質問

続けての質問になります。

延焼の恐れのある部分について、
外装、内装仕上げの組み合わせにおける防火性能基準がなかなか満たせません。

以下間違っている部分があるかもしれませんが・・。

<H12建告1362 建築基準法に基づく告示>

防火構造の規定
<H12建告1359 建築基準法に基づく告示> 

また、耐力面材:モイスTMの個別認定

パーフェクトバリア(充填断熱)の個別認定

これらによって、壁の防火性能を満足させたいのですが、どうも難しそうです。
良案はないでしょうか?
(断熱材をGW、内装合板の下地に石膏ボードを使えばOKですが・・・)

*************************************************

外装仕上げ:Aガルバリウム鋼板縦ハゼ葺きまたは平葺き
        B:ラスモルタルt=20リシン吹付
        C:杉板張り(保護塗装)

    耐力壁:モイスTM
    断熱材:パーフェクトバリア

内装仕上げ:D:石膏ボードt=12.5, AEP
        E:合板t=5.5 OSCL

*********************************************

A-D、Eの組み合わせの場合・・・H12建告1362号により、ガルバリウム鋼板の下地に準不燃材(石膏ボード、ケイカル板等)を使い、内装仕上げは、合板部分も、下地に石膏ボード9.5mm以上を使用することで、断熱材はフリーとなる。

B-D、Eの組み合わせの場合・・・H12建告1359号により、モルタル厚20mm、
内装は上記と同じ。

C-D、Eの組み合わせの場合・・・構造面材にモイスTMを使用すれば、個別認定により、外壁を板張りとすることが可能。(ダイライトも同じ)

■ただし、内装は、上記の様にはいきません。
モイスの個別認定では、グラスウール、ロックウールt=50以上充填が必須条件ですから、
パーフェクトバリアが使えません。

つまり、断熱材をグラスウールを選択すれば、合板部分の石膏ボード下張も必要なく、
さらに、外壁の板張りが可能です。(多分)

しかし、できれば断熱材に、パーフェクトバリアを使いたいため、他の方法を模索しています。

杉板張りがネックですが、告示1362号三-ロ-(2)により、
モイスに耐水石膏ボード(準不燃)を貼るしか、方法はないですか?

ちなみに、パーフェクトバリアの個別認定では、

外装材A:ガルバリウム鋼板0.35以上、構造面材:火山性ガラス質複層板(ダイライト等)、
内装材:石膏ボード12.5以上(※内装材に合板は使えない・・・)

外装材B:軽量モルタル15mm、内装材:石膏ボード9.5mmもしくは合板5.5mm・・・が可能です。(構造面材は、なし、木質系ボード、ダイライト等)

外装材C:木材15mm以上、構造面材:フリー、内装材:Jパネル36mm(使えません)

うまく適用できませんでした・・。


以上、見落としている点、勘違いしている部分もあるかもしれません。
よきアドバイスをお願いいたします。

通報する

回答 (2件)

これでしょうか?
http://www.channel-o.co.jp/products/willwall.html

いくらするのか分かりませんが、こんな「難しい方法」ではなくても
良いのであれば、”パーフェクトバリア”の外側に

「高性能グラスウール」による「付加断熱」をすれば
問題は解決するはずです。
http://nisi93.exblog.jp/19168902/

「補足」があれば「追記」が可能です。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

現在資料請求中ですが、コストは高そうですから、使いきれないと思っています。

付加断熱厚についてですが、まず、モイスTMの個別認定では、充填断熱で、構造用面材(モイス)の内側にグラスウールが必要のようです。

付加断熱は。おそらく外側になるかと思われます・・・。
個別認定の場合、何も付加できませんので、無理かと思われます。


一方で、告示1362号で考えますと、構造用面材に、石膏ボードか、木毛セメント板に限定されますから、モイスが使えなくなります。

モイスに拘る場合ですと、モイスの外側に、耐水石膏ボードを張れば良いのかもしれません?(審査機関には未確認です)

また、内装材に合板を使用する場合、グラスウールが必要ですが、パーフェクトバリアに拘る場合、石膏ボード下地に合板を張れば、一応、断熱材は無関係になりますので、
可能かと思われます。

今のところ、このような方法しか思い当たりません・・。

http://www.channel-o.co.jp/will/safetywall.html

この、ハイパー防火構造認定ってのが
質問者さんのケースと同じですかね?
資料請求しないと詳細が分からない・・・。

防火構造、準防火構造の木造サイディングの類を調べたんですが、
石膏ボード9.5 or jis9521のグラスウールが出てきちゃいますね。

資料請求してみてはいかがでしょう。

質問に記載されている通り、解釈間違ってないとおもいます。

この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

>質問に記載されている通り、解釈間違ってないとおもいます。

少しホットしました。
半分独学のようなものですから、勉強すべきことが多くて、大変ですが、こちらでいろいろと助言をいただき、
とても助かっています。

教えていただいた、「ハイパー防火構造認定」をさっそく確認してみました。
なるほど・・確かに画期的な認定ですね。内装材もフリーとなれば、一気に悩み解決です。

しかし、おそらくコストが相当高いと思われますから、使いきれないかもしれません・・。

資料請求し、コストについてはこれから調べてみることにします。

情報提供ありがとうございました。

このQ&Aは役に立ちましたか?0 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ