「 楽園主義は一種の政治体制で、共産主義と似ていますが、「労働者階級」が存在しません。楽園主義体制では、ロボット、ナノボット、コンピュータが、労働 者階級もしくは労働力に取って代わります。

楽園主義は、ロボット工学や遺伝子工学、ナノテクノロジーのような新しいテクノロジーを基盤とします。

一人の人間も関与することなく効率的に運営されるすべての生産手段、サービスや資源も国有化することができます。

ロボットによって提供される全生産手段、サービスの国営化によって、これらの製品、サービス、生産手段が無料となるのであればお金というものの存在意義は失われます。

共産主義が失敗したのは、まさに労働者階級が存在したことで非効率性が生み出されたためです。経済的に利益を得るという動機付けがなかったため、人々は一生懸命働いたり創造的な解決法を考え出そうという気になりませんでした。生産を自動化することで、この問題はなくなります。なぜなら、コンピュータやロボットは100%効率性を追求するようにプログラムすることができるからです。さらに、コンピュータやロボットは、休憩することも、眠ることも、休日をもら う必要もないので、人間よりもさらに生産的で活動的になれます。

楽園主義における国有化には、個人宅以外のすべての土地家屋が含まれます。

楽園主義体制では、選ばれた政治家は人類に奉仕するためだけに働きます。彼らには経済的な利益や権力は一切ありません。

楽園主義は、まずすべての人があらゆるものを無料で手に入れることができる貨幣のない世界の利点を理解する人々によって民主的に受け入れられる必要があります。例えば、すでに世界中で車がロボットによって生産され、ほんの少数の人だけがそれに関わっています。その人たちでさえ、まもなく完全にロボットに取って代わられるでしょう。

同様のことが食料品にも当てはまります。農場で生産される野菜は、すでに存在しているテクノロジーを使ってロボットによって収穫されるようになるでしょう。しかも自動トラックが生産物を直接消費者に届けます。消費者はインターネットで生産物を注文します。

サービスもまったく同じ方法で提供されます。例えば、外科手術ロボットはすでに人間の外科医よりも正確に仕事を行っています。

人間ができるあらゆることは、ロボットのほうがより上手にできます。

従って、お金のためだけに働く代わりに、人間はロボットにすべての仕事を任せ、創造、研究、調査、芸術の追求、あるいは瞑想、自己啓発など、好きなことに自分の人生を費やすことができるのです。このような状況のもとで、世界は遂に楽園のレベルに到達することでしょう。そういうわけで、この体制を『楽園主義』と呼びます。

楽園主義体制はすでにエロヒムの惑星では導入されています。それは人類にとって唯一可能な次なる段階です。その過程を経て、世界的共有化(世界規模の国有化)が実現します。楽園主義体制における国有化は、自動的に単一の世界政府へと発展し、その下で世界のすべての資源が世界的に共有されることは全人類にとって全く公正なことです。

この惑星のいたるところで多くの人々が楽園主義の政党を立ち上げ、この考えを広めることを私は期待します。楽園主義はいずれにせよ、まもなく実現します。それでも、実現するのが早いに越したことはありません。というのも、そうしなければ、現在のあらゆる経済および財政体制が世界中で崩壊したとき、今よりひどい壊滅的な経済恐慌によってさらに人々が苦しむことになります。楽園主義が実現すればそれを回避することができます。
  RAEL 著  Paradism: Coming Soon  楽園主義   」


 旧体制の酷税に反発し革命としたソ連、フロンティア・スピリット_アメリカン・ドリーム_新大陸で自由とチャンスを謳うアメリカ、その双方のイデオロギーが衝突し双方が供与する武器による代理戦争の残り火は今も各地で報じられる。
 ソ連転じてロシアそしてアメリカ、その双方に新たな歩み寄りはあるのか ?
そして、それらの武器にての戦火は解消されるのか ?
世界から労働者階級をなくす施策とは ?
あらゆるものを無料にて手にするための政治家と資本、政治と科学の融合 は ?

 所見、現状のハードルなどありましたら、お教えください ?

A 回答 (6件)

私も楽園主義に賛成です。

実現したならこんなに嬉しい事はありません。

問題点、課題点は現在支配者側の立場の方々の「恐れ」ではないでしょうか。楽園主義はいわば力(権力)の放棄です。社長が平社員になるようなものです。政治家が金で汚れるのは力の保持のために我をわすれるからでしょう。私たちのように立場の弱い人間にはわからない苦悩があるのでしょうね。世界政府もお互いの民族有利主義が消せないのではと思います。我が国の領土を増やすとか言って戦争でもするのでは?それを無くすには全ての国が多民族国家になる必要があるでしょうね。

それからエネルギー問題はもう少しかかりそうですね。常温核融合などの技術や水素エネルギーなどに期待しましょう。
プログラムは誰がするとか、メンテナンスは誰がとか言っている方も見受けられますが、それは問題にはならないでしょう。
いやいや仕事をしている環境にしか居たことが無い方にはわからないかもしれませんが、寝る間も惜しんでプログラムを作るようなプログラマーや、デートも家族も放ったらかしてでも研究を忘れられないエンジニアが世の中には物凄く沢山いらっしゃいますから。

パラグアイの大統領や、詳しくはわかりませんがチェ・ゲバラのような自分よりも他人を守るような人が世界規模で統率できれば実現すると思います。

日本国内で鎖国して、エネルギー問題が解決できて、立派な統率者が現れたら明日にでも実現できるでしょう。テクノロジーは追いついていると思います。あとはもう800万人ほど生活保護が増えれば政府もお金では解決できなくなるでしょうから。
因みに日本経済も10年程度で終焉でしょうからそこが最大のチャンスですね。
南海トラフ地震や富士山や箱根がきたらもう少し早まると思います。
できればそうなる前に新しい時代になってほしいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 箱のすみを突っついても暗いだけ、箱に根でも生えていればいいのでしょうか。
根の出来は安定でもあるわけですが、御回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/26 14:44

 ハードル? 



 まず、その生産的で活動的なコンピュータやロボットを、全ての労働者にとって代われるだけの規模で、誰が作れるのかということ。もちろん予算も含めてね。

 それから、誰がプログラミングとメンテナンスをやるか、ですね。質問者様は大きな勘違いをしていると思うのですけれど、コンピュータやロボットって基本は空っぽなんです。人間が適切に命令を下してやって、メンテナンスをきちんとしてやってはじめて動くんですよ。
 労働者ゼロにしたら誰がそれをやるんですかね。

この回答への補足

 町内対抗運動会にしても、秋祭りにしても、今年から又は毎年開催することにしましたと決定されると、競技する人/応援する人/踊る人/観る人/屋台を出す人と、その当日に向け意見を出し合い協議してその準備するという事になるのではないでしょうか。
オートメーションを目指す生産ショップ(工場)も一緒ではないでしょうか ?
 若者で用意するならば、その計画性その将来は永年循環となって行くに違いない ?
100%に近いものを機械で造って、機械で運び、社会のサービスとすること、文部省と科学技術省で国家または世界の土台バックボーンとなる辺り、協議してその進展進行_創造開発を進め、毎年新技術導入の幅を抓めればよいのでは ?
 世界で集まり協議するなら、世界でその誤差・ブレ・遅れ・格差も解消されつつ進行するのでは?
世界スペック仮に世界同一基準で大量生産とし世界に一斉に流通することは、完全オートメーション生活を実現しつつ、労働者の負担も最小限に抑えつつ進行することができるのでは ?
 世界分業で負担の拡散減少化も実現するのでは ? 地域で有志を募るから~世界で有志を募るでは ?
労働の定年引退も世界基準化、年々低年齢化可能では ? 全地球を開発として省エネも目指すことが出来るのでは ?

補足日時:2013/09/17 13:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 エンディングは <真っ赤なスカーフ http://www.youtube.com/watch?v=JJePdNANUXo > ストーリーはメチャクチャ、宇宙船艦ヤマトでしたが、真田さんはアンドロイドだったような。突飛ですか?
長いはなしですが、ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/17 14:23

私が宇宙人エロヒムのメッセージを本屋でたまたま見つけたのは、高校生の頃で、そして、その本を読んだ時の衝撃は計り知れないものであった。

何故なら、私が小学校低学年の頃からずっと思い描いてきた宇宙人との遭遇が、彼等のメッセージとの遭遇として起きたからである。その中に印された数々のメッセージは私の額の奥にある遺伝子を目覚めさせたように感じた。

そして、その感動をいろんな人に伝えてきた。

彼らのメッセージを理解してくれる人の数は、科学者達が人間の遺伝子の研究、特に幹細胞治療やクローンなどについて研究するようになった頃から、日増しに増え続けているように思う。

弥勒菩薩ラエルが最近お話になられたもので、非常に重要なものに、楽園主義という新しい社会システムがある。それは、現在の資本主義社会システムが崩壊し、新しい時代に人類が移行する過渡期に、世界大恐慌が発生し、多くの人びとが失業し、経済的に苦しむ時期を乗り越えるために提案されたものであり、この楽園主義と呼ばれる社会システムは世界中の人々が豊かな暮らしをすることを可能にするものである。

この事について周囲の人に時折話をしたりするが、なかなか賛同してくれる人がいない。それは、今の社会のあり方から楽園主義の仕組みがあまりにもかけ離れて良すぎるからである。いわば究極の社会システムと読んでも過言ではない。

この楽園主義を実現する唯一の手段は、人間の知性と愛、そして、最先端の科学技術だ。

そこで、思いついたのは、既に今楽園主義が実現していたとしたらどうだろうか。楽園主義が実現している未来に自分がいるとして、それが現実に今起きているところをありありとイメージすれば、楽園主義がどれだけ素晴らしいのかがわかってもらえるのではと思ったのです。

この「近未来の地球」は未来に起きる事を想像して書いた架空の話ですが、弥勒菩薩ラエルが宇宙人エロヒムから託されたメッセージは現実の話になります。それを実現していくというのを念頭において読んでみてください。

ちなみに、弥勒菩薩ラエルのお話によると、エロヒムが地球に再来するのは2025年から2035年の間になると言われています。

この回答への補足

 アメリカなどでは難病アトピーが遺伝子治療で快癒したりするそうですが、はやく出会えることはその後の人生も定まりやすく成功一変することも見える。科学がもたらす恩恵をもたらす者とも成りえますよね...。

補足日時:2013/09/17 12:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ロボット工学や遺伝子工学、ナノテクノロジーのような新しいテクノロジー(ロボット、ナノボット、コンピュータ etc.)、共産主義国が率先して、国家スローガンとするならば、地球規模の創造的な発展の半分以上は解決と向かうのかも...?
 回答、ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/25 15:04

厨二病の妄想がハードルですな、まあ、戯言をほざいて失敗する輩がいる事は


歴史をみればあきらかですから。北朝鮮然り。

この回答への補足

 北朝鮮の母体となったのは、満州国とか韓国併合の時代の抗日運動と聞かされますが、その存在も日本ゆえの因子も多分にあり、武士の情け、北朝鮮は日本に遺恨はないみたいですが、大将軍を押しあたかも日本における江戸時代ともとれる北朝鮮に最新鋭の医療施設などを整備するような精神科、周辺諸国においても必要ではないでしょうか。

補足日時:2013/09/17 12:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんな感じですよね?極東の兵隊ごっこ?
http://www.youtube.com/watch?v=hUNiudrumzs ( 中国に歴史はなく、あるのは政治だけ )

ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/24 17:15

>現状のハードルなどありましたら、お教えください ?



子供たちの数学嫌い、理科系離れでしょう。

この回答への補足

 子供たちに、構造体強度計算ソフト、いきなりこれで行ったらよいのでは?

補足日時:2013/09/17 11:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/18 09:50

>所見、現状のハードルなどありましたら、お教えください ?



質問者さんが主張する「楽園国家」をハイテク無しでやろうとしたのが、北朝鮮です。

結果はご覧の通り。

この回答への補足

 一昔前には、貿易摩擦による日本車の破壊行動がアメリカにても盛んでしたが、今は中国でのそれが騒がれている様な ?
相手国の産業の行く末、その労働者その生活に至る配慮のないやり方では、いつも破壊されるのでは ?
「まずすべての人があらゆるものを無料で手に入れることができる貨幣のない世界の利点を理解する」、どうでしょうか? 解決がはやそうな ?

補足日時:2013/09/17 11:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/17 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ