質問

ネットや建築辞典の類を見ても、よくわからないのですが、サイディングとALCパネル(外壁パネル)って何が違うのですか?
「ALCパネル」が総称で、そのうちの一つに「サイディング」があるのか、それとも、二つは別のものなのか・・・
大きさのバリエーションは色々あるのですか?デザイン性や機能に優劣があるのですか?

ちょっと漠然とした質問ですいませんが、よろしくお願いします。

通報する

回答 (3件)

火災に強く、断熱に優れたへーベルにも弱点はあります、塗装がはがれた後の水に弱いんですよ。
(軽石みたいなもんです、軽石に水が染込むと・・・)
メンテを怠るとせっかくのALCもだいなし。

大成建設もパルコンとか良いのがありましたよ。
(関係ないんですがパルコン Switch AXLが好きなんです)

この回答へのお礼

ありがとうございました。やはり塗装のメンテナンスが必要なんですね。

商品的な違いの回答とはズレるのですが

建物や家財の火災保険では、柱が木造の建物ですと
外壁がサイディング貼りだと一般的にC構造です。
外壁がALCやシポレックス・ヘーベルライト等の軽量
気泡コンクリート貼りだとB構造となります。

C構造に比べてB構造だと断然保険料が安いです。
つまり、サイディングに比べてALCは耐火性能が高い
ということが言えると思います。

この回答へのお礼

ありがとうございました。保険にも関わることなのですね。参考になりました。

サイディングとは外壁に張る板材の総称です。一般的に、セメントやセラミック、金属等を使った外壁材を指してます。

ALC(autoclaved lightweight concrete)パネルは軽量気泡コンクリートパネルの事です。

これくらいしか判りません。
(『イヒ』で有名な旭○成のヘー○ルパワーボードがALCなので覚えてました。)

この回答へのお礼

ありがとうございました。おかげでもやもやが解けて頭の中がすっきりしました。

このQ&Aは役に立ちましたか?16 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集