質問

2まわり上の彼の愛人となり、3年がたちました。

去年ここで質問させていただき、我に返り、彼と終わりにしようと思ったのですが、
意志が弱く、まだ関係がつづいています。

あれから旅行も何度かして、大晦日から元日への年越しもいっしょにしました。
以前より、仲が深まってしまったようにも思います。

でもやはり、彼と終わりにしなきゃと思う気持ちは常に頭にあります。
でも、その反面、無理して別れる必要もないかとも思うようにもなりました。

愛人関係の終わりって、どのようにやってくるのでしょう?
このまま愛人として生きる道は選ぶべきではないのでしょうか?

彼の家族に対して罪悪感はないの?と言われれば、ないとは言えませんが、
彼が私とつき合うことを選んだのには何かわけがあり、
私とつき合って得る気持ちが、家族関係の潤滑油になっているのではないかと考えます。
ですので、そういうところは彼の責任、罪悪感を持つのは彼の方だと考えています。

愛人関係にある方、あった方、まわりにそういう方がいらっしゃる方、
愛人関係の終わりのエピソードや、愛人として長く生活されている方についてのことなど、
その他、批判でも構わないので、何でも何か思われることがありましたら、
ご意見をいただきたいです。

乱文で失礼しましたがよろしくお願いします。

通報する

回答 (8件)

愛人かあ(笑)

不倫より全然いいんじゃないですか。

堂々として。

あなた様にも若いいい人作って二股かけちゃいましょう(^^)v

みんなハッピー、ハッピー(^^)

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

以前、私には別に彼がいたこともあったのですが、
好きになれませんでした。

好きになれたら良かったんですけどね。

愛人というのは倫理的には良しとしないものですが、本人が良いと思っているのなら何も問題は無いと思います。

ただ文面からは、愛人であることの善し悪しを聞かれていることより、愛人を終えるための勇気の出し方を聞かれているように私には感じます。

客観的に見て、現状のままいた場合、相手との思い出は増え続いていき、婚期や幸せな出会いは減り続けていくと思います。

あなたにも結婚し幸せな家庭を持つことの権利はあると思います。

但し、その権利は日が経つ事に薄れていきます。


あなたが今以上の幸せを求めていないのなら、現状のままいかれれば良いと思いますが、もし納得した幸せを求めるのであれば、後先考えず勇気を出すことが大事だと思います。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

おっしゃる通り、終える勇気の出し方を知りたいのと、自ら終わりを選ばなかったら
どうなっていくのかを知りたい気持ちがあります。

私は、こんな関係になったからかもしれませんが、
結婚して子どもを育てる親になる自分が想像できません。

生きがいみたいなものはないですが、
今の生活のままで、彼と穏やかに過ごせたらと思っています。。

【愛人関係の終わり】と、いうタイトルですが何か寂しいことがあるのでしょうか。それとも現在のあなたの立場に不安があってのご質問でしょうか。

最初にお書きになっている「2まわり上の彼の愛人となり、3年がたちました。」と、あります。「彼の愛人」とありますので不倫関係ではなく「愛人」の関係、つまりあなたの生活の面倒を彼がみていらっしゃる。と、いう前提でアドバイスさせて頂きます。

まず、愛人の立場にある女性は、決して彼の家庭のことを詮索してはいけません。知るのは良いのですが、自分の生活と比較したり、羨ましく思ったり、又は優越感を感じたりしてはいけません。彼があなたのところに来てくれていることその事を大切にすべきです。そして、あなたは日常生活においてはあなたの生き方をする。と、いうことが大切です。

もちろん関係を断つ必要はありません。しかし、社会的立場は愛人では悪いので、その分彼に生活の保障をお願いするようにしましょう。彼に、あなたが一生食べていける収入が得られるようにしてくれるか、或いは一生生活できるお金をくれるかどちらかの方法で経済的な心配の無いようにしておくのが、愛人を囲う男の務めです。愛情だけでは愛人関係は成立しません。

●彼と終わりにしなきゃと思う気持ちは常に頭にあります。でも、その反面、無理して別れる必要もないかとも思うようにもなりました。

↑関係を終わりにしなければ、と思う気持ちは不道徳なことをしているというあなたの気持ちです。別れる必要もない、と思うのは、好きな人と離れたくないというあなた個人の気持ちです。この二律背反の気持ちを整理するには、人生に於いて白か黒か、或いは○か×かで判断しないことです。白と黒の中間でも良いではないか。○か×の中間の△でも良いでは無いか。と、いう考え方をすると、男と女の関係はスムースに行く確率が高くなります。

●愛人関係の終わりって、どのようにやってくるのでしょう?このまま愛人として生きる道は選ぶべきではないのでしょうか?

↑愛人関係の終わりは、男に経済力が無くなったときです。経済力のある男は、家庭の人間を黙らせる力もあります。そして、家庭の人間も適当にバランスを取りながら、家庭生活を継続します。

愛人として生きるかどうかはあなたの考え方次第です。現実に愛人生活を続けているなら、特に中止すべき具体的な出来事が無い限り、愛人生活を中止しなくても良いではありませんか。それとも愛人生活を中止しなければならない不都合なことがあるのでしょうか。愛人生活を続けながら経済的保障を確保されるべきだと思います。

●彼の家族に対して罪悪感はないの?と言われれば、ないとは言えませんが、彼が私とつき合うことを選んだのには何かわけがあり、私とつき合って得る気持ちが、家族関係の潤滑油になっているのではないかと考えます。

罪悪感なんて感じる必要はないのです。愛人生活の当初は罪悪感もあったでしょう。3年も続けていれば愛人の役目も分かって当然です。「彼が家庭生活の潤滑油になっているのでは無いかと考えます。」と、おっしゃっています。真にあなたは愛人として彼の仕事、家庭生活の潤滑油になっているのです。彼にとってはプラスなのです。だからその見返りに報酬を得るのです。そして、その関係を継続させているのは、2人の愛情です。

何も難しく考える必要はありません。彼もあなたもお互いが必要とをしているのだ。現実的にもそうなっているのだ、というように現実を認めましょう。そして、彼の愛とお金を受け容れましょう。

最後に、あなたと彼の関係が「愛人関係」ではなく「不倫の関係」なら別のアドバイスでした。あなたが愛人の関係、とお書きになっているので愛人の関係にある女性の立場、考え方について申し上げました。本当の意味での愛人関係でなかったならごめんなさい。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

どうしてもやめなきゃって思う気持ちがときどき強くなってしまうのですが、

「何も難しく考える必要はありません。彼もあなたもお互いが必要とをしているのだ。現実的 にもそうなっているのだ、というように現実を認めましょう。そして、彼の愛とお金を受け 容れましょう。」

という言葉に納得というのか、否定的な気持ちが晴れました。

彼にはよくしてもらってします。
でも、お金じゃなくて、違うことで私への気持ちをしめして欲しいと傲慢になってしまうことがよくあります。
決して彼にそんなわがままは言いませんが、そんなときは彼が自然と、私に安心する言葉をかけてくれます。
それの繰り返しです。。

ひとまず、自分の安定だけを考えてみます。

不倫経験のない既婚男性です。

他の方も書かれてた様に一緒に年を越せる状況は
ほぼ家庭が崩壊している可能性が高いです。

flowerart123さんは現在その彼と交際を続けていくかどうかで悩まれてると言うのが
一番の質問(悩み)ですね。

想像で書いてしまいますが、
仮に彼の家庭が崩壊しているとするならば色々な状況を想像します。
(1)彼は別れたくても奥様が別れたくない。
理由は様々、離婚後の生活不安、仮面夫婦で満足している、愛が憎しみに変わって彼を苦しめるため離婚しない。
片方が離婚の意志がなければ離婚は簡単には出来ません。
別居を5年程度してもなかなか難しいのが離婚です。
(2)勝手気ままな男性
彼の欲望の為だけの交際。
これは恋愛ではなく、単なる性の対象。


まずは彼の家庭事情をお聞きしたほうが良いかと。
色々悩んでも言葉にだしてもらわないと理解は出来ません。

本気であなたの事が大切なら本音をだしてもらうべきです。


それが出来ないなら将来はないと思い、完全に断ち切って行かないと
あなたの今後の可能性のある幸せを失います。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

年越しは彼の希望だったので、私の方が実家をでるのに苦労したくらいです。。
(過ごしたのは借りているマンションです)

彼の家庭は崩壊していないと思います。
彼は家庭のことを一切話しませんが、そう思うのです。
でも、もし私の父、または、私が結婚していて旦那さんが、大晦日に帰って来ず、元日に家に帰って来たら、
一体どこにいたんだろう?誰といたの?とか、家にいないなんて信じられない!っていう気持ちになって、
気分はよくないかなって思います。
そう思うと、彼と家族はドライなのかなって思います。興味ないのかなって。。


彼は(2)の方かなと思うのですが、その根拠はどこにもありません。
とても大切にしてもらっていると感じますし。。
どこでそれをはかればいいのでしょう?
アドバイスいただいたように、彼に聞くのがベストだとは思うのですが、、
聞きにくいです。

私が悲観的なだけで、何も問題がないのに、波風をたたせているだけのようにも思うのです。

まとまりがなくてすみません。。

ふたまわりも年上なら包容力もあって魅力的なんでしょうね。

年越しを愛人と過ごす なんて

家庭が壊れているか、奥さんの器が大きいのか…

貴方は自分で(愛人)て言ってますが

結婚したいとか思っているのでしょうか

それともこのまま愛人とやらでもいい、と思っているのか

過去に既婚者との付き合いは何度かありますが

ひとつ大きく違うのは

罪悪感について、それは彼の責任て、言いきっているところです

自分は棚上げですか 当事者ですよね

別に 彼に経済力があって面倒見てくれるなら

愛人でもいいんじゃないですか

貴方の人生に関わらない人が何を言っても 何も変わらないでしょう。

でも 彼が家庭人である限り

貴方が愛人でいられるのは

彼だけじゃなく、それに目をつぶってる奥さんあってです。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

年越しですが、
もし私の父がそのようなことをしたら大問題ですし、
家の大黒柱としての責任みたいなものはないのかとか、
私といっしょにいたいと思ってくれたのはうれしかったですが、
色んなことを考えてしまいました。

でも、年越しをした=家庭が崩壊している というのでは無さそうです。
彼はまったく家庭の話はしませんが、
きっと奥さまが器の大きいひとなのではないかと思います。

自分のことは棚にあげてしまっていますが、
恨まれたり責められたりする覚悟ができた上でのことです。
彼とは本当にいい時間を過ごしてきているので。。

色んな葛藤がありますが、
ご回答を読んで、もっと現実的に考えないといけないなと思いました。

私は7年間不倫関係を続けていましたが、先週突然彼が居なくなりました。
出会った当初は、結婚に興味も無かったので軽い気持ちで付き合い始めましたが、一緒に居る時間が増えれば増える程、気持ちも大きくなり
彼との結婚を考えるようになっていました。
彼も奥様に私の存在を明かし、家を出て一緒に暮らし始めました。
私は彼を信じ、離婚の話が進んでいるのだと勝手に思い込んでいたようです…
話し合いも前兆も無く、仕事から帰宅すると彼の荷物がすべて消えていました。
7年…結末は呆気ないものでした。
彼に生活の面倒をみてもらっていたわけでも無かったので暮らしていけないわけではないですが、陰の存在として7年彼と一緒になる事を待っていた自分が恥ずかしいです。

周りの不倫してる方と彼は別なんだと美化していたみたいです。
結局は家族の元へ戻り、自分だけ何も無かったかのように笑い楽しい生活を送っていると思うと哀しみより憎しみが押し寄せました。

今の距離がお互い心地良いと感じているのかもしれませんが、結局辛い想いをするのは
こっち側ですので、どうか私みたいな最後は味わってほしくないと願います。
頭の片隅に割り切っているし!と思っていましたが、やはり辛いです。
別れて一緒になり幸せに過ごせる方たちは一握りなのだと…

ただ、ただ、大惨事にだけはならずに良かったと思っています。

どうか傷付かない結末になっていただきたいです。
長文失礼致しました。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
同じような関係でいらしたとのことで、共感できることもあり
参考になりました。

こういう関係って、いつ終わるかわからないですよね。

うまく言葉が出てこなくて申し訳ないですが、
悲しくて辛い思いをしないように、自分の生活のことを
もっと真剣に考えようと思いました。

ドイツの諺を思い出します。
人はみな、自分ま靴のサイズで物事を計る・・

結局自分に甘く都合良く生きることは楽なんでしょうけど
そのツケは早かれ遅かれいつかは
必ず払わなければならない羽目になるんでしょうね

まっとにかく後悔は絶対先に立つことはありません・・よね

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通りです。
いつか罰があたると思っています。
でもそれでもいいくらい、彼との時間に夢中になってしまってしまいました。。

貴方がこの先も今の状態でもいいと思うなら、そして彼の奥さん側も、仮に貴方の存在に気が付いていても、何も言わずとりあえず黙認状態で波風が立たないようなら、別に構わないのでは?と思います。

ただ、愛人も大きく分けて二通りあるように思います。
一つは「お手当」を貰って、生活の面倒も見てもらっている愛人、もう一つは相手の男に頼らず、とりあえず最低の経済的だけは自立している愛人でしょう。

前者の場合、相手の男が病気や死亡した場合(年が離れた場合は特に)、突然自分の生活に困るようになるでしょう。
例えば、奥さんより長い関係であったとしても、又奥さんより長く一緒に生活していたとしても、そこは悲しいかな法律的に相続となれば何の権利もありません。
結局は、その男あっての自分・・・ってことになります。


でも、経済的に男に頼らず、自立した愛人であれば、何かあっても生きていくことはできます。
その基盤をその男に作ってもらっての自立でも全然OKでしょう。
又、男にお金で援助してもらっていないと、結構自由に生きられるでしょうね。
お金を貰えば、相手の言うことを聞かないといけない場合が多くなるでしょう。
男がお金を出す=相手の女を自分の思い通りにしたい欲望が段々出てくるでしょうし。

愛人は、考え方でとても気楽かと思いますよ。
妻のように籍があって都合がいいこともありますが、その逆もあるのです。
例えば、相手の男に何かあれば、奥さんとこに返せばいいじゃないですか?
付き添って看病する立場でもないですしね。
まあ、言い方悪いですが、男が元気なうち(経済的にも、健康面でも)いいところ取り出来る
立場でもあるでしょうね。

精神的にも経済的にも自立していれば、そして奥さんから色々言われなければ、愛人もそんなに悪いのではないと思いますよ。

しつこいようですが、特に経済的に自立していないと、愛人の行く末はみじめなものでしょう。

この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
読ませていただいて改めて、自立ができていないから、不安になるんだなって思いました。
でも確かに、彼と生活をともにしていないから、恋する気持ちでいれるというのもあると思うので、
いいところだけを楽しむのでもいいなって思えるときもあります。
経済的、精神的、両方の自立は難しいですが、どちらかの自立ができたら、安定しそうですよね。
まずはもっと強くなろうと思います。

このQ&Aは役に立ちましたか?2 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集