質問

4月からXPはウイルス対策上、危険すぎるのですぐに、Windows7~8に変更すべきという情報と、
一方、商業ベースに乗らずに、使い続けても去年までと、ほぼ同等の危険でしかないというネット通の
方がいますが、どのなのでしょうか。
よろしくお願いします。、

通報する

回答 (10件)

ごめんなさい。添付ミスしました。

この回答へのお礼

それはネット通ではありませんよ。

ネットの上でのセキュリティ上のリスクは、対象となるソフトウェアが少ない場合
小さなリスクとなることがあります。たとえばMacのほうが相対的に安全で
もっとシェアの小さいLinux系OSのほうが相対的に安全です。
ですから、Xubuntu12.04LTSなどの軽量版Linux系OSのほうが有利になる場合もあります。


ともかく、そこで、改めてXPのことを考えてみましょう。

XPを使い付けることができるという主張が広まれば
必然的にXPのシェアは低下していきません。
(StatCounterのWebアクセスにもとづくシェア推移から、XP,8,8.1を抜粋した1年を添付します)


Windows2000はサポート切れになる三ヶ月前に、1%を割っていました。

そういった事情があって、Windows2000特有のセキュリティホールを突いた攻撃は盛んでは無く
また、実際に使っている人が少ないために、問題がおきたことを報じる人は目立ちませんでした。

そもそも、馬鹿にされることがわかっているのに…
サポート切れOSで問題が起きても、報じない人のほうが多いでしょう。


それに対して、XPは2014年1月時点で、まだ10%ありました。
8.1のシェアは、新しいPCの参入を示しますが、それはXP稼働数より小さいわけです。

つまり、攻撃を行なう人にとっては、当時のWindows2000の場合の、10倍もの魅力があります。
(感染率は、累乗的に増えるので、10倍以上の効果があるのかもしれません)


そして、XPを使い続ける意思がある人であれば
そのリスクを小さくするためには、XPのシェアが下がれば下がるほど有利と考えます。


では、なぜ通ぶって、逆にXPのシェアを維持しようとする人がいるのか?

逆説的に、自分がXPを使い続けるつもりが無い人であると考えることができます。

パソコンに詳しい人のほとんどは、パソコンに投資する傾向が強いので
XPしか動かないようなパソコンを使い続けている人は少数派なのです。
実験用としてのXP環境を残しつつも
実際には、ほとんど使わないような人が、XP安全を謳っても、信ぴょう性はありません。
彼らは、いち早くXPに訪れた異常に気づき、対策を立ててくれるわけでも無いのです。


もしかしたら、XPのシェアを維持しつつ延長サポート終了を迎え
「大きな事件がおきるとおもしろい」と考えている人がいるのかもしれません。


「XPを使い続けてもいい」と主張している人のほとんどが
匿名で、なんら責任を負わず、何の保証,補償も提供しないことに注目して下さい。
責任を問われるMicrosoftは危険だと語り
責任を問われるセキュリティソフトベンダーは、XP固有の問題への免責を謳っています。

XPの状況が、今後も変わらないと主張する人は
「これまでは問題が無かった。だからこれからも無い。」と主張しているだけです。

そして、これまでは問題が無かったわけでもありません。

この回答へのお礼

深層心理まで考慮した問題なのですか。
替えたほうがいいようですね。
ありがとうございます。

XPのままだったら、ウイルスに感染する危険が増しますということです。

この回答へのお礼

ありがとうございます。

まあ、なんちゅうか
絶対大丈夫だ、使い続ける
ウイルス感染の危険増大するだろ、買い換えろよ
という2勢力のせいで、客観的な意見はほとんど見ませんよね

4月より前からすぐにwin7~8にというのは推奨されますが
去年までと同等の危険でしかないというのも、一部を除き事実です
両方共に極端な話をしてるんですよね、アホらしい

OSが出されると、色々と解析されてウイルスなどが作られていきます
その時にサポートがあるうちは、サポートが累積されるのを防ぐ形でパッチを用意します
穴が発見された所を塞いでいくんですね
2014年2月の時点では、そういう流れで解析されたウィルスは逐一つぶされる方向で動いてます
ところがサポートが止まるとウィルスを潰すパッチが出てこないので
影響のあるウィルスが累積されていくんですね
まず4月の時点で切り替えなきゃ駄目だと言ってる人が間違ってるのは
4月の時点では累積は少ないって事です、すぐに影響でるようなウイルスは出てきません
(強力なのが開発されれば別ですが、それは7でも8でも同じ事です)
その後1年、2年と経っていくと出回るウィルスも累積されて行くので
だんだんと危険になっていきます
まあ、一般なら、その頃までに買い換えるべきだとは思います

結論としては、騒ぎ回るほど危険ではないが
将来は買い換えようって事です

え、すぐに危険だって?
何を馬鹿な事を言ってるんですかw
ネットに繋いでるPCは「 い つ で も 危 険 」です
XPに限らず「7」でも「8」でも危険です、もちろん踏み台にもされます
あなたが「踏み台」にされたくないなら、PCをネットに繋がないというのが最良の方法です
8でもウィルスに感染するんですよ
感染できなければ、ウィルスなんて存在出来るわけないじゃないですかw

この回答へのお礼

パソコン初級者ですが、非常によく理解できる説明です。
ありがとうございます。

XPだけの問題ではありません。
インターネットからの不正なプログラム(ウィルス等)の侵入はPCを使っている人の危機意識に左右されます。
Windows XPは危険でWindows Vista/7/8は安全と言う判断は誤りです。

Microsoftが「Windows XPのサポートを止めるから後は自分の責任で全てに対処してください。」と言っているだけです。
Microsoftが「XPを使い続けてはいけない。」等と言ったことは無いでしょう。
また、再インストールの際にはライセンス認証もオンラインで行えるはずですから自己責任で使う人が残るでしょう。

PC本体の故障に対して修理用のパーツが供給される間は何らかの理由で残ると思います。
過去のサポート終了OSがどのような状況かを考えれば近い将来にインターネットへの接続が困難になると思いますので驚異の対象からも外れるでしょう。

この回答へのお礼

お返事をいただきまして、ありがとうございます。

昨日、ZDNet主宰のセキュリティセミナー2014があり、その中で、セキュリティ企業で有名なラックの方による講演がありました。
いろいろとセキュリティに関して、知らないこと、勉強になることが沢山ありましたが、ちょっとだけXP問題に触れられていました。

「いろいろいわれてますが、さっさとXPから移行しましょう!」ということでした。

たぶん、MSがXPのサポートをやめれば、これまで以上に攻撃者たちは、発見されていないXPやオフィス2003の脆弱姓を探そうとすると思います。
もし見つかれば、その攻撃は50%に近い確率で成功すると思えるからです。
ちなみに、50%というのは、マルウエアがアンチウイルスなどの防衛網を突破した統計情報からです。(この統計が正しいとは限りませんが・・・)

少なくとも、MSのサポートがあった昨年までと同等の危険性ってことはなく、危険性は当然アップするでしょう。


なお、XPで使う方は、とりあえず、MSの無償脆弱姓緩和ツールのEMETが「お勧め!」だそうです。
これは、スクリプトによるアプリケーションの不正実行を検知して停止させるソフトで、設定が以前より楽になったそうです。設定レベルはMaximunを選んでおくのが良いとか。

AutoCAD2002やVMWare Server 1.xの管理コンソールといった古いソフトとはバッテイングするらしいですけど、PCの負荷も増えないということでした。

この回答へのお礼

新しい情報の説明と直近の対策までをくわしくご説明して頂き、ありがとうございます。
よくわかりました。

いや、#1さんの感染方法って、既に1年以上前の話。今、一般の
PCに対しては、「普通にWebを見るだけで感染する」ってのが主流
になってきています。「水飲み場攻撃」で検索してみて下さい。

まあ、対企業PCについては、メールというのも結構重要な手段で
すけどね。一般PCについてだと、そんな面倒なことはしません。

じゃあ、一般PCに感染した後何をするか、というと、今のウイルスは
「金銭目的」ですから、金のない一般PCをどうこうする、ってことは
ほとんどありません。単純に「金や情報のありそうなPCに対する
攻撃の踏み台にする」ってだけの話で、感染しても「何も起きてない
ように」なるのが普通です。

・・・まあ、FX取引とか銀行アクセス、クレジットカード入力とかすると、
・・・口座からごっそりカネは抜かれてしまいますけどね。

ですので、「ウイルスに感染してどこかの攻撃の踏み台になってる」
ことを了解して使えば、問題なく使えちゃいます。

だいたい、「踏み台」になってるPCって日本全国に何十万台とあり
ますから、例えば北朝鮮から自衛隊への攻撃の踏み台になったと
しても、それを同定して裁判、なんてことはまずありませんから。

あとは、そうなってることを知らんぷりできる「厚顔さ」を、あなたが
お持ちかどうか・・・って話です。

この回答へのお礼

毎年、注意するレベルが上がっているのですね。
怖くなります。
ありがとうございました。

ちなみに、「怪しげなサイトを開かなければ問題ない」という人が居ますがそれはほぼイコールで「いかなるサイトも開かないならば問題ない」です。
出自の確かと思われてるサイトもセキュリティのザルなところはさくっと乗っ取られ得ますし、体面に関わるとでも思ってるのかそれとも乗っ取られたこと自体に気づけないのか、乗っ取られたことの公表も総じて後手に回りがちです。つまり大丈夫と思ってアクセスしたサイトからするっとウイルスを仕込まれるなんてことは普通にあり得る。

角川サイト改ざん、1週間公表せず
http://www.yomiuri.co.jp/net/security/goshinjyut …

その手の攻撃について警鐘を鳴らさない「ネット事情通」の意見など一顧するにも値しません。

この回答へのお礼

どこまでも、おそろしいジャンルなのですね。
ありがとうございます。

商業ベースの方には少なくともそれ相応の代価を得ている(=その分の責任がある)というバックがあります。
ネット通?その発言はどこの誰がどういう形で責任を持つんです?セキュリティ強化で直接的に損をするサイバー犯罪者やその予備軍だって含まれるかも知れないのに?

メーカーの陰謀と犯罪者の陰謀のどっちを支持するかと言われたらそりゃメーカーを支持しますね、私なら。

この回答へのお礼

バッサリとした切り口、そうなんですね。
ありがとうございます。

それは使う人のスキル次第ってとこですね。
危険が増すというのはウイルスに感染するということです。
しかし、使う人が「なぜ、どういう時にウイルスに感染するか」を知っていて、その危険を自ら避けられるなら、XPであろうとMeだろうとさほど危ないことはありません。
「XPが危険」というのは「どんなアホが使ってるかわからないPC」の話ですよ。

主なウイルス感染源は下記のとおり。
1)怪しげなサイト(アダルトサイトやゲームサイトなど)を閲覧する。
2)素性のわからないソフトをインストールする。
3)発信源が定かでない(怪しげな)メールを開く。また添付ファイルを開く。
です。
これをしなければ、99%以上、まったく安心だといっていいでしょう。
商業主義に乗せられることはありません。

この回答へのお礼

明快な説明を頂き、ありがとうございます。

このQ&Aは役に立ちましたか?1 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集