射撃場における標的射撃が趣味というと、危ないなどと言う者が世の中には数多くいるようです。
 けれども標的射撃中の事故・事件は聞いたことが無く(狩猟は別であるが)、銃の取り扱いや射撃場におけるルールをきちんと守れば安全なはずなのに、どうしてなのでしょうか?

(事故が起きる確立から言うと、格闘技・スキー・スノーボード等のほうが危ないはず)

A 回答 (3件)

日本国内において、ライフルによる標的射撃は、戦後60年間無事故です。


危ないという人は、実際の射撃現場における危害予防や安全対策を見たことがなく、映画やテレビのイメージだけで発言しているのでしょう。標的射撃とクレー射撃・ハンティングの区別すらつかない人も多い。ニュースを書く記者も、銃というとみんな一緒に見えるようですし「銃=危険」という扱いをした方がセンセーショナルで売れますから。

ライフル射撃が、国体正式種目で、サッカーと同様にオリンピックやワールドカップが開催されているスポーツで、身体障がい者の方や視力にハンディのある方も楽しめるスポーツだ、と言うことを知っている人はどれだけいるんでしょうか。ライフル射撃部のある高校も全国にあります。

ライフル射撃協会には、もっと一般向け広報に力を入れて欲しいところです。
あるいは射撃をテーマにした青春映画やコミックを作ってヒットすれば、世間の見る目も変わると思います。
    • good
    • 0

射撃中の事故は日本では無いですが、射撃中じゃない時の事故は沢山ありますから



事故のほとんどは不注意からおきます。

弾が入ってると思ってなくて引き金引いちゃったとか色々
安全装置が掛かってると思って引き金引いたら弾が出た、というのもありますし
標的を変えに行ったら撃たれちゃったというのもあります^^
銃身を下に向けて足を撃っちゃった人もいますし

事故の確率は低いですが、致死という点では大きいですから、これほど銃は規制されてるんですよ

海外だと、そりゃもうすごい事がおきてますよー
    • good
    • 0

>銃の取り扱い


に不慣れだから危ない。と思っているんでしょう。

海外での射撃体験ツアーなどで、「銃口を覗く」「人に向ける」のは日本人が多いと聞きますし。
http://blogs.yahoo.co.jp/nandenkanden2100/309276 …

私の住んでいる町にも、射撃場(クレー射撃)はありますね。
自宅からでは遠いですが、近くに行った時にたま~に銃声が聞こえることも。
# 山肌は…ボロボロですけどね……。
事故とかは聞いたことはない…ですねぇ。当たり前ですが。

まともにルール守れないようなら射撃場は出入り禁止になるでしょうから、危ないなんてことはないと思いますけどね。
良くも悪くも銃に不慣れ…なんでしょう。
まぁ、規制が厳しいおかげもあって、乱射事件は滅多に起こりませんね。
皆無ではない辺りは仕方ありませんが…クレー射撃とかとは無縁ですよねぇ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ