先日テレビショッピングでスチームクリーナーのX5の宣伝をやっていたので
Amazonや楽天のレビューをみたところ、
フローリングがベチャベチャになるといったものや
軽いと謳っているが女性が持つには重く感じるといった意見がありました。

スチームクリーナー自体は購入したいのですが
どこのメーカーのものが品質的にベストなのかわかりません。

掃除機であればダイソン
お掃除ロボットであればルンバのように
スチームクリーナー界の定番みたいなものはあるのでしょうか。
値段は多少張っても問題ありません。

出来ればコードレスのもので
重さもなるべく軽いものであると助かります。
宜しくお願い致します。

A 回答 (7件)

>掃除機であればダイソン


お掃除ロボットであればルンバのように
スチームクリーナー界の定番みたいなものはあるのでしょうか。


年末も過ぎてしまったので、もう購入されたかもしれませんが、まだ解答を受け付けていらっしゃるようなので、書いてみました。

はい。定番ならケルヒャーでしょう。

あと国内で人気のメーカーは、アイリスオーヤマです。


ケルヒャーは、オプションなどは世界で使われているものが標準装備されています。

アイリスオーヤマの場合、シャークやケルヒャーのよい部分を取り入れて、日本で使いやすい機種に仕上げていると思います。

耐久性などは、まだよくわかりませんが、家庭用でも名の知れないメーカーではないので、それなりに使えると思います。


床掃除を主体で選ぶのか?
床掃除+キッチンや部屋の掃除に使いたいのかで、モップ式かポータブル・ハンディーなのかが絞られます。

X5は、1台2役の両方兼ね備えたタイプですが、個人的には、用途別にそろえた方が、いい気がします。

スティック型の2WAY(ハイブリッド)タイプは、床も部屋の掃除にも使える反面、本体を取り外してポーターブルで使う場合、何かと単体の機種と比較して制約が出てきます。

布パットが小さかったり、手元に噴射スイッチがなかったり、本体後と持ち上げると換気扇など手が疲れてくるとか。1台2役ですから、収納などのメリットもあれば、デメリットもあります。

私が現状で使ってみて思うのは、家のあちこちで使いたい場合シャークスチームモップベーシックとアイリスのコンパクト型の組み合わせか、ケルヒャーのキャニスタータイプを単体で購入かがおすすめです。ケルヒャーなら本体を持ち上げることが必要ないので、換気扇や壁などの掃除で疲れません。

ベーシックは大変使いやすい、定番の床用スチームモップです。本体が軽いです。
アイリスのコンパクト型は、いろんなアタッチメントがセットになっているものを選びと、掃除が楽しくなります。

ただ使い方も工夫しないと、どんな機種でもスチームクリーナーは期待はずれになってしまうことも多いので、あわせ技で工夫して使ってみてください。

参考URL:http://www.gatewaygoesforguild.com/entry12.html
    • good
    • 15

スチームクリーナーはいくつか試してみましたが、正直なところそこまで変わらないといった印象です。



それよりも、どの部分を掃除したいのかといった点を考えてみては如何でしょうか?

ただし、安いものだと故障しやすいといった事も聞いたので、予算的には2万円くらいのものであれば問題ないのかなと思います。

重さは、確かにコードレスの電器掃除機と比較すると重いですが、そこまで気にはならないと思いますよ。

実際に利用している風景なども紹介していますので、少しでもご参考になれば幸いです。

http://www.chubo-tsuhan.com/
    • good
    • 10

フローリング掃除にスチームクリーナー不向きです。


素材を傷める上、ワックスも剥がれます。

花粉やミクロの汚れは掃除機でも吸い取ることできません。
ホコリを舞い上げてしまい、しばらくするとホコリが舞い落ちてきます。

ナノコロイド成分を配合した、フローリング用クリーナーがおススメです!
弱アルカリタイプで素材に優しく、においも無く安全です。
スプレーしてクイックルワイパーでお掃除すると、フローリング特有の黒ずみが
お掃除できます。空拭きするとさらに効果的です。

うちはこの方法で快適なお掃除をしています。
スチームを使った多くのクレームを耳にしますね。

ちなみに、いつも使う通販ショップです
http://www.rakuten.ne.jp/gold/rinrei-wax/
http://www.rakuten.co.jp/ashu/
    • good
    • 2

数か月前でしたが、テレビショッピングでフローリング用のスチーム


クリーナーを購入しました。コード式でしたが高級感は無く、玩具の
ような感じを受けました。重さは非常に軽量的でした。

電話注文の際にフローリングのワックスは剥げないとの説明でした。
しかし実際に使用して見ると全てが剥げるなら塗り直しをすれば良い
のですが、点々と剥げてしまってワックスを全て剥がさないと塗れな
い状態になり、通販先に問い合わせると「説明書にもワックスが剥げ
る恐れはあります」と書かれていると言われ、説明書を読まないのが
悪いと言う言い方をされました。
購入しないと説明書は読めないし、電話注文の際に対応女性が「絶対
にワックスが剥げる事はありません。ワックスが剥げる程の強さはあ
りません」と言われた事を伝えると、素直に返品に応じました。

スチームクリーナは実際に手にとって実演しないと使い勝手は分かり
ません。通販で失敗するのは、相手の売り言葉を信じて購入したから
で、ホームセンターや家電量販店で実演販売をしている所で実際に見
て購入を決めるのが失敗しない方法です。

我家が購入して返品させたタイプは、確かに汚れは驚くほど取れまし
たが、軽く絞った雑巾で拭いたように水滴が残り、後から空吹きをし
ないと歩けませんでした。

コードレスを希望されてますが、コードレスよりコード式に方が軽い
のは当然です。中に充電式バッテリーが組み込まれているので、どう
してもバッテリー分だけ重さが増してしまいます。
ハンド式なら肩から掛けれますし、床用ならコロが付いているので、
そんなに重くは感じません。
さすがに掃除ロボットのような製品は発売されてませんね。

ホームセンターでは良く実演していますから、まずはケルヒャー製品
から品定めされてはどうでしょうか。ケルヒャーなら安心して使える
と思います。
    • good
    • 11

以前、他の方にも回答しました(下記のURL)が、スチームクリーナーは、期待を思い切り外してくれます。



当方、エレクトララックスの掃除機型のスチームクリーナーを持っていますが、本当に、期待はずれでした。
油汚れも落ちないし、壁紙もキレイにならないし、お風呂もダメ。

大型品でもこの程度の実力なので、ハンディ型では、到底、汚れは落ちないでしょう。
毎週のくらいに掃除をしているのであれば、キレイになるのかもしれませんが、TVのCMのような
「まぁキレイ」
とはなりません。

ヤフオクなどで、結構、程度の良い物が中古で安く出ていますので、試しに購入してみてから、高い物を購入すべきと思います。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7759200.html
    • good
    • 7

 スチームクリーナーは以前うちでも使っていたことがありますが、正直なところ使い物になりませんでした。

男の自分でも色々掃除をするのには重いと感じましたし、スチームですから周囲がベタベタになるので濡れて困る場所とかの場合は養生が必要なのです。ぶっちゃけ面倒くさい!

 それなのに汚れはさっぱり落ちません。数年くらい掃除をせずに放置していた換気扇の固着した油汚れとかを溶かすような用途ならともかく、普通の掃除では普通の洗剤とタワシを使ったほうがよほど早くて綺麗です。使いどこの分からないクリーナーですね。

 どうしても試してみたいという事なら、近所のホームセンターでレンタルするといいでしょう。大きめのホームセンターならたいがい工具や掃除道具のレンタルをしています。うちの近くのホームセンターの場合は一泊二日で500~700円程度でした。スチームクリーナーはもちろん、家の壁を掃除する高圧洗浄機、コンクリートに穴を開けるための振動ドリルなど、普通の人なら1年のうち1回しか使わないような機器は何万円もかけて購入するよりもホームセンターでレンタルしたほうがずっとお得ですよ。場所も取りませんしね。
    • good
    • 7

高圧洗浄機やスチームクリーナー類はケルヒャー(ドイツ)が定番ですね。


http://karcher-hg.iy.shopserve.jp/SHOP/6151/list …

コードレスの製品が存在するのかどうかは不明です。
ご自分で検索してみてください。

機種が決まったら、一度レンタルして使ってみた上で購入されることをお勧めします。
↓家電レンタルの例
http://o-carina.jp/item76.html
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ