多島斗志之の「症例A」は読んだ事があります。
推理小説がすきで、松岡さんの千里眼シリーズ、マジシャンシリーズ、森 博嗣さん、P・コーンウェル 等は読んだ事があるのですが、カウンセリングが主軸になった推理小説がありましたら、教えて下さい。

A 回答 (2件)

こんにちは。



ディーン・クーンツの「汚辱のゲーム」はいかがでしょう?
カウンセリングを受けている人たちに起こる、恐ろしい事件の謎解きが主体のお話です。
とても面白かったですよ。

ではでは!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

探してみますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/20 16:21

ご希望の「カウンセリング」というのに当たるかは定かでないですが、ジョナサン・ケラーマンは如何でしょう。



クリニカル・サイコロジストというバックグラウンドを持ち、多彩な知識が彼の本に反映しています。

アレックス・デラウェアというサイコロジストを主人公にしたシリーズが有名です。読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

探してみますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/20 16:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ