であっても、優しい気持ちや温かい気持ちになるのは
自分発信ですので、今をゆっくりあせらずお仕事を続け、
明るい気持ちでゆっくりされるのはいかがでしょう?

あまりご自身や周りを比較されない様、ご自愛くださいませ。

この回答へのお礼

お心使いありがとうございます。

ここのところ、仕事が忙しく、特に大事なクライアント先での
プレゼンをひかえているので、神経がピリピリしていたのかもしれません。

ですので、主人の些細なことがムカムカときていたのかもしれません。

自営ですので、時間が自由でなりそうでいて、夜中までの仕事も
当たり前となっていますので、なかなかゆっくりできないのが実情です。

私の仕事を認めて下さってクライアントになって下さる方々のためにも、
ご満足がいく仕事をしたいと思っています。

多分、頑張りすぎかもしれません。

でも好きな仕事です。

こんにちは。

私は、一昨年夏に勤務先の雇用延長制度を辞退して60歳で定年退職し、妻も今年春に60歳で定年退職してる定年退職者同士の夫婦です。

ただ、失礼ながら私の定年退職金は質問者様宅の旦那さんの定年退職金額の10倍はありますし、妻の定年退職金も8倍はもらってるようですから、その他の預金額を合わせると年金の一部を生活費に充てるだけで余裕で暮らせるようですから、お互いに干渉せず自由気ままに遊んでます。

なお、私は魚釣りが最も長い期間続いてる趣味ですが、釣り道具(紀州竿の高級品は1本50万円程度)には現役時代に400万円以上は費やしてますし、1回の釣行に1万円程度(入漁料&餌代)は掛かりますから、定年退職しても毎日のように釣り三昧という訳にはいきませんから、主に自宅の自室でアイディア商品の研究や実験をして特許や実用新案が取得出来る商品を考案してます。
(※現役時代は考案商品で勤務先に貢献してます)

妻は、何をしてるのか干渉しないので詳しくは分かりませんが、連日のように地元の友達と遊び歩いてるようで、夕刻には夕食の食材を買ってきて帰宅しますから、私は何も言いません。

ちなみに、我が家には私の実母が92歳になっても健在ですので、高齢の母親が遠距離地に出掛ける際は私達夫婦のどちらかが車で送迎したりして世話してますから、夫婦揃って好き勝手な行動はしてません。

それにしても、管理職だった旦那さんの定年退職金は安過ぎますね?

経済的理由で夫婦の愛情が冷めるのは悲しいです。

この回答へのお礼

ありがとうございます。

ご夫婦で60歳まで働かれたのですね。

主人は40歳の時に転職をしました。
退職金が低いのは、業種的にリーマンショックのあおりを受けまして、
主人の退職間際には本社ビルを売却、倒産はしませんでしたが、
ビルをかりての移転でした。
ですので、退職金を少しでももらえたのはラッキーだったのかもしれません。

私もインテリア業界で大学を出てから働いていまして、12年前に起業しました。最近は不況ということもあり、以前ほどは仕事が少なくなりました。

ですが、同じ業種の人ともう1つ考えている仕事がありますので、
多分、来年あたりから、進めていくことになると思います。

確かに、経済的理由で・・・と言いますか、組織でしか力を発揮出来ない
主人を見ていますと、もどかしさを感じます。

私としては、夫婦力を合わせて、住宅ローン
を返すというスタンスでいきたいと思っているのですが、
主人の人生をふみにじってはいけないのですね。

私は何歳になろうと働けるまで働きたいと思っています。

ずっと一緒にいて相手の性格は解ってると思うのです。

文面を見てると、貴方がどんな所が嫌なのかと同じように
貴方の事を旦那様は同じように見てると思う方が完結的な答えです。
と言う事はこの文面が貴方に対するご主人の意見です。
主人というところをご自分の名前にして読んでみてください。

答えのない出口ない御託並べる前に、

1、部屋の整理整頓をする。(いらないものを捨てる)
2、家の周りを掃除する。
3、水周りのカビが生えていないか掃除をする。
4、規則正しい生活をする。
5、友達と遊ぶ。
6、貴方が思う存分働く
(過労死でもいいじゃないですか?借金残して死ぬよりは。)

これをしたらこの事は一切解消できます。
人生笑顔が一番。どうしたいかどうなりたいかも貴方が決めてるのです。
若くても老いていても変わらないと思います。
くたくたになるまで働いて悔いのない一日を暮らしてみてください。

厳しい事を言いごめんなさい。陰ながら応援しています。

この回答へのお礼

ありがとうございます。

>主人というところをご自分の名前にして読んでみてください。

なるほど、そういう考え方、見方もありますね。


>1、部屋の整理整頓をする。(いらないものを捨てる)

これは、仕事柄(インテリア関係の仕事をしています)、常に気をつけて、機能性を考えた部屋作り、収納をしています。
出したら、しまうが基本です。
1つ買ったら1つ処分またはリサイクルに出す・・・です。


>2、家の周りを掃除する。

こちらは、毎朝、玄関まわりをお掃除をしています。時には、ご近所あたりまで。


>3、水周りのカビが生えていないか掃除をする。

こちらも仕事柄、水回りは常に乾燥を心がけています。
濡れた部分はすぐタオルで拭くなどです。

>4、規則正しい生活をする。

こちらは、仕事が忙しいと睡眠時間が短くなります。

>5、友達と遊ぶ。

ジムでのお友達とジム以外でもランチなどをまれにですが、します。
学生時代の友人はみんな遠くに住んでいるし、働いているので、近場でです。


>6、貴方が思う存分働く
(過労死でもいいじゃないですか?借金残して死ぬよりは。)

これは、もう、去年、胃潰瘍になり、うちで療養するまで頑張りました。
うちでの仕事の他に朝6時半から10時半までホテルのフロントで働いて
いました。

帰って、午後からお夕飯をはさんで、夜12時すぎまで、うちでの仕事を
していました。

さすがに疲れて、胃痛で救急車で病院へ行きました。

今はホテルのフロントの仕事はしていません。

そうですね。いつも思っていることですが、まだ55歳、これが60歳を
超えてもそう思うと思います。
これから、まだまだ出来ることやりたいこと、たくさんあります。

きっと、主人の時間の使い方が何だか、もったいなく思えたのかもしれません。
まだ、61歳なのに、もっとアクティブに動きたくないのかしらと。

ローンは大きいですけど、私が頑張ります。

結局ご主人の愚痴を聞いてもらいたいだけでしょ?あなたは。

ご質問は
>みなさまにご質問したいのは、定年退職をした方、または奥さま、どんな生活を
>なさっていますか?
うちも似たようなものです。右から左に聞き流しましょう。
ご主人は寂しいと思いますよ。ご主人にむしろ同情します。
嫌だというものを押しつけても駄目です。
管理職がブルーカラーの仕事なんかできるわけがないでしょう。
プライドが許しません。いいかげんご主人の気持ちも分かってあげなさい!
生活が何とかなっているなら今のままでいいじゃないですか。

>好きな小説を書いていますが、
小説 大いに結構じゃないですか。
>それが、お金になるわけでもなく、
結局あなたはお金が欲しいんですね。

論点を整理して質問された方が良いかと思います。

この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに愚痴です。
先の方のお礼に書きましたが、住宅ローンが大きいです。
ですので、お金は必要です。
欲しいというより、必要です。

このQ&Aは役に立ちましたか?2 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集