七五三の四つ身をみていて思ったのですが・・・

しごきと呼ばれるふさがついた帯を、結び帯の下にしている写真をよくみかけます。
個人的に変だと思うのですが普通ですか?

色も着物と全く違う色で目立って、何の意味があるのかと思います。

詳しい人、色々教えて下さい。

A 回答 (2件)

#1のかたに付け加えて、七五三のときから、こしあげはしない、つくりも、四枚の布地を横にぬいあわせて、


子供の着物ではない、長さも、長い、長着ですよ・・・・という
目印です。

実際には、こしあげして、肩上げもして、やはり、コドモ仕立てで着せてますけど。
オトナになるという、通過儀礼としての着物の違いを目立たせるためなので、余計に装飾的になってる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。何度か見ているうちに馴れてきたというか…別におかしくないような気もしてきました。
意味があるのなら尚更。
大事なものなのですね。
勉強になりました。

お礼日時:2013/08/23 08:17

まあ、普通ですね。


昔からあるものです。晴れ着の時に用います。
花嫁衣裳に用いる場合もあります。

時代劇を見ていると武家の女性などは着物の裾をはしょらずにお引きずりの状態で着ていますね。
そして外出する際には裾を持ち上げて帯の下でもう一本の細帯で固定したのです。
それが「しごき帯」の原点です。
今でもお引きずりの衣裳を切る芸妓さんや舞妓さんがそのような使い方をします。

今は実際にはあらかじめおはしょりをして着付けますので装飾的な意図で用いられるようになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早々に回答していただいたのに、お礼が遅くなりました。
大事な意味があるんですね。

お礼日時:2013/08/23 08:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ