あの不気味なゴキブリやその卵を、かつて食べていた方々がいらっしゃると言うようなことをたまに聴くのですが。
どの時代にどの地方でどの様な食べ方をしていたのかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
(ゴキブリには栄養があるという話ですが・・・)

A 回答 (4件)

昆虫食は海外(アジア)で一般的で、たんぱく質の豊富な栄養食です。


繁殖、飼育が容易な低コストな食品です。以前アジアめぐり中にときどき見かけました。屋台で売ってます。(一盛りいくらで)
油いためみたいな感じです。形はそのままですが・・・
つまり、現代でも東南アジア方面では食べてます。
ごきぶりは基本的に普通の昆虫です。嫌わないで下さい。
以前近くの昆虫館で、東南アジアのゴキブリが生体展示されていた時、私がつまんで腹の裏などを観察していたところ、さっきまでいたはずの人たちが誰もいなかったのはさみしかったです。
    • good
    • 1

バラエティ番組で見ました。

中国でゴキブリ料理を食べるタレントさんを。でも台所で見かけるチャバネゴキブリのような奴らよりもしっかりとした作りの体?の昆虫で「水ゴキブリ」という一見ゲンゴロウのような水棲昆虫の種類でした。Kokaさんのおっしゃるように食用として養殖されてるって話です。
    • good
    • 0

ゴキブリは汚くない!!!!!!(`´) 確かに、ゴキブリは汚い物を食べて雑菌などを運ぶけど、決してゴキブリ本体は汚い物ではないんですよ。

http://www.afftis.or.jp/konchu/gokiburi/goki04.htm
http://www.threeweb.ad.jp/~neat/goki/01/go01.htmをご覧ください。
特に、前者の方は詳しく食用について書いてあります。後者の方はゴキちゃん写真がありますので、食事前には見ないでください。(;^_^A う~ん、ジューシーでクリスピーだ。(爆)


参考URL:http://www.afftis.or.jp/konchu/gokiburi/goki04.htm
    • good
    • 0

ちょっと質問の内容からズレますが、中国かどこかには中にゴキブリが入った棒付きの飴があるというのを何かで見たような気がします。

ただ、それに使われているのはあくまで食用としてもともと養殖されたものだったと思います。日本でその辺にいるような(笑)ゴキブリでは、いろいろなばい菌や病原菌が表皮に付いていて、まず食べられないと思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ