アポロ13号が地球に戻る時に、地上のNASAで
「Take it easy!」
って言った人がいたと思うんですけど、
誰だったか教えて下さい。

A 回答 (3件)

また来ました。

m(__)m
ケン・マッティングリーはペーペーの宇宙飛行士ですから、えらそうな人なら、多分 No2 さんのジーン・クランツですね。
彼は早い話が 飛行計画の総大将です。

先の回答、お恥ずかしい。(^^ゞ ポリポリ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/17 18:21

アポロ13号のフライトクルーが、ジム・ラベル、フレッド・ヘイズ、ジャック・スウェイガートの3人



ケン・マッティングリーは、本来13号に乗り込む予定だったパイロットで、直前にウイルスの発見により、スェイガートと交代しました。
13号のトラブル時は、地上のシミュレーターで緊急操作の手順の確認作業を担当しました。

偉そうな人となると、NASAのミッション・フライトディレクター(管制官)を努めるジーン・クランツかも知れません。
映画「アポロ13」では、白いベストを着用して各方面にテキパキと指示を与える姿が描かれていました。
"俺のフライトで、死人は出さない!"っていうような台詞があったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。
たいへん参考になりました。

お礼日時:2004/03/17 18:21

こんにちは。


NASA のスタッフなら全員言いそうな言葉ですけど、風疹疑惑で交代してバックアップで地上にいて、当時、司令室にいたケン・マッティングリーじゃないでしょうかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございます。
たしか、かなり偉い階級の人だと思ったんですが、
ケン・マッティングリーという人はどうなんでしょう?

お礼日時:2004/03/17 12:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ