バトル・オブ・ブリテンでの敗北はドイツにとって大きなターニングポイントだったと思います。この戦いでドイツが制空権を握ることが出来ていたならば、その後の歴史が大きく変わったと思います。
もし、爆撃機の直掩戦闘機がBf-109ではなく零戦だったら制空権を握ることはできたでしょうか?

A 回答 (5件)

#1の再投稿です(苦笑)



まず、零戦とはどんな戦闘機で、どんな背景で出てきた戦闘機だったのかということを考えないといけませんね。

ご存知かもしれませんが、日本海軍は零戦の前に「96式艦戦」という戦闘機を正式採用していました。
この戦闘機は当時としては速度性能は普通、武装と防弾は当時の水準、でも格闘戦性能は世界水準を大きく上回るというものでした。
      ↓
ここから日本海軍の格闘戦第一主義が生まれました。

第二次大戦中の世界の戦闘機の一般的な戦闘方法は「一撃離脱主義」と言われ、簡単に言えば高速性と上昇能力と急降下性能が求められるが、パイロットの練度はそこまでは求められないものでした。

実際、バトル・オブ・ブリテンの時でも英国は基礎的な飛行訓練を終わって、3~6ヶ月訓練飛行中隊で訓練したパイロットを実戦に投入できるレベルでした。

一方、格闘戦のできる戦闘機乗りというのは2~3年訓練しないと作れないし、(2~3年訓練しても)モノになるかどうかわからないものでした

つまり、ルフトバッフェが零戦を採用したとする「IF」は、少なくとも1938年にルフトバッフェが格闘戦主義を採用して、96式艦戦を採用しないと成り立たない「IF」なのです。

それでは格闘戦戦闘機という代物はそんなに強いか?と言われると、
「相手が格闘戦の何たるかを知らない相手であれば有効」
だけど、
「相手が格闘戦の何たるかを知ってる相手ではそれほど有効な戦法ではない」
というのが真相です。
大戦後期の日本海軍航空隊は、平均敵航空機1機を撃墜するために40機の航空機を失っていたことから考えても明らかだと思われます。
(ヘルキャットは航空戦での被撃墜数:撃墜数=1:30程度です)
一撃離脱用戦闘機として、スピットとヘルキャットではそれほど大きな差はないことを考え合わせると、
実際には零戦よりメッサーに増槽をつけたほうが使えたでしょうね。

バトル・オブ・ブリテンに興味がありのでしたら、ハヤカワ文庫の「戦闘機」(レン・デイトン)という本が多数の示唆を与えてくれると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/03/01 12:51

独空軍は陸戦直協(地上部隊への近接支援)に特化した空軍であった為、西部戦線などの電撃作戦には有効でしたが、バトル・オブ・ブリテンのような渡洋爆撃には不向きの兵力であったことが独の敗因といえます。

Bf109は優秀な機ではありましたが前述のような戦術目的での設計なので、その航続距離は英仏海峡を越えて5分もしないうちに帰投しなければならない程度のものであり、爆撃機の直掩とはいえないようなものでした。この結果として英本土上空は独爆撃機の屠殺場と化してしまいました。

対する日本海軍航空隊はというと、世界に先駆けて近代的戦略航空作戦を行える唯一の航空兵力でした。独空軍が陸戦直協の戦術空軍に特化していたのに対し日本海軍航空隊は戦爆連合の戦略空軍ともいえます。
渡洋攻爆撃といった戦略目的で設計された零戦や一式陸攻はその行動半径はBf109の5倍を誇り、まさにバトル・オブ・ブリテン向きの航空兵力であったといえます。

航続距離は問題ないとして、英空軍が誇るスピットファイアと零戦との空戦性能の差はどうだったのでしょうか。
この答えは、実戦で証明されています。

1943年、日本海軍は連合軍の反攻がオーストラリアのダーウィンを起点として開始されることを予測し1943年3~9月にかけて零戦と一式陸攻の戦爆連合によるダーウィン空襲を9回行っています。当時の豪空軍は英からスピットファイア3個中隊を譲り受け、パイロットも北アフリカ戦線の英空軍エース、コールドウェル中佐をはじめとするベテラン飛行士から編成された第一戦闘航空団があり、さらに英本土同様の高低2連のレーダー早期警戒網
が整備されていました。英本土同様の防御体制でのダーウィンでの空戦結果は、
9回の空戦で、零戦延べ機数208機のうち撃墜されたのはわずか2機、一式陸攻は101機のうち撃墜2機であったのに対し、豪空軍スピットファイアは延べ機数261機に対し撃墜されたのは38機と日本に対し20倍もの被害を出しています。
零戦の圧勝でした。。。

なので、零戦がBf109の代わりにバトル・オブ・ブリテンに参加していれば、制空権を握ることは十分可能であったと思われます。
ただ、制空権を握った後に予定されていた「あしか作戦」がUボートしか持たない独海軍に行えたかどうかは疑問です。英海軍主力は温存されていたので。。。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても面白いお話で参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/03/01 12:50

ある意味、戦術的な問題ですからね。

戦略に、どれだけ寄与したかどうか。

むしろレーダー管制組織の方が、よっぽど戦略的に寄与してます。それを覆せるだけの効果があったとは思えません。

そもそもドイツ側は攻勢対航空+戦略攻撃の作戦であり、飛行経路は事前に決められるわけです。いくら英国上空での在空時間が限定されるとはいっても爆撃機を援護さえできればよいわけです。爆撃機だっていつまでも目標上空を飛行しているわけでもないでしょう。

それに比べてイギリス側は、常にドイツ軍の攻撃を待ち構えていなければならないわけですから、かえってイギリス軍が零戦をもった方が利益があります。

ハリケーンやスピットファイアもレーダーで誘導されたからこそ、足の短さをカバーできましたが、もしレーダーがなかったら長時間の空中待機を強いられたでしょう。零戦があれば交代で戦闘空中哨戒が可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/03/01 12:50

メッサーシュミット Bf109 の弱点は650kmという航続距離の短さです。

Bf109がフランス海岸からロンドンを往復すると、空戦に使える燃料の余裕は十五分ほどしかなかったようですね。その結果、多くのBf109がドーバー海峡に着水したり、フランス海岸に不時着したりする羽目に陥りました。ゲーリングが「数週間でカタがつく」と大言壮語したバトル・オブ・ブリテンは完全な失敗だったわけです。

一方、零戦の航続距離は2,222km、増槽をつければ3,350kmもありましたから、十分に英国上空で戦えたでしょう。
実はドイツも零戦の航続距離に目をつけ、ライセンス生産を考えたことがあったようです。
しかし、あまりの防弾性能の弱さに結局見送られたと聞いたことがあります。戦闘機にとって攻撃こそ最大の防御だと思うのですがねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/03/01 12:49

かなり「IF」ですね(苦笑)



1:零戦は格闘戦重視の戦闘機で防弾装備も全く無く、太平洋戦争海戦当時から損害も大きかったんですよね。
    ↓
たちまちドイツは熟練パイロットの不足に悩まされた可能性があります。

2:零戦はまだ日米開戦を想定していない時期に1000機程度生産される予定の戦闘機で、生産性があまり高くない戦闘機でした
    ↓
たちまちドイツは戦闘機不足に悩んだ可能性があります。

3:ノモンハン事件の時に当時の陸軍の戦闘機は運動性・パイロットの質などで当時のソ連にイー15を圧倒していましたが、ソ連が一撃離脱主義に切り替えて1機の戦闘機に多数のパイロットが割り振られるようになると日本機は急に撃墜される場合が多くなりました
    ↓
これは一般的に攻撃側に不利な要因になります

現実的な考えとしては
1:当時のメッサーに落下増槽(スペイン内乱時にすでにナチスは現場レベルで使用していた)があった。
2:当時のイギリス戦闘機総監がダウンディングでなくってリー・マロリーだった
というほうが大切な勝利要因だったでしょうね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

IFというより架空戦記に近かったですかね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/01 12:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ