質問

子供会の会計監査が近づいてまいりました、通帳の出し入れと領収書がどうしても合いません。入金額は合うのですが日にちが過ぎてから支出を取り混ぜて通帳に入れてしまったためか30円合わなかったり・・・・
領収書を元にして現金出納帳を作成したらばっちりでした(当たり前ですよね)。いままでは通帳と現金出納帳と領収書を貼り付けたスクラップブック、決算書で会計監査をやっていたそうですが。最初から通帳に出し入れしなかったことにしてはいけないのでしょうか?(通帳無しってことで)。会計ソフトでやるので決算報告書等はカッコよくできると思うのですが。よろしくお願い致します。

通報する

回答 (3件)

>最初から通帳に出し入れしなかったことにしてはいけないの…

通帳って、銀行か郵便局その他金融機関での預金口座ことですね。
ご質問文からは、銀行預金が最も大事なことと思われているように読み取れるのですが、そうではありません。子供会の集金 (入金) は平日の夜とかが多く、支払い (支出) は土日が多いのではありませんか。最近のATMは休日も稼働し、硬貨の出し入れもできるとはいえ、たとえば夜8時頃集まったお金をその日のうちに預けてしまうなんて、とてもできることではありません。
ある程度まとまったお金が貯まったら銀行へ、逆に大きなお金が必要なときは銀行からと、月に2、3回か数回の出し入れにとどめておくのが賢明です。

会員全員に対する預金額の報告は、前年度から引き継いだ金額と、次年度への繰越額を記載する程度でよく、年の途中の出し入れは現金出納帳で管理した方がよかったようです。
ただ、会計監査には預金口座の途中経過も開示するのが本来の姿であり、監査人の性格によっては、そのような要求もあり得ることを覚悟しておいて下さい。

>領収書を元にして現金出納帳を作成したらばっちりでした…

基本的に現金出納帳が優先されるべきです。入金も出金もその都度必ず現金出納帳に記載し、帳簿残高と手元に実際ある現金残高が一致することを、毎回確認しておきます。銀行への出し入れは、現金出納帳から振り替え記帳するのです。
年度の終わり近くになって、領収書を元にして現金出納帳を作ったのは好ましくありません。

領収証のもらえない支出、たとえば会合のとき自販機でジュースを買ったとか、コンビニでコピーをしたとか。もう1度よく振り返ってみれば、必ず見落とし、付け落としが見付かることでしょう。

それでも分からなければ、現金出納帳に信頼性がない以上、30円程度の不足なら、自腹を切って預金通帳に合わせるよりほかはないと思います。
そろそろ役員さんも終わりかと思いますが、最後のご奉公と思って、がんばって下さい。

法人が税務署に申告するわけじゃないので、適正に支出されていて、監査の人がOKなら、構わないと思いますけど。

基本的には合うんだと思いますよ。
(30円合わない・・・・なぜ?使い込んだ?)
もし、出し入れ時期とのずれで立て替えているなら、「立替金」科目でも使って、期首と期末の残高が0になるようにするとつじつまがあうのだと思います。
(総勘定元帳まで出す必要はないと思いますが)

子ども会の会計って、持ち回りですよね。
通帳を毎年使っている場合、残高がありますよね。
最初と最後の通帳の残高だけきっちりさせて、
あとは通帳なしで、領収書の日付で現金で入金、支出があったことにしたほうが、わかりやすいと思います。

この回答へのお礼

金額が合わないのは入金額を間違えたのだと思います。貯金通帳なしでもOKということで安心しました。

人格なき社団なので、
規約の定めるところによるので、
決算報告さえ、しなくても差し支えない。

このQ&Aは役に立ちましたか?15 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集