地域代表者から成る世界天才政治へ向けて
 人類の将来を検討するにふさわしい唯一の方法は、問題を世界的スケールで考察することである。
 人類はその領域を、部族、村落、地方そして国家へと、次第に拡げてきた。
地域の汚染や核兵器の増大という問題に直面して、知性的な人たちは、これらの諸問題を解決するには「世界政府」を樹立するしかない、ということをいち早く自覚したのである。
 この構想は、現職の政治家たちからは非現実的だとけなされる。なぜなら、かれらはそれが実現すると、自分たちがその地位を失うことを知っているからだ。過分の報酬を受けている軍人たちにとっても、事は同じである。かれらも失業するのを恐れているからだ。かれらは、国境が無くなってしまうとき、少なくとも現在理解されているような意味での軍隊は、もはや必要ではなくなってしまうことを、百も承知しているのだ。ところが、かれらを武器を持たずに雇うには、余りにかけはなれた状態にあるので、そのことが奇襲隊の攻撃におびえている者たちを悩ませるのである。
 他の者よりも先を見通す天才たちの、こうした現実的な構想を、非現実的だとみなすのはいつも凡人たちである。
 非現実的な構想というものは存在しない。存在するのはただ、構想を実現する能力の無い者だけである。
 したがって、この「天才政治に基づく世界政府」は、地球上のあらゆる地域を代表する、天才たちによって構成されることになるだろう。これらの地域は、民主的にその境界が定められる必要がある。現実の諸国家はおおよそ、自分の富の増大を望む有産階級によって仕向けられた、殺りく戦の結果である。これは、植民地主義時代のことだ。フランスとスペインの国境の両側に住むバスク人たちは、単一「国家」の樹立を望むかもしれない。これは、かれらの問題であり、またかれらだけの問題である。自分たちが一緒に住むか、それとも他の国に併合されるかを選択するのは、かれら自身である。バスク人は、地球上のあらゆる所にいる。独立した組織を持つことを望むある地域の住民は、人類全体の一部を成しているのだ。各々の地域の住民が、自分たちの政治組織を自分で決めることである。フランス国内の実例のみをあげるなら、コルシカ人、ブルターニュ人、オック人、そしてアルザス人たちがそうである。
 したがってまず手始めに、各市町村の住民に、自分たちがどの地域に属すことを望むかを、天才政治の方法に則り投票させる必要がある。こうすれば、あらゆる国家主義的な思考を除いて、各地域の境界を定めることができるようになるだろう。そして、この投票はその後も、ある市町村の住民が投票を望むたびごとに行なうことが可能である。なぜなら、住民の移動に応じて、特定の市町村が、隣接する地域への帰属の変更を望むこともありうるからである。
 いちど各地域が、そこに位置する市町村の住民の投票により地理的に決定されると、各地域は、等しい数の住民からなる十二の地区に分割される。そして各地区は、そこに属する天才たちの間から一人の代表者を選出する。こうして選出された十二人の天才たちが、一つの天才政治に基づく地域団体を構成するのである。
 ついでこの地域団体は「天才政治に基づく世界政府」において、その地域を代表する一人の議長をその内部から選出する。
 この天才政治に基づく地域団体は同様に、その地域に住む発明家の中から十二人を選出して構成される、一つの会議を設置する。この会議は、その地域に直接かかわる諸実施計画を、その団体の投票に付すために提出する任務を負う。
 したがって「天才政治に基づく世界政府」は、民主的に決定された地球上の全地域を、それぞれ代表する天才たちによって構成されることになる。
 各地域代表者には「世界政府」で行なわれる投票のさいに、代表する地域の住民数に比例した一つの係数が割り当てられる。かくして、百万の住民が住む地域を代表する一人の天才は係数一を持ち、五千万の住民が住む地域を代表する者は係数五十を持つことになるわけである。
 そういうわけで「天才政治に基づく世界政府」における投票は、国連での投票とは異なり、本当の意味で民主主義的である。住民数がわずか十万のカタールのような国の代表者の投票が、住民数が二億以上のアメリカの代表者の投票と、同一の価値を有するであろうか!ところが、これが国連で生じていることなのだ。
 したがって、ほとんど起こりえない最小の確率ではあるが、もし七百の地域が民主的に決められたとすると、「天才政治に基ずく世界政府」の団体は、あらゆる人種、文化、宗教に属する七百人の天才によって構成されることになるだろう。 _________  RAEL 著

 上記には、現職による体制が抱える諸問題/重大課題が網羅されますが、
[ 各市町村の住民に、自分たちがどの地域に属すことを望むかを、天才政治の方法に則り投票させる必要がある ] とあり、
各市町村の住民には国境を越えた 、又は、隣接する地域への帰属の変更が認められ、
等しい数の住民からなる選挙区が決められ、
世界政府への代表者が決められる。
世界政府では、投票のさいに、代表する地域の住民数に比例した一つの係数が割り当てられる とある。
 世界の汚染、諸問題を解決する、その構想と考えられますが、 所見など ありましたら、宜しくおねがいします?

A 回答 (2件)

選挙で天才が選出されるのですか?


選挙でやれば、結局弁舌の上手いひと、お金のあるひと
組織票を持っているひとが選ばれてしまうでしょう。
結局、今と同じになるだけです。

これだと、中国とインドが力を持つようになりますね。
そして、小国は今以上に不利になります。
それで良いのですか?
そんな制度に納得するひとがどれだけいるのでしょうか。

そもそも天才政治ってなんですか?
一部の優秀なエリートが大衆を指導する政治
というなら、それは社会主義で実験済みです。
そして、上手く行かなかったことも実証されて
います。

この回答への補足

 ユーゴスラビア(社会主義)崩壊は、ユーゴスラビア紛争、クロアチア紛争、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、コソボ紛争をへて6つ共和国に分裂解体しましたが、それらを非道な軍事それによる難民発生の無い世界体制への教訓とすることが義務ではないでしょうか? 金権世襲によるその独裁も十分今後の課題と見える。

>> 選挙で天才が選出されるのですか ~ 弁舌の上手いひと、お金のあるひと、組織票を持っているひとが選ばれて~ >
 社会福祉、世界福祉 の追究では?

>> これだと、中国とインドが力を持つようになりますね  >
 最近のニュースで、USAとフィリピンの協定が報道されましたが、人口ピラミッドを見ても中国の今後の膨張は確実でその対策であるように見て取れましたが、中国とインドが人口大国なら他の国々が提携して調和を取ろうとするのではないでしょうか? 重心は取れるのでは?

>> 小国は今以上に不利になります  >
 軍事と経済の分野でしょうが、民主的議会あるのみでしょうか。 世界で最も最良と思われる国への帰属の変更も考慮できるのでは?

>> 天才政治ってなんですか?  >
 "結集され組織化された十分多数の知性に抗うことのできるものは、世界には何も存在しない" ?

>> 社会主義で実験済みです  >
 社会主義の崩壊、軍事分裂、難民発生となっており、またテロ、自然災害等の難民発生も見られ、その復旧と、そしてそれらを如何に事前に防ぐかが、政府政治の行為となるのではないでしょうか。

 崩壊後、そして残った社会の議会政治、その経済/軍事の安全化その先々など?

補足日時:2013/08/19 11:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>> 選挙で天才が選出されるのですか?  >
 聖書におけるキリストの活躍ですが、病人を救う奇跡と弱者貧困者を救済する経済が2大テーマとなっているような?
 当時の記述で問題となった権力、地位、金持ち、それに煽動される民衆、そして軍事支配、それらが再び問題視される社会、それが今ではないでしょうか?
 選挙でその問題分子が当選することも十二分にあるわけで、現状選挙は確かに大問題ですね。
回答、ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/21 15:27

 ラエリアン・ムーブメントの教義そのままコピペですか?


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A8% …

 空飛ぶ円盤から現れたエロヒムと名乗る異星人の言葉
その内容は矛盾だらけのトンデモ理論w
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 メン・イン・ブラック (映画)、異星人保護官の活躍でしたが、世界の人権問題その他も、総力ある改革が前提となるものと...?
 ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/19 10:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ