JR福知山線から南海高野線「金剛」駅へ通学の予定です。

1.大阪→地下鉄難波→南海高野線
2.大阪→新今宮→南海高野線
上記2つのルートについてどちらが良いか検討しています。
朝のラッシュ時はどんな感じですか?
1のルートの場合、新今宮からはどんな混み具合なのか?座れるのかどうか?
2のルートの場合は、難波までの混み具合はどうなのか?
大阪発は午前7時30分くらいです。
経験者の方、教えてください。

A 回答 (4件)

No.1です。


先日は定期券で¥2,000ほどの差額が出ると回答しましたが
当面は1.の定期券が安いルートでいきつつ、OSAKA-PiTaPaを購入し
地下鉄や南海難波・新今宮間経由で乗り比べつつ、難波にご友人と
くり出したりした時やショッピング等に活用されてはいかがでしょうか。
http://www.osaka-pitapa.com/

購入された時点で「フリースタイル」という地下鉄乗車賃の割引機能が
搭載されており、もし「なんば連絡」が都合が良い場合に定期券よりも安い
(但し区間登録しないと別途料金を取られますが)「マイスタイル」を
活用されたらいいんじゃないかと思った次第です。
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/eigyou …
【フリースタイル・割引早見表(下段)・学生用は2割引き】

http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/eigyou …
【マイスタイル・説明】

http://kensaku.kotsu.city.osaka.lg.jp/pitapa-mys …
【マイスタイルで1ヶ月間梅田・なんば間を利用した場合のシミュレーション】
(それでもJR環状線経由の方が安いですが、定期券より若干安くなります。
 それ以外の利用区間を登録しても、1ヶ月間¥3,780の支払い上限は変わりません。)

使わなければ初期投資以外の支払いは発生しませんから(クレジット機構がない前提で)
活用してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

先ほど回答したNo.2です。


読み返していたら一部誤りがありましたので、訂正させてください。

>地下鉄御堂筋線から南海までの乗り換えで一番近い改札は、
>「梅田(大阪)→なんば」方面の電車で言うと車両の最後尾になります。
>ですので、乗り換えの際に慌てて車両の先頭に乗ってしまうと、
>南海までは+5分は最低でもかかります。

先頭と最後尾の説明が逆でした。
正しくは、地下鉄御堂筋線なら
「梅田(大阪)→なんば」方面の電車に乗るなら先頭車両が、
「なんば→梅田(大阪)」方面の電車に乗るなら車両の最後尾が
南海線の改札に一番近い改札に出られます。
逆になるとかなり歩くので^^;
    • good
    • 0

南海高野線沿線に実家があり、金剛駅が最寄り駅の高校に通っていたものです。


そして地下鉄御堂筋線もJRもよく使っています。
親近感沸きすぎてびっくりしました。笑

ルートについてですが、どちらも一長一短といったところでしょうか。
まず1の地下鉄から南海へ乗り換える場合。
正直言って、地下鉄御堂筋線から南海への乗り換えは結構しんどいです。
南海高野線の改札・ホームは地上3階にありますが、地下鉄は地下3階くらいまで潜ります。
高低差がかなりありますし、結構な距離を歩くことになります。
地下鉄の一番近い改札から、南海の一番近い改札まで走れば5分で行けるかな、といったところ。
地下鉄御堂筋線から南海までの乗り換えで一番近い改札は、
「梅田(大阪)→なんば」方面の電車で言うと車両の最後尾になります。
ですので、乗り換えの際に慌てて車両の先頭に乗ってしまうと、
南海までは+5分は最低でもかかります。
さらに朝のラッシュ時は人がすさまじいので、流れに飲まれればもっとかかる可能性も。
そして地下鉄はラッシュ時にはやっと立てる程度まで人が膨れ上がります。
とは行っても、東京のラッシュ時に比べればそれほどではない気もしますが^^;
そして、やはりJR→地下鉄→南海高野線という乗り換えの多さも大変な理由の一つでしょうか。
2のルートなら、福知山線から環状線に乗り換えはしますが同じJRなので
改札を越えることなく乗り換え出来たはずです。
やはりその点では乗換えが多いと時間もかかってきますし、
朝は本数が多いとはいえ乗換えが上手くいかないと面倒になってくることもあります。

次に2のJR環状線で新今宮から南海高野線に乗り換えるルートですが、
これに関しては乗り換えまでの移動距離が1よりかは短いです。
JR新今宮駅の改札を出ると、すぐ目の前に南海線の改札があり、
しかも改札に入ってすぐ目の前が金剛方面行きのホームなので大変便利です。
ただ、座れるかどうかと言われれば微妙なところ。
南海線は難波が始発駅になりますし大型都市なので、始発からすでに多くの人がいます。
ですが、南海高野線は難波と和歌山を結ぶ路線になりますので
人の流れは結構決まっています。
朝は和歌山→難波に出る人で溢れ、帰りは難波→和歌山に帰る人で混雑します。
質問者さんはこの流れと逆になるわけですから、多少混雑は少ないかと思います。
それでも朝のラッシュ時になれば多くの人がいますので、
朝は上手くいけば座れるかも…程度に考えておいたほうがいいかと思います。
でも地下鉄のような満員状態になることは稀ですので、
立ちながらでよければ教科書を読んで勉強、くらいは十分できます。
ただ、難波→金剛までなら約25分、新今宮→金剛までなら約20分と結構な時間がかかりますので、
座るということをメインに考えると、
1のルートで始発駅である難波から乗るのが最もいい方法だと思います。
そして南海高野線は1駅間の距離が長く、次の駅に着くまで結構時間がかかるので
一度埋まってしまった座席が次に空くまで待っていると
いつの間にか金剛に着いていた、なんてこともありますよ。苦笑

料金についてはNo.1さんが既に回答してくださっているのでそれを参考に。
後は…JR福知山線が家の最寄り駅ならもうすでにご存知かとは思いますが、
JRは天候にかなり弱く、よく停止します。
ちょっと暴風が吹いただけですぐ運転見合わせですからね。
それに比べて地下鉄は本数も多いですし、天候に左右されることもありません。
ちなみに南海高野線は地上を走っていますが、雨風などの天候には割と強いです。
田舎を走っているもので。笑
ですが、注意するのはそこではなく、人身事故の方。
南海線は人身事故が多発します。しかもかなりの頻度で。
確か「浅香山」とかそのあたりの駅(各停でしか止まらない駅)だったかな、自殺スポットなんですって。
私も高校・大学と南海高野線を利用しましたが、
人身事故にはしょっちゅうやられてましたね。笑
なのでそのあたりも踏まえて、通学時間を考えられたほうがいいかと思いますよ。
ただ、人身事故もさすがに1週間に1回なんていうハイペースではないですし、
こちらの責任ではないので遅延証明書さえ駅で発行してもらえれば何の問題もありませんので、
そこまで慎重になる必要もないですけど^^
    • good
    • 0

1のルートの場合、京阪神でも指折りの混雑区間、梅田・淀屋橋間が控えていますが


その最混雑率は149%と、立ちんぼだが新聞が開いて読める程度です。
http://station.next-group.jp/congestion_ranking. …
【京阪神・混雑率】
http://www.mlit.go.jp/tetudo/toshitetu/03_04.html
【混雑度の目安】
難波駅構内は結構混み合うものの、そこからは始発なので着席にありつける
可能性が高いです。

一方2のルートですと、混雑率ワースト20の区間から外れているものの
朝の大阪環状線ですから、混雑の程度は地下鉄とそう大差ありません。
乗り換えて新今宮・金剛間では、金剛駅が快速急行・急行も停まる大きな駅では
ありますが、朝ラッシュの中途中駅からの乗車では、着席は期待しない方がいいです。

しかしながら、定期券にかかる費用で差が出ます。
もし、福知山線・新三田駅から通学で電車に乗ったとして
JR・地下鉄・南海3社を経由する1のルートの1ヶ月定期の合計は
新三田・大阪間:¥10,530
梅田・なんば間:¥ 4,200
難波・金剛間 :¥ 5,580 (総合計¥20,310)、
一方、JR(新今宮乗換)・南海2社を経由する2のルートの1ヶ月定期の合計は
新三田・新今宮間:¥12,700
新今宮・金剛間 :¥ 5,550 (総合計¥18,250)
と1ヶ月で約¥2,000の差が出てきます。(2社経由の方がもちろん安い)

1ヶ月で¥2,000でしたら、1年で¥24,000の差となる額です。
親御さんがどの経由でも良しとするならば別ですが、折角高い学費を
支払ってもらっているのですから、安い2のルート(新今宮経由)で通学されるよう
おすすめするものです。
買い物されたい場合、梅田にも阪急や阪神、地下街など沢山のスポットがありますから
そこでお買い物されることを重ねておすすめするものです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

一度きりの人生、生きていく上で悩みはつきものです。小さな悩みから今後の人生を揺るがすような悩みまで、色んな人の意見を聞いて、自分に照らし合わせることで何かが見えてくることでしょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ