まず[t]は「トゥ」ではありません。なぜなら[u]が入っているからです。
[u]を抜いて発音します。

次に、[ts]は「ツ」ではありません。なぜなら[u]が入っているからです。
[u]を抜いて発音します。しかしまだダメです。日本語の「ツ」は舌が歯茎につきません。
最初に歯茎に舌をつけて[t]、次に摩擦音の[s]を発音します。ゆっくりだと「トゥス」のようになるので
高速に発音し[ts]「ツ」にします。

ここまでは良いですか?

その[ts]と[ʧ]の違いがわかりません。(見えるかな?破擦音の無声音の方です)
[ts]も[ʧ]も最後は摩擦音なのでよくわかりません。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

    もういい回答があるのでこれは寝言ですが、先刻お答えしたのと平行しているので出てきました。



1。    まず「高速に発音し[ts]「ツ」にします」はおっしゃる通り正しいです。高速でなくても「ツ」でいいです。

2。    問題の[ts]と[ʧ]の違いですが、これは無声音の破擦音です。違いは [dz] と [ʤ] の違いとまったく同じです。

    [ts] も [dz] も舌先を口の天井に接する面が小さいのに反し、 [ʧ] も [ʤ] も 舌先の面が平たく、口の天井に接する面が大きい点が違います。[ʧ] も [ʤ] も下記の口蓋化音に当たります。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%93%8B% …

    (1)[ts] や(2) [dz] は、日本語の「ツ」「ヅ」に近く、 (3)[ʧ] や (4)[ʤ] は、日本語の「シ」「ジ」に近いです。この4つは全部破擦音で、1と3が無声音、2と4が有声音、1と2が非口蓋音、3と4が口蓋化音です。
    
        
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!!

お礼日時:2013/02/22 16:57

大学で言語学を学んだ者です



子音にはPoint of Articulation(調音点)とManner of Articulation(調音様式)があって、その組み合わせで子音を分類します。

調音点は声門から唇までの発声器官を一つの管と見なしたとき、どこを狭めるかを示します
(管のある部分を狭めることで気流差を発生させることが音声ということです)
調音様式はその狭めをどのように作るかです。閉鎖音(p,t,k)や鼻音(m,n)等有り、質問文でおっしゃっている「破察音」や「摩擦音」もこのカテゴリーです

お尋ねの[ts]と[t∫]ですがMOA(調音様式)はおっしゃるとおり破察音ですが、POA(調音点)が違います[ts]はalveolar(歯茎)ですが、[t∫]は post alveolar(後部歯茎)です
どう違うか?と聞かれれば調音点が違うということです。

あと、[ts]はこれで一つの字母ですので、無理やり[t]と[s]を高速で連続するものではありません。
それと日本語の「う」は非円唇母音ですので円唇母音の[u]とは違います

この回答への補足

なるほど!

歯茎か歯茎の後ろのほうかということですね?
「う」も違うんですね・・・
なにかおすすめの本?みたいなのはありませんかね?

補足日時:2013/02/22 16:42
    • good
    • 0

kitchen とか chicken とかに出てくる音ですね。

たとえば kitchen の -chen の部分には [in] という母音を含む部分があるので、それを省いて kitch- まで発音すると -tch- の部分の発音が分かると思います。無声子音ですから、もちろん声帯は震えません (手を喉に当てて確認されると良いかも)。比較するために母音の [i] を添えて発音してみると、子音だけの場合と母音を伴って有声化した場合の違いが分かると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ